ドラマ「アンダーザドーム シーズン1」13話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「アンダーザドーム シーズン1」13話

裁きの日

ドラマ「アンダーザドーム シーズン1」第13話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「アンダーザドーム シーズン1」第13話のあらすじ1

みんなの後をつけて来たリンダ(ナタリー・マルティネス)は小型ドーム内の蛹が蝶へと進化した姿を見て驚きます。そして進化した蝶が小型ドーム内の壁に羽ばたいてぶつかってしまうと、黒い跡がつくと同時に街全体のドームも黒くなります。小型ドームの色とリンクしたドーム内の街は暗闇に覆われ住民たちは不安に駆られます。

【承】ドラマ「アンダーザドーム シーズン1」第13話のあらすじ2

小型ドームをジム(ディーン・ノリス)に奪われまいとセメント工場へ移動させたた鍵を持つ4人。そこで4人がドームに手を触れ、鍵を開くと小型ドームは破壊され喜びますが、中にいた蝶たちは地面に落ちて動きませんでしたが、息を吹き返しバービー(マイク・ヴォーゲル)の周りを舞うことで彼が王だと確信します。

【転】ドラマ「アンダーザドーム シーズン1」第13話のあらすじ3

割れた小型ドームから卵が出てきたの見るとジュニア(アレクサンダー・コック)は街の一番の権力の持ち主である父のジムが持つべきと言い銃を向けるが、卵を受け取ったアンジー(ブリット・ロバートソン)はその場から逃げ出すことに成功します。卵を抱え逃げた先の森の中でノリー(マッケンジー・リンツ)が卵に自分たちがこれからどうしたら良いかと問うと、幻影のアリス(サマンサ・マシス)が現れます。幻影のアリスは自分は人類ではない何者かであり人間との会話の為にこの幻影のアリスの姿になっていると告げ、ドームはあなたたちを守っているものであり、闇を追い払いたいのであれば、卵を守り光を灯しなさいと言います。そこでもっと互いに顔を見合わせている4人が目を離している隙に幻影の姿は消えてしまいます。

【結】ドラマ「アンダーザドーム シーズン1」第13話のあらすじ4

バービーはジュニアによって警察署へ連れ戻されると、そこではジムの命令によって動かされている大工たちがバービーの処刑のための絞首台を作っています。ジムはジュリア(レイチェル・レフィブレ)に無線で卵とバービーの命を取引条件にします。そして取引時間の締め切りを迎えると、バービーは絞首台にてロープを首に巻かれジュニアが足元の床を開くレバーを握ります。

ドラマ「アンダーザドーム シーズン1」12話

ドラマ「アンダーザドーム シーズン1」14話

ドラマ「アンダーザドーム シーズン1」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

他シーズンのドラマ「アンダーザドーム」ネタバレあらすじ

ドラマ「アンダーザドーム シーズン2」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「アンダーザドーム シーズン3」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ