ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」6話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」6話

葬られた過去

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」第6話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」第6話のあらすじ1

総督(デヴィッド・モリッシー)は、リック(アンドリュー・リンカーン)との戦いの後、部下のマルチネス(ホセ・パブロ・カンティーロ)とシャンパート(トラビス・ラヴ)と放浪生活を送っていました。ある夜、たき火をして考えごとをしている総督にウォーカーが近寄ってきますが、総督はただ見ているだけで退治をしません。マルチネスが退治をします。翌朝、総督は部下の二人がいないことに気づきます。

【承】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」第6話のあらすじ2

独りでウッドベリーに戻った総督は、町を全焼させてしまいます。放浪し続け歩くのもやっとの総督はある街にたどり着きます。リリー(オードリー・マリー・アンダーソン)とタラ(アラナ・マスターソン)、リリーの娘のメーガン(メイリック・マーフィー)、姉妹の父のデイビット(ダニー・ヴィンソン)に出会います。総督はデイビットのために老人ホームから酸素タンクを調達します。しかし、デイビットは死んでしまいます。ウォーカーに転化したデイビッドを総督が殺してしまいます。メーガンは総督を恐れてしまいます。

【転】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」第6話のあらすじ3

デイビッドの死をきっかけにリリーとタラとメーガンと総督は行動をともにすることになります。貨物自動車で出発します。翌朝、タラが車を動かそうとしますが、動かず歩くことになります。そこでウォーカーたちに出くわします。直前に足首を捻挫したタラはリリーの助けを借りて逃げます。総督はメーガンを抱きかかえ逃げます。

【結】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」第6話のあらすじ4

森の中を逃げる四人ですが、森を抜けたときメーガンを抱きかかえた総督は叫び声をあげ消えてしまいます。深い穴に落ちてしまいました。そこはウォーカーたちを捕まえるための穴でした。穴の中のウォーカーと素手で戦う総督を見てメーガンは叫び声をあげます。総督が全てのウォーカーを倒すと、メーガンは総督に抱きつきます。総督も抱きしめます。
穴の上から声が聞こえます。部下のマルチネスです。

この海外ドラマを無料で観る

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」 5話はこちら

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」 7話はこちら

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ウォーキングデッド」他のシーズンリスト

「ウォーキングデッド シーズン5」ネタバレあらすじ結末まとめ

「ウォーキングデッド シーズン6」ネタバレあらすじ結末まとめ