ドラマ「ハンニバル シーズン2」12話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ハンニバル シーズン2」12話

「止め椀」

ドラマ「ハンニバル シーズン2」第12話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第12話のあらすじ1

ウィル(ヒュー・ダンシー)とハンニバル(マッツ・ミケルセン)がセラピーを行っています。ウィルはハンニバルがマーゴの兄に死んで欲しいと思っていると言います。そしてハンニバルに同意を見せながらも、ウィルはマーゴの兄にハンニバルを餌として捧げている空想をしています。マーゴの兄がマーゴをひどく傷つけられたことを知ったハンニバルは彼を殺すよりもむしろマーゴが生き続けたほうが復讐になると言います。

【承】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第12話のあらすじ2

ウィルはクロフォード(ローレンス・フィッシュバーン)と話をします。ウィルはハンニバルがマーゴの兄を殺すためにウィルを操ろうとしていることを伝えます。そして彼はハンニバルを殺すことも操ることができる可能性があると言います。そして部屋を移動して取調室に向かいます。そこにはハンニバルの元セラピストべテリアがいます。彼女は以前に自身の患者に襲われて結果、殺してしまったという過去があります。彼女はウィルにハンニバルに操られないように気を付けるように言います。ウィルはハンニバルと再び会います。ウィルはハンニバルの人の操り方に気が付いていると言います。同時期に、べテリアはもし彼らがハンニバルを捕まえることができると考えているのなら、それはハンニバルが彼らにそう考えてほしいからだと言います。

【転】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第12話のあらすじ3

ハンニバルの家に怪しい3人の男が訪れます。彼らはハンニバルをマーゴの兄のもとに連れていきます。そしてあの豚小屋にはウィルも連れてこられました。マーゴの兄にハンニバルののどを少し切るように言われます。ウィルはその代わりに、ハンニバルを自由にするためにロープを素早く切ります。マーゴの兄はハンニバルに捕まり、いくつかの薬物をかがされます。意識が戻ったウィルが帰宅するとマーゴの兄が彼自身の顔の肉を犬たちに与えていました。ハンニバルがウィルにマーゴの兄をどうするべきかと尋ねます。ウィルが考えている時に、ハンニバルはマーゴの兄の首の骨を折ります。しかし彼は生きたままで障害が残ります。

【結】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第12話のあらすじ4

彼は今ではベッドに寝たきりの状態です。そしてマーゴが彼の世話をしています。彼女の兄が彼女にしたようにです。クロフォードが訪れたとき、彼は不慮の事故で首の骨を折ったと嘘をつきます。ウィルはハンニバルと彼らの友情について話していて、もうすぐに捕まってしまうと言います。そしてハンニバルに自らをクロフォードにさらけ出すべきだと言います。

この海外ドラマを無料で観る

ドラマ「ハンニバル シーズン2」 11話はこちら

ドラマ「ハンニバル シーズン2」 13話はこちら

ドラマ「ハンニバル シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「ハンニバル」ネタバレあらすじ

ドラマ「ハンニバル シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ハンニバル シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOP