プリズンブレイク シーズン1 のネタバレあらすじ結末まとめTOPページ

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン1」のネタバレあらすじのまとめページです。各話のネタバレあらすじを掲載していきます。

他シーズンのドラマ「プリズンブレイク」ネタバレあらすじ

プリズンブレイク/Prison Break シーズン2のネタバレあらすじ結末まとめTOP

プリズンブレイク/Prison Break シーズン3のネタバレあらすじ結末まとめTOP

プリズンブレイク/Prison Break シーズン4のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン1」ネタバレあらすじ一覧

第1話 マイケル

【2話予告】
刑務所内では黒人のグループと白人のグループの対立が激しくなります。マイケルは脱獄のために必要なボルトを調達しますが、それをセオドア・バッグウェル-通称ティーバッグ(ロバート・ネッパ—)に奪われてしまいます。ティーバッグは黒人グループと対立する白人グループの中心的な存在で、マイケルにグループに入りように迫ります。一旦は断ったマイケルですが、どうしてもボルトが必要なマイケルは、ティーバッグに仲間になると伝えます。その光景をみていた黒人グループのシーノートは、マイケルを敵だと考え、マイケルから頼まれていた薬の入手を止めます。遂に黒人グループと白人グループの大乱闘が始まります。凶器を持ってマイケルに襲い掛かったのは、意外な人物でした。

第2話 アレン

【3話予告】
アルブッチは、フィボナッチの居場所を教えないマイケルの足の指を切り落とします。ブラッド・ペリック(ウェイド・ウィリアム)刑務官に医務室へ担ぎ込まれたマイケルを、医務官サラ・タンクレディ(サラ・ウェイン・キャリーズ)が治療を行います。サラは怪我の原因をペリックに訪ねますが、マイケルがハサミの上に転んだと答えます。それを信じないサラでしたが、マイケルもそういうことにしておいて欲しいとサラに頼みます。怪我の治療を終えたマイケルは、房へ戻ります。脱獄計画は同居房にいるフェルナンド・スクレ(アマウリー・ノラスコ)の協力が絶対に必要です。スクレが信頼できる人間か試したマイケルでしたが、スクレは怒り、マイケルの房から出て行ってしまいます。

第3話 セルテスト

【4話予告】
マイケルは脱獄計画について、本格的に活動を開始します。薬品2種類を倉庫から調達します。この2種類の薬品を混ぜると、鉄をも酸化させることが出来ます。マイケルは糖尿病の治療を受けるため医務室へ行きます。医務官サラが目を離した隙に、医務室にある排水管に薬品を流しこみます。マイケルが自分の房へ戻ると、同居房のヘイワイヤーが、マイケルの体に彫られた入れ墨を見させてくれと言います。マイケルは拒否しますが、ヘイワイヤーは執拗にマイケルに迫ります。マイケルが寝ていると、シャツを破かれた感触で目が覚めます。ヘイワイヤーがマイケルのシャツを破り、入れ墨を見ていたのでした。

第4話 腐食

【5話予告】
マイケルを他の刑務所に移送する命令が出ますが、フォックスリバー刑務所長のホープはそれを拒否します。これを知ったケラーマンはホープのもとを訪れます。ケラーマンはホープが昔不倫をしてできた子供の件を持ち出し、マイケルの移送を了承するように迫ります。この件を妻に知られたくないホープは、マイケルを移送することを決断します。しかし、それを知ったマイケルは、長い間フォックスリバーに居るチャールズ・ウェストモアランド(ミューズ・ワトソン)へ相談します。ウェストモアランドは請願書を裁判所へ送れば、少なくとも審議の最中に他の刑務所へ移送されることは無いとマイケルに教えます。マイケルはウェストモアランドに言われた通りにしますが、ケラーマンは更にホープへ圧力を掛けます。

第5話 イングリッシュ,フィッツ,パーシー

【6話予告】
マイケルは自分の房から排水溝の通路へ出ます。通路を進んでいくと、ある壁の前で立ち止まります。そして自分の入れ墨を確認して、壁の一か所にしるしを付けます。その場所を鉄パイプで、叩き出すマイケルでしたが、点呼の時間が迫っていることから、作業を中断して房に戻ります。スクレに、点呼が頻繁にあって脱獄の作業が進まないと言います。スクレは点呼を無くす方法があるとマイケルに言いますが、これが大きな事件に繋がります。

第6話 悪魔の孔(あな)Part1

【7話予告】
囚人達が暴徒化したフォックスリバー刑務所には、警察やマスコミが殺到します。サラが行方不明であることを知ったサラの父親である州知事は、州兵の応援を呼ぼうとします。マイケルはサラが絶体絶命であることを知り、脱獄の準備を一時中断してサラを助け出そうとします。その頃、リンカーンはある囚人から急に襲われます。リンカーンを確実に始末するためにポール・ケラーマン(ポール・アデルスタイン)が依頼した暗殺者でした。

第7話 悪魔の孔(あな)Part2

【8話予告】
マイケル達は脱獄の準備を進めます。しかし隔離されているリンカーンを連れて脱獄するには、ある小屋の中に入り、そこからトンネルを掘る必要があります。しかし、その小屋は看守の休憩室で、PI(時給が支払われる労働)でも立ち入りが禁止されている小屋でした。囚人で唯一その小屋へ入れるのは、長期模範囚であるチャールズ・ウェストモアランド(ミューズ・ワトソン)だけでした。マイケルはウェストモアランドに脱獄の仲間に入れる代わりに、その小屋に火を付けて欲しいと依頼しますが、ウェストモアランドはそれを拒否します。

第8話 ルート66

【9話予告】
マイケル達は脱獄のため、看守の休憩小屋の床を壊し、地下道に続く穴を掘り始めます。脱獄計画を知ったセオドア・バッグウェル-通称ティーバッグ(ロバート・ネッパ—)が、密告されたくなければ自分もPIの仲間に入れろとアルブッチを脅迫します。アルブッチは致し方なく、ティーバッグをPIに加えます。しかしここで思いがけない問題に直面します。アルブッチはPIを仕切る代わりにペリックに金を渡していましたが、今月分の金は入金されていないとペリックに言われます。

第9話 トゥイーナー

【10話予告】
アルブッチが破産したことで、PIの仕事が出来なくなったマイケル達は、脱獄用の穴が掘れなくなりました。他の囚人が看守の休憩小屋で作業していることから、マイケル達が掘った穴が見つかってしまう可能性があります。アルブッチは自分を裏切ったマフィアにフィボナッチの居場所を教えて、その代わりに金を出させようと考えます。マイケルは、フィボナッチは善良な市民なので、マフィアに差し出すことを躊躇します。

第10話 策士
第11話 7人の壁
第12話 邪魔者は殺せ
第13話 決行!
第14話 密告者
第15話 計画変更
第16話 フォックスリバーへの道
第17話 j-Cat
第18話 ブラフ
第19話 鍵”The Key”
第20話 トゥナイト
第21話 壁の向こうへ
最終話 脱出!

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン1」の概要

アメリカ副大統領の弟を殺害した罪で死刑判決を受けたリンカーン・バローズ(ドミニク・バローズ)は、無実を主張します。リンカーンを死刑執行の前に刑務所から助け出すために弟マイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)は、自ら犯罪を犯し、リンカーンが収容されているフォックスリバー刑務所へ収監されます。マイケルは収監される前に、綿密な脱獄計画を立てていました。マイケルはエンジニアでフォックスリバー刑務所の改装に携わった過去があり、刑務所内の設計図を隈なく調べます。そしてその情報をもとに脱獄計画を練り、その計画を自分の体に入れ墨として彫ります。

フォックスリバー刑務所へ入獄したマイケルは、あらかじめ受刑囚の特性を調べ上げていて、脱獄に役に立つ受刑者に近づきます。マフィアのボス、ジョン・アルブッチ(ピーター・ストーメア)は飛行機会社を裏で経営しており、アルブッチを脱獄に加わらせることにより、飛行機を用意させようとします。またマイケルは、アルブッチを裏切ったフィボナッチの居場所を教えるとも持ち掛けます。

刑務所で脱獄に向けて準備を進めようとするマイケルでしたが、想定外の問題も発生します。6人もの少年少女を殺害して終身刑になっているセオドア・バッグウェル(ロバート・ネッパ—)から目を付けられて襲われたり、刑務所房から脱獄穴を掘るために協力が必要な同居人である
フェルナンド・スクレ(アマウリー・ノラスコ)から、協力を拒絶されたりします。

しかし、持ち前の抜群の頭脳を駆使してマイケルは問題を解決していき、着々と脱獄計画を進めます。刑務所所長であるヘンリー・ホープ(ステイシー・キーチ)や医務官であるサラ・タンクレディー(サラ・ウェイン・キャリーズ)にも上手く接近して、脱獄成功のために利用します。初めは計画を成功させるためにサラに近づいたマイケルでしたが、次第にサラに惹かれていきます。サラもマイケルの賢さと誠実さに気付きます。そしてサラの決断がマイケル達の脱獄に大きな影響を与えます。

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン1」の主要な登場人物、キャスト

マイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)
リンカーン・バローズ(ドミニク・パーセル)
サラ・タンクレディ(サラ・ウェイン・キャリーズ)
フェルナンド・スクレ(アマウリー・ノラスコ)
セオドア・バッグウェル-通称ティーバッグ(ロバート・ネッパ—)
ジョン・アルブッチ(ピーター・ストーメア)
チャールズ・ウェストモアランド(ミューズ・ワトソン)
ブラッド・ペリック(ウェイド・ウィリアム)
ヘンリー・ホープ(ステイシー・キーチ)
ポール・ケラーマン(ポール・アデルスタイン)
ベロニカ・ドノバン(ロビン・ターナー)