ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」8話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」8話

最期の決戦

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」第8話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」第8話のあらすじ1

総督(デヴィッド・モリッシー)はミショーン(ダナイ・グリラ)とハーシェル(スコット・ウィルソン)を人質にする。キャンプのメンバーに、だれも傷つけることなく刑務所を奪う計画を説明する。リリー(オードリー・マリー・アンダーソン)は反対します。人質になり縛られている、ミショーンとハーシェルに刑務所を手に入れることができたら、だれも傷つけないと約束するが、ミショーンは総督を殺すと言い、ハーシェルはいっしょに暮らそうと説得するが、リック(アンドリュー・リンカーン)と平和に暮らすことは永久に無理だと言います。

【承】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」第8話のあらすじ2

刑務所で爆音がおこります。フェンスに戦車の上に立つ総督と武装しているキャンプのメンバーたちがいます。人質のミショーンとハーシェルと交換に日没までに平和的に刑務所を明け渡すように言います。カール(チャンドラー・リッグス)は総督を撃てばいいと主張します。
リリーとメーガン(メイリック・マーフィー)はキャンプに残っています。メーガンが地面を掘って遊んでいると、地面の中からウォーカーが現れ、メーガンの肩に噛みついてしまいます。
刑務所では、リックが総督やキャンプのメンバーに平和に共存しようと説得します。

【転】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」第8話のあらすじ3

総督はハーシェルの首に刀を振り下ろします。リックは叫び声を上げながら総督を撃ちます。一斉に撃ち合いになります。何度も刀を振り下ろし、総督はハーシェルの首を切り落としてしまいます。リリーは泣きながら死んでしまったメーガンを抱きかかえ総督の元に行きます。総督は、メーガンを抱きかかえたまま、メーガンの頭を撃ちます。総督はメンバーにフェンスを車で破壊するように命令します。

【結】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」第8話のあらすじ4

刑務所の住民たちはバスに乗り込みます。リックが総督に飛びかかり、殴り合いになります。リックを窒息させようとしている総督にミショーンの刀が胸を刺します。しかし、ミショーンは総督の止めは刺しません。出血しながらも生きている総督にむかって、リリーは銃で頭を撃ちます。
殴られ傷だらけのリックはカールを見つけます。ジュディス(不明)が行方不明で血で汚れたベビーキャリーを見つけます。泣きながら、リックとカールは森へと逃げます。

この海外ドラマを無料で観る

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」 7話はこちら

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」 9話はこちら

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ウォーキングデッド」他のシーズンリスト

「ウォーキングデッド シーズン5」ネタバレあらすじ結末まとめ

「ウォーキングデッド シーズン6」ネタバレあらすじ結末まとめ