ドラマ「ハンニバル シーズン2」4話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ハンニバル シーズン2」4話

「炊き合わせ」

ドラマ「ハンニバル シーズン2」第4話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第4話のあらすじ1

 ウィル(ヒュー・ダンシー)はチルトン博士(ラウル・エスパーザ)とある取引をし、彼の催眠治療を受けることになります。その治療中に、断片的に蘇るウィルの記憶には、レクター博士が彼の精神をコントロールしようとしていることを思い出す。そしてウィルはハンニバル博士(マッツ・ミケルセン)がウィルに同じ様な薬物療法を行ったことを伝える。チルトン博士は彼が行った処置は、適切な療法ではないと伝えます。チルトン博士はハンニバルに何故そのような療法をウィルに行ったのか問い詰めます。チルトン博士は敵意からではなく、一人の療法士としてハンニバルを問い詰めました。
 

【承】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第4話のあらすじ2

ある中年の女性針師が森の中に死体を捨てました。死体は目をくりぬかれ、蜂が死体に巣を作ることができるようにされていました。科捜研は意図的にこれを犯人が行ったと推測しました。彼女の二人目の犠牲者は、脳が死んでいる状態だが肉体は生きている状態で発見されました。二人目の犠牲者が発見された後、すぐに最初の犠牲者も針師の患者だったことと考えが結びつきます。クロフォード(ローレンス・フィッシュバーン)が女性針師の元を訪れたとき、おとなしく自首をしました。

【転】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第4話のあらすじ3

クロフォードの妻がハンニバル博士と話しています。彼女は肺癌が進行しており、治療として安楽死を望んでいることを伝え、博士の元で自殺を図る。ハンニバル博士はコインをトスし、彼女を助けるという面が出たので彼女を救いました。その後彼は病院へクロフォードと彼女の元へ訪れます。そして彼女はハンニバル博士をビンタしました。

【結】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第4話のあらすじ4

キャッツ(ヘティエンヌ・パーク)はウィルのアドバイスをもとに、死体を調べ始めます。彼女は絵画の犯人のステッチは他の傷を隠すためのものであると気づきます。ステッチの奥にあるはずの腎臓がないことにも気づきます。キャッツはハンニバルを疑い始め、ウィルの助言を無視して、ハンニバルの家に忍び込みます。そしてハンニバルの殺人の地下室を発見します。冷蔵庫からパックされた肉を見つけましたが、背後にはハンニバルの姿があります。そして銃声が鳴り響きます。

この海外ドラマを無料で観る

ドラマ「ハンニバル シーズン2」 3話はこちら

ドラマ「ハンニバル シーズン2」 5話はこちら

ドラマ「ハンニバル シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「ハンニバル」ネタバレあらすじ

ドラマ「ハンニバル シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ハンニバル シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOP