ドラマ「24 シーズン3」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「24/TWENTY FOUR シーズン3」のネタバレあらすじのまとめページです。各話のネタバレあらすじを掲載していきます。

他のシーズンのドラマ「24」ネタバレあらすじ結末まとめ

「24 シーズン1」ネタバレあらすじ結末まとめ

「24 シーズン2」ネタバレあらすじ結末まとめ

「24 シーズン4」ネタバレあらすじ結末まとめ

「24 シーズン5」ネタバレあらすじ結末まとめ

「24 シーズン6」ネタバレあらすじ結末まとめ

「24 シーズン7」ネタバレあらすじ結末まとめ

「24 シーズン8」ネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「24/TWENTY FOUR シーズン3」ネタバレあらすじ一覧

1話 1:00 P.M-2:00 P.M

【2話予告】
次回は、死体の身元が末端の麻薬の売人だという事が判明ます。 ジャックとチェイスは彼の生前の住所だった場所に向かい、一人の売人を捕まえて情報を聞き出そうとします。 キムとチェイスが真剣に付き合っていると知ったジャックは、自分の経験からキムとチェイスの交際には反対するものの、 チェイスを危険な目に合わせないため単独で行動を開始します。 ロサンゼルスにバイオテロを目論むサラザールの弟ヘクターは部下に電話し、指示を出します。部下は電話を切り部屋を出た先、そこは…。

2話 2:00 P.M-3:00 P.M

【3話予告】
次回は、 ウイルスの危険性がより明確になり、もしロサンゼルスに撒かれたら人口の20%が感染し、24時間で死亡するという情報が入ります。 カイルの自宅を突き止め、向かったジャック。 カイルの自宅では、運び屋のバイトが両親にばれてしまい、コカインの取り合いになり袋が破れてしまいます。 そこに到着したジャック。カイルの母親は息子を庇おうとしてコカインをトイレに流してしまいます。 CTUはウイルスの調査をするも…。

3話 3:00 P.M-4:00 P.M

【4話予告】
次回は、 トニー達がコカインの密売の容疑で逮捕しに来たと勘違いしたカイルは、 トニーが銃で撃たれた混乱に乗じて逃走してしまい、またもカイル保護は失敗に終わります。 カイルの体内のウィルスの発症まであと3時間ほどしかありません。 CTUにヘクター側からサラザールの引渡しについての要求の電話が入り、 カイルの発症までに保護できないと判断したジャックは、 パーマー大統領に直接電話し、サラザール釈放についてのある提案をします。 その提案とは…?

4話 4:00 P.M-5:00 P.M

【5話予告】
次回は、 大統領選の討論会が始まり、アンの情報を買収しなかったパーマー大統領は、 予想通りキーラー議員からアンの過去について攻められ苦戦します。 サラザールが脱獄した刑務所では、他の囚人達の暴動が起こり、 その混乱に乗じてジャックとサラザールは逃亡します。 チェイス達捜索チームも必死にジャックを追いかけますが…。 そしてキム(エリシャ・カスバート)はジャックがヘロイン中毒であるということ、 サラザールを脱獄させた事を知ってショックを受けます。

5話 5:00 P.M-6:00 P.M

【6話予告】
次回は、 CTUがカイルを確保したことを知らないジャックはサラザールとヘリで引渡し場所へ向かっています。 CTUの本部からシャペル(ポール・シュルツ)がやってきてロサンゼルス支局の指揮官になります。 シャペルはジャックとサラザールの乗ったヘリを撃墜するよう指示を出します。 討論会の真っ只中のパーマー大統領は、その知らせを聞き、討論会を中断します。 その結果、パーマー大統領の支持率は一気に急落することになってしまいます。

6話 6:00 P.M-7:00 P.M

【7話予告】
次回は、サラザールの一味とヘクターのいる北メキシコへ連行されるジャック。 ヘリの中でサラザールは我慢が出来ず何度もジャックを殺そうとします。 チェイスはシャペルからCTUに戻れと命令されますが、無視。 ジャックを追う為に独自で情報を掴み、一人で北メキシコへ乗り込もうとします。 トニーは病院で麻酔から目覚め、駆けつけたミッシェル(レイコ・エイルスワース)と再会します。 しかしガエルの件を聞き、すぐにCTUに戻らなければと言い出します…。

7話 7:00 P.M-8:00 P.M

【8話予告】
次回は、 トニーはパーマー大統領に電話し、ジャックがサラザール一味に再度潜入した真相を語るビデオを見せます。 作戦の続行を求めるトニーですが、自分まで騙し、勝手に作戦を始めた事に怒りを露にするパーマー大統領。 作戦続行を許可しますが、それぞれの処分は作戦終了後に検討する、と言い放ちます。 サラザールはジャックのことをどうしても信用できない様子。 ジャックを仲介人として利用し、大金が手に入ったら殺せばいいと説得するヘクター。 そんな中、ジャック救出の為一人北メキシコへ向かっていたチェイスが到着しますが…。

8話 8:00 P.M-9:00 P.M

【9話予告】
次回は、情報を聞き出そうとサラザール一味に拷問されるチェイス。 ジャックはウラウディアにチェイスをこっそり逃がすように頼みます。 ジャックは、サラザールと共に、売人との取引の現場へ向かいます。 しかし売人は別に買い手がいると言って、コロディラウィルスを競売にかけるといいます。 その別の買い手とは、国外追放になっていたはずのニーナでした。ウィルスはニーナが入札してしまいます。 取引の失敗でジャックの命は危険にさらされます。

9話 9:00 P.M-10:00 P.M

【10話予告】
次回は、 CTUのガエル(ジェス・ボレッゴ)にヘクターから電話が。 ウィルスの取引が失敗した事、ウィルスを手に入れたのはニーナだという事を知るCTUメンバー。 ヘクターとの電話は逆探知に成功し、ジャックの現在地を知ることができます。 現在地付近にチームを派遣すると同時に、アマドールの通話記録からニーナの居場所を探します。 パーマー大統領は後援者だったミリケンからの要求を突っぱねたことで、妨害工作を受けることに。 その対策としてパーマー大統領が用意した人物とは…。

10話 10:00 P.M-11:00 P.M

【11話予告】
次回は、 ジャックに協力しているのがニーナということをキム(エリシャ・カスバート)に言えずにいたトニーですが、 会議の場でキムの知るところとなります。 自分の母を殺し、大統領の恩赦を受けていたニーナの存在にキムは動揺します。 パーマー大統領の下には元妻シェリーが到着します。 後援者ミリケンの妨害工作に対抗して欲しいとシェリーに頼みます。 一方、ニーナにアマドールから取引の時間と場所を伝える電話が入りますが、 クラウディアの死と、チェイスの逃亡を知ったヘクターは取引を中止しようとサラザールに言い出します。

11話 11:00 P.M-12:00 P.M

【12話予告】
次回は、 弟ヘクターを殺したサラザールは取引き現場に向かいます。 ニーナはジャックの隙をついてサラザールにジャックは裏切っていると何度も忠告します。 ジャックを怪しむサラザールですが、取引きを決行します。 ミリケンの重大な弱みを握るシェリー。 その弱みとは、ミリケンが交通事故で人を死なせ、それをもみ消したという過去でした。 ミリケンを裁判で追い詰める為、証人となる人物とトレーラーで会う約束をしますが…。

12話 12:00 P.M-1:00 A.M

【13話予告】
次回は、 ケリーの自宅を後にしたシェリーは、その足でミリケンの自宅へ向かい、 ミリケンの妻を説得し、ミリケンの携帯を盗み見ます。 ミリケンが現れ言い合いになるシェリー。 一方、逃亡していたニーナを捕獲したジャックとチェイス。 ニーナはジャックに殺されないように、アマドールの情報を少しずつしか話しません。 ニーナが語ったアマドールが落ち合う人物であるマーカスアルバースという男 の連絡先にアクセスをするジャックですが…。

13話 1:00 A.M-2:00 A.M

【14話予告】
次回は、 CTUにニーナを連行して到着したジャックは、ニーナの尋問を自ら行おうとしますが、 部屋で見つかったコカインの件で検査や尋問に追われることに。 一向に開放されないジャックは苛立ちを隠せない様子。 ジャックが立ち会えない為、ニーナの尋問はトニーが行うことになりますが、なかなか口を割らないニーナ。 あろうことか、尋問中ニーナは自殺しようとし、尋問室は騒然とします! 一方、ミリケンの死を知ったパーマー大統領は、 ミリケン宅へ行くと言っていたシェリーの関与を疑いますが、 ミリケン宅へ行くのは辞めたんだと話すシェリー。

14話 2:00 A.M-3:00 A.M

【15話予告】
次回は、 ニーナ殺害は正当防衛だと主張するジャック。 シャペルはジャックが妻を殺された恨みでニーナを殺害したのではないかとジャックを取り調べます。 ミリケンの自宅には刑事が到着し、ミリケンの妻は取り調べを受けます。 自宅から出て行く車が家政婦に見られており、妻を明らかに疑っている刑事。 ウィルスの新たな情報が入り、ターゲットにされた現場へはリーダーとしてミッシェル(レイコ・エイルスワース)が向かうことに。 トニーはミッシェルの身を案じ行かせたがりませんが、ミッシェルはガエル(ジェス・ボレッゴ)と現場へ向かいます。

15話 3:00 A.M-4:00 A.M

【16話予告】
次回は、 ウイルス散布から1時間もしない内にガエルが鼻血を出して発症。 アルバースからの情報で、ウイルスには促進物が化合され、発症時間が早まっていることが分かります。 さらにホテル内では、警報ベルが作動してしまい、宿泊客が起き出してしまいます。 一方、ジャックとチェイスは黒幕を探すため、尋問していたアマドールに発信機を仕込み、わざと逃して尾行をします。 ジャック達の読み通り黒幕と落ち合い、国外へ逃亡しようとするアマドールですが…。

16話 4:00 A.M-5:00 A.M

【17話予告】
次回は、チャンドラプラザホテルに衛星局員達とSWATが到着します。ホテル内のパニックをなんとか収拾しようとするミッシェル。アルバースから黒幕の特徴を聞き出し、CTUで照合した結果、黒幕がサンダース(ポール・ブラックソーン)という男であることが判明します。アルバースは以前、ジャックとある任務で共に戦ったことがあり、アメリカに恨みを持っている男でした。ジャックとチェイスはサンダースの記録を調べる為、MI-6のビルへ向かいます。

17話 5:00 A.M-6:00 A.M

【18話予告】
次回は、 サンダースからパーマー大統領への次なる要求は、CTU本部長のライアン・シャペルの殺害でした。 大統領は苦しい決断を迫られますが、大勢の国民の命が危険に晒されている為、 やむなくジャックにシャペル殺害を指示します。 CTUではサンダースの居所の手がかりが入り、チェイスが突入チームと向かいます。 ジャックはシャペルと操車場に向かいます。 7時までにサンダースを捕らえなければシャペルを殺害しなければいけません…。

18話 6:00 A.M-7:00 A.M

【19話予告】
次回は、 ホテルから唯一抜け出した男、ウィルは、事の重大さをまだ知らず、発症した状態で外出し薬局、そのまま病院へと向かいます。 着いた病院で自分のニュースが流れているのを見ます。 一方、CTUではサンダースを捕らえる為、彼の娘を連行する作戦を立てます。 サンダースは娘に見張りを付けているはず、と考えたジャック。 捜査官の中で娘と一番似ているキム(エリシャ・カスバート)を囮にしてサンダースの娘を連れ出そうとします。

19話 7:00 A.M-8:00 A.M

【20話予告】
次回は、 ジェーンからサンダースの電話番号を聞き出したジャック。 ジェーンに電話をかけさせますが、サンダースはジェーンがジャックにより捕らえられたと察します。 この電話の逆探知に成功し、サンダースのアジトにチェイスと向かいます。 一方、チャンドラプラザホテルのミッシェル(レイコ・エイルスワース)は衛生局から自分の検査結果が届きます。 結果は陰性。ミッシェルは感染していなかったのです。 衛生局へ移動し18時間の経過観察があるというのですが…。

20話 8:00 A.M-9:00 A.M

【21話予告】
次回は、 ミッシェルを人質に取られ、サンダースの言いなりになってしまうトニー。 CTUに戻ってきたジャックは、トニーの異変に違和感を感じます。 一方、パーマー大統領は討論会中断した事により支持率が一時的に急落したものの、 ロスのテロ警戒レベル引き上げが国民の知るところとなり、支持率が復活します。 そして一転して不利になったキーラー議員のもとにシェリーが訪れます。キーラー議員に重要な提案があると言いますが…。

21話 9:00 A.M-10:00 A.M

【22話予告】
次回は、 CTUからジェーンを連れ出して逃亡するトニー。 サンダースから指定された場所へ向かいますが、ジャックに追いつかれ捕らえられます。 ジャクはジェーンとミッシェルの人質交換をこのままトニーに実行させ、交換場所に来たサンダースを拘束する計画を立てます。 その頃サンダースの人質となっているミッシェルは、見張りの隙を付いて逃げ出すことに成功。 CTUに電話しますが電波が悪く、電話を取ったクロエはミッシェルからだと気付かず電話を切ってしまいます。

22話 10:00 A.M-11:00 A.M

【23話予告】
次回は、 拘束されたサンダースですが、ウイルスの在り処をなかなか吐きません。 サンダースによれば、正午にウイルスはアメリカ各地に撒かれるとの事。 時間も迫り、何としてもウイルス確保をしなければならないジャックはある奥の手を使います。 それはジェーンを使った作戦でした。 シェリーの自宅からミリケン殺害の証拠の薬瓶を持ち出す為、パーマー大統領はシェリーを呼び出します。 シェリーからの要求は、“パーマー大統領との復縁”でした。

23話 11:00 A.M-12:00 A.M

【24話予告】
ガエル(ジェス・ボレッゴ)の妻が、ガエルの遺品を引き取りにCTUを訪れ、夫の仇であるサンダースの写真を偶然見てしまいます。 サンダースがCTUへ移送され、ガエルの妻はサンダースを撃ちます。 レイベンズの顔は特定できないまま、サンダースは死亡してしまいます。 そして、地下鉄では、レイベンズはウイルスを持って地下鉄から逃走し、ジャックとチェイスが追います。 パーマー大統領は、帰ってきたウェインからシェリーがミリケンの妻に殺され、 ミリケンの妻も自殺した事をうけ、ある決断をするのでした。

24話 12:00 A.M-1:00 P.M

ドラマ「24/TWENTY FOUR シーズン3」の概要

海外ドラマ『24-TWENTY FOUR-』はアメリカのFOXで放送されたアクション・サスペンスドラマです。
本土アメリカだけでなく日本でも大ヒットし、海外ドラマブームを引き起こしたドラマで、主人公ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)の名前を知らない人はいない、というくらい有名になりました。
物語はリアルタイム進行型で、1シーズン24時間です。
アメリカを大きく揺るがすテロを、ジャック率いるCTUの精鋭達が立ち向かう1日をスリリングに描きます。
これまでの『24』では、シーズン1では大統領候補暗殺計画、シーズン2では大都市ロサンゼルスの核爆弾テロと続きました。
シーズン3ではシーズン2の終結から3年後が描かれています。標的はロサンゼルスとなり、今回はバイオテロとの戦いが繰り広げられます。 シーズン2の終結後、潜入捜査をしていたジャックは、潜入期間中にヘロイン摂取を余儀なくされ、誰にも言わず後遺症と戦っています。
この潜入捜査がシーズン3の始まりに大きく関係しているようです。
また、シーズン3では、ジャックの娘キム(エリシャ・カスバート)がCTUの新たなメンバーとして物語に参加しています。これまで言うことを聞かないワガママ娘の印象が強いキムですが、シーズン3では少し大人になったキムが見れるかも知れませんね。
また、『24』の登場人物の中でも非常に人気が高い、CTUの上級情報分析官クロエ(メアリー・リン・ライスカブ)が初登場し、クロエとジャックの出会いのシーズンになります。
テロも登場人物もますますスケールアップしたシーズン3となっています。

ドラマ「24/TWENTY FOUR シーズン3」の主要な登場人物、キャスト

ジャック・バウアー…(キーファー・サザーランド)
キンバリー・バウアー…(エリシャ・カスバート)
クロエ・オブライエン…(メアリー・リン・ライスカブ)
トニー・アルメイダ…(カルロス・バーナード)
ミシェル・デスラー…(レイコ・エイルスワース)
デイビット・パーマー…(デニス・ヘイスパード)
シェリー・パーマー…(ペニー・ジョンソン・ジェラルド)
ウェイン・パーマー…(D・B・ウッドサイド)
ニーナ・マイヤーズ…(サラ・クラーク)
チェイス・エドモンズ…(ジェームズ・バッジ・デール)
ライアン・シャペル…(ポール・シュルツ)
ラモン・サラザール…(ヨアキム・デ・アルメイダ)
ヘクター・サラザール…(ビンセント・ラレスカ)
スティーブン・サンダース…(ポール・ブラックソーン)
クラウディア…(バネッサ・フェルリト)
カイル・シンガー…(ラスリー・スミス)