ドラマ「プリズンブレイク シーズン2」第14話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン2」14話

想定外

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン2」第14話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン2」第14話のあらすじ1

ポール・ケラーマン(ポール・アデルスタイン)は、マイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)とリンカーン・バローズ(ドミニク・パーセル)を連れて逃走します。途中、検問にあいますが政府関係者を装い、検問を突破します。そして3人は小さな飛行場に到着します。ケラーマンは、リンカーンの副大統領の弟殺害事件は仕組まれたものであり、リンカーンは無実だと言います。そして、リンカーンの無罪を証明するためには、副大統領の弟テレンスが生きていることを世間に暴露するしかないと言います。そして、テレンスはモンタナ州の別荘に幽閉されていると言い、3人はモンタナ州へと向かいます。

【承】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン2」第14話のあらすじ2

セオドア・バッグウェル-通称ティーバッグ(ロバート・ネッパ—)はかつての恋人スーザンの自宅を突き止め、家の中に侵入します。スーザンは怯え取り乱しますが、やがて子供達が帰宅します。ティーバッグはここで家族として暮らすと言い、スーザン一家を軟禁します。その頃、ギャリー殺害の容疑でフォックスリバー刑務所に収容されたブラッド・ペリック(ウェイド・ウィリアム)は、昔の同僚の刑務官に便宜を図って欲しいと頼みます。しかし、所長が変わって規則が厳しくなったので、便宜は図れないと冷たく言われます。また、ベリックが囚人達に狙われていると警告します。

【転】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン2」第14話のあらすじ3

モーテルの1室に落ち着いたマイケル達は、この後、どのように行動するか話し合います。ケラーマンはキム達の裏をついて、ワシントンDCへ向かうことを提案します。ワシントンDCには、マイケル達の父親が所属していた反カンパニーの組織があるので、そこに助けを求めようと言います。些細なことで言い争いになるリンカーンとケラーマンを見て、マイケルはテレビ局へ電話をします。電話が繋がるとマイケルは自らを名乗り、居場所を告げた後、出頭しようと考えているとテレビ局の担当者へ言います。それを見ていたテレンスは、このままだと自分も刑務所行きになると言い、自殺します。

【結】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン2」第14話のあらすじ4

モーテルの1室に落ち着いたマイケル達は、この後、どのように行動するか話し合います。ケラーマンはキム達の裏をついて、ワシントンDCへ向かうことを提案します。ワシントンDCには、マイケル達の父親が所属していた反カンパニーの組織があるので、そこに助けを求めようと言います。些細なことで言い争いになるリンカーンとケラーマンを見て、マイケルはテレビ局へ電話をします。電話が繋がるとマイケルは自らを名乗り、居場所を告げた後、出頭しようと考えているとテレビ局の担当者へ言います。それを見ていたテレンスは、このままだと自分も刑務所行きになると言い、自殺します。

この海外ドラマを無料で観る

プリズンブレイク/Prison Break シーズン2 13話はこちら

プリズンブレイク/Prison Break シーズン2 15話はこちら

プリズンブレイク/Prison Break シーズン2のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「プリズンブレイク」ネタバレあらすじ

プリズンブレイク/Prison Break シーズン3のネタバレあらすじ結末まとめTOP

プリズンブレイク/Prison Break シーズン4のネタバレあらすじ結末まとめTOP