ドラマ「プリズンブレイク シーズン3」第13話 最終回のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」13話 最終回

駆け引きの行方

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」第13話 最終回のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」第13話 最終回のあらすじ1

逃げ出したジェームズ・ウィスラー(ジェイソン・デイビス)は、グレッチェン・ルイーズ・モーガン – 偽名スーザン(ジョディ・リン・オキーフ)と連絡を取ろうとしていました。そこへマイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)とリンカーン・バローズ(ドミニク・パーセル)が現れ、ウィスラーを捕まえます。そしてスーザンに電話をして、人質の交換場所を伝えます。マイケルが最終的に指定した場所は、美術館の中でした。

【承】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」第13話 最終回のあらすじ2

美術館に到着したスーザンは、はかられたと気付きます。美術館の入り口には金属探知機があり、人質のLJとソフィアにした手錠を外す必要があります。またカンパニーの手下を連れていましたが、拳銃を持っている彼らは中には入れません。美術館の奥の部屋で人質を交換したマイケル達は、外に出ればカンパニーの手下に銃撃されると思い、わざと美術品のケースを壊します。警報がなり、人々が美術館の外へ殺到します。外に出たウィスラーは警官に止められます。ポケットに美術品の玩具が入っており、警察はそれを本物と思いウィスラーを拘束しようとします。マイケルがウィスラーのポケットにそれを忍ばせたのでした。

【転】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」第13話 最終回のあらすじ3

ウィスラーが拘束されそうになり、カンパニーが警官に発砲します。そしてその銃弾がソフィアに命中します。リンカーンはソフィアを手当てしようとしますが、LJに促されその場を離れます。LJは病院までソフィアに同行し、ソフィアは一命を取り留めます。その頃、SONA刑務所では、脱獄を図ったセオドア・バッグウェル-通称ティーバッグ(ロバート・ネッパ—)とブラッド・ペリック(ウェイド・ウィリアムズ)が警備隊の拷問を受けていました。警備塔に連れて行かれたティーバッグは、そこにフェルナンド・スクレ(アマウリー・ノラスコ)の姿を見つけます。ティーバッグは、スクレがマイケル達と繋がっていることを警備隊に告げ、スクレも拷問を受けますが、口を割ることはありませんでした。そしてスクレもSONA刑務所へ送られます。

【結】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」第13話 最終回のあらすじ4

容体が落ち着いたソフィアは、LJにウィスラーが自宅に置いて行ったジュラルミンケースのことを伝えます。そのことを知ったマイケルはジェラルミンケースの中を調べます。そこにはジェイソンという男のファイルがありました。人質も無事戻り、スーザン達も去った今、これ以上深追いするなとリンカーンは諭しますが、マイケルはサラ・タンクレディ(サラ・ウェイン・キャリーズ)を殺したスーザンを、許すわけにはいかないと言います。リンカーンも、それを止めることは出来ませんでした。

この海外ドラマを無料で観る

プリズンブレイク/Prison Break シーズン3 12話はこちら

プリズンブレイク/Prison Break シーズン3のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「プリズンブレイク」ネタバレあらすじ

プリズンブレイク/Prison Break シーズン4のネタバレあらすじ結末まとめTOP