ドラマ「シリコンバレー シーズン2」9話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「シリコンバレー シーズン2」9話

拘束力のある調停

ドラマ「シリコンバレー シーズン2」第9話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「シリコンバレー シーズン2」第9話のあらすじ1

急に出世したネルソン・ビッグヘッド・ビゲティ(ジョッシュ・ブレナー)に、ニュークリアスの技術を利用したモバイル・プラットフォーム開発チームが訝しがり、冷たい態度を取ります。その際、開発者がベータ版の製品を置いていったため、ビッグヘッドはそれを持ち帰り、リチャード・ヘンドリックス(トーマス・ミドルディッチ)に見せます。最悪の製品だという点で二人の意見は一致します。リチャードのおかげで謎の出世を遂げていると感じているビッグヘッドは恩返しのためベータ版を活用してくれと言い、リチャードに渡します。リチャードは弁護士のロン・ラフラム(ベン・フェルドマン)と一緒に言葉に気を付けながらギャビン・ベルソン(マット・ロス)に電話し、ベータ版を返す代わりに訴訟を取り下げるよう交渉します。

【承】ドラマ「シリコンバレー シーズン2」第9話のあらすじ2

交渉の結果、「拘束力のある仲裁」という2日間で決着をつける簡易裁判のようなものを行うことになりました。パイド・パイパーの弁護人となってくれるのは、過去に違法行為を繰り返し、資格をはく奪された元弁護士でした。フーリー社の嫌がらせを受けながらも、状況的には有利だと言う言葉を信じ準備を進めるパイド・パイパーのメンバー。

【転】ドラマ「シリコンバレー シーズン2」第9話のあらすじ3

争点となるのは、アルゴリズムの開発のためにリチャードが一瞬たりともフーリー社の資産を使っていないかどうかですが、証拠品である資料の中からリチャードがノートPCを修理している期間があり、その期間にフーリー社の端末を使い性能テストをしたことが発覚します。もしこれが公になれば、リチャードは知的財産権の侵害として敗訴しかねません。一方、フーリー社はそれに気づかないまま、仲裁の日を迎えます。

【結】ドラマ「シリコンバレー シーズン2」第9話のあらすじ4

フーリー社はネルソン・ビッグヘッド・ビゲティ(ジョッシュ・ブレナー)を立派な人物に見せかけ、パイド・パイパー開発の立役者に見せようとする作戦を取ります。攻守交替し、パイド・パイパーの弁護人がアーリック・バックマン(T.J.ミラー)に証言をさせますが、アーリックがリチャードのノートPCの故障について口を滑らせてしまい、フーリー社に勘付かれてしまいます。アーリックはウソの証言を行うよう言いますが、リチャードは自分の思いとともに正直に答えます。

ドラマ「シリコンバレー シーズン2」8話

ドラマ「シリコンバレー シーズン2」10話

ドラマ「シリコンバレー シーズン2」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

他シーズンのドラマ「シリコンバレー」ネタバレあらすじ

ドラマ「シリコンバレー シーズン1」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「シリコンバレー シーズン3」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「シリコンバレー シーズン4」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「シリコンバレー シーズン5」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ