ドラマ「ウォーキングデッド シーズン5」5話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン5」5話

愚直な前進

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン5」第5話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン5」第5話のあらすじ1

教会で見つけ、修理を施したバスでワシントンDCを目指すユージーン(ジョシュ・マクダーミット)、エイブラハム(マイケル・カッドリッツ)、ロジータ(クリスチャン・セラトス)、グレン(スティーブン・ユアン)、マギー(ローレン・コーハン)、タラ(アラナ・マスターソン)の6人。
この騒動を止めるため科学者であるユージーンをワシントンDCに送り届けようとしています。
マギーとグレンはこれからの詳細なプランをユージーンに聞こうとするが、「機密事項だ」と言われてしまいます。
その後も他愛のない会話を続けながらバスを走らせていると、突然バスのハンドルが言うことを聞かなくなり、
路上の車に激突し、横転してしまいます。
その音を聞きつけてたくさんのウォーカーが集まってきてしまいました。

【承】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン5」第5話のあらすじ2

エイブラハムは、横転したバスの中でユージーンを心配しますが、不幸中の幸いで全員が無事でした。
バスはウォーカーに囲まれていましたが、銃を発砲することなく、ウォーカーを倒すことができました。
エイブラハムは古傷が開き、手から出血しており、マギーが治療道具を取りにいこうとバスに向かって歩き出すと
バスは突然炎上します。
足を失い、皆が落胆する中、エイブラハムは途中の道で車を拾おうと言います。
それに反対したのはユージーンでした。
「25kmほど元来た道を戻ればリックたちがいる教会にいける」
しかし、エイブラハムは一刻も早く、ユージーンをワシントンDCに届けるという任務を遂行しようとするエイブラハムは自分の意見をかえることはありませんでした。
かたくなに意見をかえないエイブラハムを見て、グレンは「あんたが本気でそういうなら、俺らもついていく」といい、
全員で徒歩でワシントンDCを目指すことになりました。

【転】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン5」第5話のあらすじ3

ウォーカーのいない建物を見つけ、一晩過ごすことになりました。
タラはバスが横転し、ウォーカーと戦っていたときにユージーンによって助けられました。
そのお礼をユージーンに伝えていると、彼は「バスが横転したのは自分のせいだ」と話し始めます。
バスの燃料系統に意図的にガラス片を仕込み、事故を誘発させた、と。
タラは動揺してなぜそんなことをしたのか問いかけます。
すると、ユージーンは「俺は結局この世界では一人で生きていけないし、もし俺がこの騒動を止められなかったとしたら俺にはなんの過渡もないしそうなったら君たちが俺を近くに置く理由はないだろ?」と言います。
タラは「絶対にそんなこととない、私たちは仲間なんだから」とそして、このことは他の誰にも言わないで、伝えました。

【結】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン5」第5話のあらすじ4

翌日、エイブラハムは修理をすれば動かすことができそうな消防車を見つけました。
直そうとしているとウォーカーの大群が出現。絶体絶命かと思ったそのとき、ユージーンが消防車の上からホースを使って高水圧でウォーカーを撃退しました。
そのままその消防車に乗って先に進むことにしました。
しかし、手前の街には2.3km前の時点で確認できるほど、街全体がウォーカーで溢れかえっていました。
皆が迂回を提案しましたが、エイブラハムは猛反対します。
「迂回してたらいつまでたっってもワシントンDCに着けないだろ!」と。
ウォーカーの大群を突破するのは自殺行為だというグレンたちの声を無視して、ユージーンを力づくで消防車にのせようとします。
それを力づくで止めようちおするグレンと大揉めしていると、ユージンが叫びました。
「俺は科学者じゃないんだ!!」
「俺は科学者じゃないんだ、今までのは全て嘘なんだ。」
呆然とするエイブラハムたち。
ユージーンは人より少しだけ知恵があり、賢かった。どうしても生き残れる可能性が高いワシントンDCに行きたかったために。エイブラハムたちに嘘をついて守ってもらっていたのでした。

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン5」 4話はこちら

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン5」6話はこちら

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン5」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ウォーキングデッド」他のシーズンリスト

「ウォーキングデッド シーズン4」ネタバレあらすじ結末まとめ

「ウォーキングデッド シーズン6」ネタバレあらすじ結末まとめ