ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」の1話ネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」1話

「開戦」

ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」第1話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」第1話のあらすじ1

シーズン1から2年後のお話です。

グランサム伯爵の長女メアリー(ミシェル・ドッカリー)と別れたマシュー・クローリー(ダン・スティーヴンス)は、戦争に駆り出され、前線で戦っていました。
久しぶりにダウントンアビーに戻ってくることになりましたが、
マシューはラビニア・スワイヤー(ゾーイ・ボイル)という婚約者を連れて帰って来ました。
次女のイーディス(ローラ・カーマイケル)にマシューが戻って来ると聞かされるメアリー。
しかし、私にも交際を考えている人がいる、とショックを隠して気丈に振る舞います。
その相手は、リチャード・カーライル(イアン・グレン)という新聞社のオーナーをしている大金持ちでした。
メイドのアンナ(ジョアン・フロガット)と二人だけになると、泣き出すメアリー。
彼女はまだ、マシューを愛していたのです。
翌朝早く前線に戻らなくてはならないというマシュー。メアリーは早朝にもかかわらず、駅まで見送りにやってきました。
自分に何かあったら母を頼む、というマシューに、メアリーは彼の無事を祈って、自分のラッキーチャームを渡します。
マシューを乗せた汽車を切なげな瞳で見送るメアリーでした。

【承】ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」第1話のあらすじ2

一方、グランサム伯爵の従者であるベイツ(ブレンダン・コイル)は、アンナにプロポーズをします。
亡き母の遺産を妻ヴェラ(マリア・ソイル・ケネディ)に渡せば、離婚が決まると話しました。
二人は明るい未来を思って幸せを感じていたのもつかの間、妻ヴェラがダウントンに乗り込んできます。
絶対に離婚はしない、復縁しなければ、メアリーのスキャンダル(オスマン帝国の外交官が腹上死した)を新聞社に持ち込むと脅しました。ベイツはダウントンアビーの名誉を守るために、アンナにもロバート(ヒュー・ボネビル)にも詳しく語らずに、去ってしまいました。ロバートはひどくベイツを責めたのですが、ベイツとヴェラの会話を盗み聞きしていた家政婦長のヒューズ(フィリス・ローガン)から、ダウントンを守るために辞めたことを聞かされ、ひどく自分を恥じました。

【転】ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」第1話のあらすじ3

三女のシビル(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)が、マシューの母であるイザベル(ペネロープ・ウィルトン)に勧められて看護婦になるトレーニングを受けることになりました。そのために、シビルは、少しでも自分の身の回りのことができるようにと、料理長のパットモア(レズリー・ニコル)と厨房メイドのデイジー(ソフィー・マックシェラ)に手ほどきを受けて、料理や掃除を学び始めます。それを知った母のコーラ(エリザベス・マクガヴァーン)は、シビルを心から頼もしく思うのでした。また、元第一下僕のトーマス(ロブ・ジェームズ=コリアー)は、衛生兵になっていました。

【結】ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」第1話のあらすじ4

いよいよ、シビルが看護学校へ向かいます。車の運転手であるブランソン(アレン・リーチ)は、言えるうちにと自分の恋心をシビルに告げます。
また、衛生兵なら前線に行くことはないと考えていたトーマスでしたが、実際は前線に派遣されていました。前線の激しい戦いに嫌気がさして、トーマスは自らの手を敵に撃たせ、怪我を負います。これにより、トーマスは前線から離脱することになりました。

ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」 2話はこちら

ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP