ドラマ「アンダーザドーム シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「アンダーザドーム シーズン1」 のネタバレあらすじ結末まとめページです。各話ごとのあらすじネタバレをまとめていきます。

他シーズンのドラマ「アンダーザドーム」ネタバレあらすじ

ドラマ「アンダーザドーム シーズン2」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「アンダーザドーム シーズン3」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「アンダーザドーム シーズン1」ネタバレあらすじリスト

1話 閉ざされた町

【2話予告】
混乱さらに混乱にまみれたドーム内の街。そしてその混乱を鎮めるために不可欠であった署長が倒れ、途方に暮れてしまうリンダのこれから。署長なしで彼女だけで一体どうやってこの街を立て直していけばよいのか。そしてあの時出会った不審者である謎の男は何者なのか。なぜドームがいきなり発生したのか。どのようにすれば外部との出入りが可能になるのか問題だらけのこの街で果たして住人たちと共に彼らは生き残ることができるのか今後の展開が目を離せません。

2話 放たれた火種

【3話予告】
火を止めたジムが住人たちの希望を失わないようにと演説している中、警官の一人であるポール(ケビン・サイズモア)が精神を取り乱しドームに向けて銃を乱射してしまいます。その跳ね返った銃弾でリンダの同僚を不慮の事故で殺してしまいます。せっかく住人たちの希望をひとつにまとめ上げた所に降りかかる絶望とただならぬ不穏な空気の中、住人たちはどのようにしてこれから生き残るのか続きが気になります。バービーが一人の男性を撃ち殺したこと。ジムが住民のリーダーとなった印象がとても強く残ります。

3話 逃亡者

【4話予告】
工場跡地の地下通路からどうやっても脱出できないことを知り絶望とこの見えないドームの壁に阻まれている街。果たして住人たちはどのようにこの壁に向き合い以前の平和な生活を取り戻すことができるのか。またアクシデントや事件によってゆっくりと人数が減っている街の警官たちはどのようにこの街の平和を取り戻すことができるのか。そしてバービーがこの街にいる本当の理由とは一体何なのか。まだまだ沢山の見どころが満載で目が離せません。

4話 感染

【5話予告】
感染した患者で溢れ返る病院の混乱を落ち着かせたとしてリンダから警察バッジを受け取ったジュニアのこれからの行動が気になります。住民たちを良い方向へ導くのか。また彼は監禁しているアンジーをどう扱うのか。住人たちをコントロールする音ができるのか。また薬を運び終え、病院の混乱を何とか鎮めることができたジムが自宅に帰り酒を飲んでいると、シンクから誰かの声が聞こえてきたので地下を確認すると溢れんばかりの水と寒さで凍えていたアンジーを発見したジムの未来はどうなるのか楽しみです。

5話 懺悔の果て

【6話予告】
住民たちが祈る中、軍による街へのドーム破壊を試みたミサイル発射が実行されましたがドームはビクともせずドーム外側だけが焼け野原となり、住民たちは喜びと共にミサイルでも突破できないドームの壁に深い絶望を味わいます。同じくドームの壁際で言い争っていたジムとレスターですが、レスターがジムへ懺悔を強要したとき、レスターをドームに押し付け装着していた補聴器の爆破により殺害してしまいます。これにより過去の悪事の懺悔を避けられたジムですが今後どのように立ち回っていくのか心配になります。

6話 暴動

【7話予告】
バービーによって保護されたローズとアンジーはリンダにより病院へと搬送しようとしましたが、暴徒によりパトカーがパンクさせられしまい身動きが取れなくなってしまいます。バービーは襲撃犯の名前をうろ覚えながらリンダへ伝えます。その場で何とか暴動を止めようと拳銃を構えたリンダでしたが、空からは雨が降り始め住民たちに雨水を貯めるよう指示を出したリンダ。暴動が起き続けている現状をどのように打開するのか緊張の物語はまだ続きます。

7話 新たな命と死

【8話予告】
ハリエットの出産を手伝っていたアリスは突然体調を崩し倒れそうになりながらもバービーに指示を出しなんとか赤ちゃんを無事に出産させることが出来ました。生まれた女の子はアリスと名付けられます。苦しそうにベットで横たわっているとジョーとノリーが駆けつけたことによる安心からか一声かけてからなくなってしまいます。そのショックで家を飛び出すノリーはドームに触れながら何でもするから母親を返してほしいと叫びます。果たしてこの願いは叶うのでしょうか?そして2人が見つけた物体は何なのか、謎は深まるばかりです。

8話 水と権力

【9話予告】
残された場所で母親が亡くなった真相をジムに尋ねるジュニア。ジムは涙を流しながら母親がジュニアを置いて出て行ったことを知らせたくなかったために真実を隠していたことを告げます。が、その場面に苛立ちを覚えたオリーはジムに銃を向けますが、咄嗟にジュニアが迷いも無くオリーを撃ち抜いてしまいます。こうして波乱から帰還したジムはオフィスで酒を飲んでいるとバービーが来て、このいざこざで計5人も亡くなったと怒りをぶつけます。バービー自身の作戦で行けば犠牲者を出さずに井戸を取り戻すことが出来たと言うと「私を敵に回せば後悔するぞ」とジムも強気に反論しますが、バービーは「その言葉そっくり返す」とさらに反論しその場を去ります。街の権力争いのせいで人々が亡くなっているこの現実をどう受け止めるのか、住民の未来が気になります。

9話 第4の手

【10話予告】
納屋にて動いた小型ドームを発見したジョーとノリーが驚いているとそこにアンジーも来ます。アンジーはジョーが夜中家を抜け出したのを見たため小型ドームを運んできたのではないかと告げますが、ジョーは記憶がなく戸惑います。アンジーが小型ドームに手を触れてみると青く発光したのをみて、ジョーとノリーも続けて触れてみると同じように青く光ります。すると空いているもう一か所に手形が現れたためアンジーはもう1人、ドームの鍵を持つ人がいるのではないかと言います。果たして鍵をもつ人物が次回に現れるのでしょうか。

10話 告白

【11話予告】
ドームの最後の鍵であるジュニア(アレクサンダー・コック)を連れて納屋へ来たジョー(コリン・フォード)、アンジー(ブリット・ロバートソン)、ノリー(マッケンジー・リンツ)。全員が小型ドームに手を触れてみるとドーム内の卵がピンクに光り始め納屋内にピンク色の星が一面に広がり、驚きを隠せません。無事に鍵を手にしドームを開くことに成功した4人ですが、ピンク色の星が意味するものとは一体何なのか、まだまだドームの謎を追い続けます。

11話 王の座

【12話予告】
4人はドームの壁に触れて鍵を開いてみると、ドームの外側からジムが歩いてくるのが映ります。笑顔で歩いてくるジムですが、突然心臓あたりから血を流し始め全身から血が溢れ出ます。4人が動揺しているといつの間にか右手に血の付いたナイフが握られていて、驚いたジュニアが手を放すとナイフとジムの幻影が消えます。心配したジュニアがジムの元へ走り出しますが、残った3人は自分たちがジムをナイフで殺害することでドームが消えるのではないかと推測し今後の波乱の展開を予感させます。

12話 緊急事態

【13話予告】
アンジーにより救急車で逃げたジュリアでしたがなんとか意識を回復し、自分を撃ったのはバービーではないと告げます。その頃、警察署前には多くの住民たちが集まる中ジムはバービーを連れ出しバービーの罪を宣言し、バービーを住民の前で非難しますがバービーは自分は無罪であると大きく反論します。果たしてバービーの運命はどうなるのか、また住民たちは誰を信じていいのか疑心暗鬼の中、ドームを消し去ることが出来るのかも今後の注目ポイントになります。

13話 裁きの日

【14話予告】
バービーの命と引き換えに卵を渡すか葛藤したジュリアでしたが、卵を持って湖の中へとボートで向かいます。ジュリアが湖の途中に卵を投げ捨てると卵を捨てた一面の水がピンクに光り始め、その光が空まで届きます。そしてドーム内全体を照らすと白く光り輝きます。絞首台でジムがドームの白い光は神の祝福であると言いジュニアにバービーの処刑を命令しますが、ジュニアがためらうところで終わります。シーズン1ということでまだ未解決の謎や散りばめられたストーリー、そしてドームの行く末は未完結となっていますがとても楽しめたドラマだと思います。シーズン2も期待したいと思います。

ドラマ「アンダーザドーム シーズン1」とは、あらすじ、概要

まず始めに、このドラマはスティーヴン・エドウィン・キング(Stephen Edwin King)という小説家の本を元に映像化されています。スティーヴン・エドウィン・キングの主な著書は「キャリー」(1974年)「シャイニング」(1977年) 「ザ・スタンド」(1978年) 「スタンド・バイ・ミー」とあり、ホラー小説の第一人者と言われているほど有名で、日本人でも聞いたことのある映像化された著書で言えば、「ショーシャンクの空に」や「グリーンマイル」など感動する映画でもお馴染みの有名小説家です。
さて「アンダー・ザ・ドーム」はタイトルの名前の通り、ドームの下(ドーム内)での物語がメインとなっています。新シリーズドラマということで、ホラーなのか、サスペンスなのか、はたまた感動する話なのか想像もつきませんがかなり期待できると思います。シャッターが一瞬で閉まるかのように出来たドーム。誰も入れない。誰も出れない。と言われているこのドームは、どこからどのように出来上がり、そしてどんな理由でこの街に出来たのか。このドームの謎を追い求めると共にドーム内で繰り広げられるアクシデントや人間関係が見所となります。メインキャスト陣は誰もが知っている有名作品にはあまり出ていませんが、それなりのキャリアを築き上げている若手俳優女優陣という、これから始まるアメリカンドラマらしい期待できる顔ぶれとなっています。

ドラマ「アンダーザドーム シーズン1」の主なキャスト、登場人物

・マイク・ヴォーゲル
・レイチェル・レフィブレ
・ナタリー・マルティネス
・ブリット・ロバートソン
・コリン・フォード
・ ディーン・ノリス
・ アレクサンダー・コック