ドラマ「水球ヤンキース」第4話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「水球ヤンキース」第4話「恋と友情!汗と涙!ミズタマ青春大爆発」

ドラマ「水球ヤンキース」第4話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「水球ヤンキース」第4話のあらすじ1
尚弥やバカトリオの木村朋生、志村公平、加東慎介の熱い思いが伝わり龍二がカス高水球部に入部することが決まりった。
龍二はキャプテンに任命され、水球部の顧問となった千春の計らいで一ヶ月後に水蘭水球部と練習試合をすることになった。

一方水蘭水球部では、自分たちは全国1位なのになぜ創部間も無い素人軍団のカス高水球部と練習試合をしないといけないのか部員たちは一様に不満な表情をしていた。顧問のの庄司真冬は真意を伝えることはなかった。

練習試合も決まり俄然やる気みなぎるカス高水球部だった。水球専用の水着などを人数分そろえる必要があり、教頭の桑原半蔵に相談するが当然のごとく断られてしまった。
解決策を練るために行きつけのお好み焼き屋に移動した尚弥たち。しかしそこに水蘭水球部の郷田剛が現れる。そしてカス高水球部のチームメイト千秋の意外な過去が暴露される。
それは千秋が高校デビューしたことだった。千秋はお好み焼き屋を飛び出した。そして郷田は、
「千秋は辞めるぜ。あいつは俺には逆らえない」
と言い放った。
そしてそれから千秋は学校に来なくなってしまった。

【承】ドラマ「水球ヤンキース」第4話のあらすじ2
そんな折、一人の女性からカス高に電話がかかってきた。窃盗の被害にあい、その犯人の名前が千秋ということだった。
怒り狂った教頭の桑原は、水球部を廃部すると宣言した。
プールの脇でうなだれるカス高水球部の部員たち。しかし千秋の舎弟の宮口幸喜だけは千秋を強く信じていた。
宮口は千秋が高校デビューで中学時代に郷田からいじめられていたことを知っていた。そして中学時代のある日、宮口が郷田に絡まれた時に千秋が助けてくれたのだった。郷田にやられる千秋。しかし千秋は、
「これから一緒に強くなろう」
と宮口と誓い、そして高校でまた再会したのだった。しかし千秋は宮口のことを忘れていたのだった。

【転】ドラマ「水球ヤンキース」第4話のあらすじ3
カス高水球部員たちは千秋を疑ってしまったことを後悔し、また信じることを決心した。教頭に話をつけに行った際、被害者の女性も呼ばれていた。そして被害者の女性は尚弥の顔を見て指を指した。
「自転車を盗んだのはこの人だ」
と。尚弥が千秋を追って千秋と名前を叫びながら自転車を拝借したので、被害者の女性は犯人が千秋と勘違いしたのだった。
その場をなんとか校長が話をまとめてくれたのであった。

校長に連れられ、カス高水球部員たちは建築現場に連れてこられた。校長だけは知っていた。千秋はみんなに内緒で建築現場のアルバイトをしていたことを。水球部の専用の水着代を稼ぐために一人で働いていたのだ。そして自分が強くなるためにと。
部員たちはみんなで手分けをして千秋の仕事を手伝った。

【結】ドラマ「水球ヤンキース」第4話のあらすじ4
カス高水球部はさらなる特訓に励み、水蘭水球部との対戦に備えた。
そして当日、カス高水蘭部は気合をみなぎらせながら水蘭に乗り込んだ。
しかし対戦相手は男子水球部ではなく、なんと女子水球部だった。
カス高水球部員は呆然と立ち尽くすことしかできなかった。

ドラマ「水球ヤンキース」の他のネタバレあらすじ

第3話のネタバレあらすじ

第5話のネタバレあらすじ

ドラマ「水球ヤンキース」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ