ドラマ「スーツ/SUITS シーズン2」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「スーツ/SUITS シーズン2」 のネタバレあらすじ結末まとめページです。各話ごとのあらすじネタバレをまとめていきます。

他のシーズンのドラマ「スーツ/SUITS」ネタバレあらすじ結末まとめ

「スーツ/SUITS シーズン1」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

「スーツ/SUITS シーズン3」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

「スーツ/SUITS シーズン4」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

「スーツ/SUITS シーズン5」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

「スーツ/SUITS シーズン6」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

「スーツ/SUITS シーズン7」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「スーツ/SUITS シーズン2」ネタバレあらすじリスト

1話 闘いの始まり

【2話予告】
第2話「強いられた決断」ダニエル・ハードマンが事務所に復帰したことで、事務所内のパワーバランスに変化が。トップを決めるパートナー投票の票集めのため、ハーヴィーは倒産部門のトップ、ポールを味方につけるようジェシカに命じられます。

2話 強いられた決断

【3話予告】
第3話「激しい攻防戦」 表面上はあたたかくダニエルを迎え入れたジェシカでしたが、本心では彼に仕事をさせたくありません。そこでダニエルの見つけてきた看護婦組合の訴訟をハーヴィーにふります。しぶしぶ引き受けたハーヴィーでしたが、ことごとく口を出すダニエルに仕事の邪魔をされます。

3話 激しい攻防戦

【4話予告】
第4話「宿敵の反撃」ハーヴィーが4年前に担当した訴訟の原告が、再審請求をしたとの情報が。原告側の代理人としてやってきたのは、あの無敗の弁護士、トラヴィス・タナーでした。彼は、証拠隠蔽を図った罪でハーヴィーを訴えます。

4話 宿敵の反撃

【5話予告】
第5話「問われる責任」 メモの存在を誰にも言えないドナ。そうこうするうちに、事務所にはハーヴィー側の代理人としてアリソンがやってきて、調査を始めます。マイクはドナの様子がおかしいことに気づきます。

5話 問われる責任

【6話予告】
第6話「オール・イン」 ハーヴィーとマイクは、クライアントのキースがカジノでとられた会社を取りもどすことに。解雇の危機にある上、ドナをうしなったハーヴィーは、どこか投げやりな様子。一方、バレエという共通の趣味をもつルイスとレイチェルは、コンビを組んで、憧れのバレエ団のために劇場との交渉に乗り出します。

6話 オール・イン

【7話予告】
第7話「対決か和解か」 ハーヴィーの証拠隠蔽訴訟にそなえ、事務所内で模擬裁判をすることに。タナー役にはルイス、判事にはダニエル。そして証言台にはジェシカ、ドナが。タナー役のルイスは、執拗に証人たちを問い詰めます。一方、マイクはひそかに和解できる方法を模索し始めます。

7話 対決か和解か

【8話予告】
第8話「5年前の真相」 事務所のトップを決める投票で、ジェシカを有利にするために、ハーヴィーはマイクにある仕事を頼みます。そして休暇を取り、ひとり列車に乗って出かけていきます。道中、ハーヴィーは5年前の事件のことを考えています。ダニエルが起こした横領事件の顛末を…。

8話 5年前の真相

【9話予告】
第9話「昇進への切符」 ハーヴィーに懇願され、ドナは事務所に復帰。そして、マイクはこれまでの功績を認められ、他のアソシエイツより多額のボーナスを得ることに。ルイスの票が欲しいダニエルは、パートナーへの昇進をエサにルイスに近づきます。

9話 昇進への切符

【10話予告】
第10話「真の首謀者」 事務所のトップを決める投票でダニエルが勝利します。ダニエルの嫌がらせでストレスを溜めるハーヴィーと、祖母の死から立ち直れず自暴自棄になるマイク。2人は一緒にマリファナを吸い、事務所に忍び込んで憂さ晴らしをしようと企みます。

10話 真の首謀者

【11話予告】
第11話「変えられない真実」 ハーヴィーの大事な顧客から、息子がひき逃げ事件を起こしたから助けてほしい、との連絡が入ります。事故の状況から判断し、自首をすすめるハーヴィーでしたが、その後被害者が病院で死亡。事件の交渉相手である若い検事はピアソン・ハードマンへの転職を希望しており、取引をもちかけてきます。

11話 変えられない事実

【12話予告】
第12話「去り行く者」ピアソン・ハードマン事務所の内部抗争が世間に知れ渡り、契約を切るクライアントが続出。優秀なパートナーやアソシエイトも数多くライバル事務所に引き抜かれていました。ルイスが情報をリークしているのではないかと、ハーヴィーは疑います。

12話 去り行く者

【13話予告】
第13話「ゼイン対ゼイン」 誕生日に父親とランチをするレイチェル(メーガン・マークル)。著名な弁護士である父親に対し、いつまでたっても弁護士になれないレイチェルは常に引け目を感じていました。ハーヴィーが抱える案件の交渉相手が父親であると知り、レイチェルはアシスタントを申し出ます。

13話 ゼイン対ゼイン

【14話予告】
第14話「パートナーの逆襲」 ダニエルは、もと不倫相手モニカが事務所を不当に解雇されたとして訴訟を起こしてきました。ダニエルが事務所を去るときに交わした秘密保持契約があるため、ダニエルの昔の悪事は証言できません。ハーヴィーたちはジレンマと戦いながら、訴訟に勝つための方策を探ります。

14話 パートナーの逆襲

【15話予告】
第15話「ノルマンディー作戦」 フォルサム食品の訴訟が7つの都市で一斉に始まります。しかしそれに対応するための人員も資金力も、今の事務所には用意できません。ハーヴィーとマイクは、鍵となるベイカーフィールドの訴訟に全ての力を集中させる作戦に出ます。

15話 ノルマンディー作戦

【16話予告】
第16話「壊れゆく絆」 スコッティの事務所との合併に反対のハーヴィーは、先方の顧客の不正を訴える手段に出ます。その結果、訴訟に勝てば合併は白紙に、負ければ無条件で合併に従うことを、ジェシカに約束させれられます。訴訟が泥沼化するなか、マイクはハーヴィーに有利な情報を手にするのですが…。

16話 壊れゆく絆

ドラマ「スーツ/SUITS シーズン2」のあらすじ、概要

ニューヨークの大手法律事務所、ピアソン・ハードマンを舞台に、敏腕弁護士ハーヴィー(ガブリエル・マクト)と、天才的記憶力をもつマイク(パトリック・J・アダムス)の2人が様々な訴訟に挑む全米で大人気のドラマシリーズ。
2011年のスタート時には、初回視聴者数460万人を記録しました。

ハーヴィーは「ニューヨーク1のクローザー」と言われるほど優秀な弁護士ですが、大変な自信家で、人を見下したような態度をとることもしばしば。
シーズン1では、そんな彼が、ひょんなことからマイクをアソシエイトとして雇い入れ、少しずつ周囲の人間に対する優しさをかい間見せながら、マイクといいコンビになっていく様子が描かれていました。

一方のマイクは、天才的な頭脳に恵まれながら、不遇な生い立ちでロースクールにも行けなかった苦労人。
ハーヴィーに才能を見出されたことで、持ち前の記憶力と頭の回転の良さをフルに生かして、ハーヴィを執拗にライバル視するルイス(リック・ホフマン)の嫌がらせにもめげず、新米弁護士として成長していきます。

しかし、シーズン1のラストでは、彼が弁護士資格を持っていないことが、事務所長ジェシカ(ジーナ・トーレス)にバレてしまいました。

マイクは解雇されてしまうのか?
幼なじみのトレヴァー(トム・リピンスキー)やジェニー(ヴァネッサ・レイ)との関係は、どう変化していくのか?
レイチェル(メーガン・マークル)との関係は?

など、マイクを取り巻くサイドストーリーも、シーズン2の見どころです。

さらに、シーズン2の新キャラクターとして、事務所の共同経営者、ダニエル・ハードマン(デヴィッド・コスタビル)が登場。彼は、ある事件をきっかけに休職していました。
穏やかな笑顔の裏で何か企んでいる様子のダニエル。ジェシカとハーヴィーはダニエルを事務所から追い出すために手を結び、さらにマイクを巻き込んで、事務所内に熾烈な派閥争いの嵐が吹き荒れます。

ドラマ「スーツ/SUITS シーズン2」の主なキャスト、登場人物

ハーヴィー・スペクター…ガブリエル・マクト
マイク・ロス…パトリック・J・アダムス
ジェシカ・ピアソン…ジーナ・トーレス
ダニエル・ハードマン…デヴィッド・コスタビル
レイチェル・ゼイン…メーガン・マークル
ルイス・リット…リック・ホフマン
ドナ・ポールセン…サラ・ラファティ
トレヴァー・エヴァンス…トム・リピンスキー
ジェニー・グリフィス…ヴァネッサ・レイ