ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」7話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」7話

蘇る過去

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」第7話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」第7話のあらすじ1

マルチネス(シャンパート:トラビス・ラヴ)は総督(デヴィッド・モリッシー)とメーガン(メイリック・マーフィー)をウォーカーたちの落とし穴から助けます。リリー(オードリー・マリー・アンダーソン)とタラ(アラナ・マスターソン)はマルチネスの部下たちに助けられます。総督にキャンプに迎える条件として二つの条件を受け入れます。総督はブライアンと名乗っています。マルチネスはブライアントして受け入れます。
総督とマルチネスと部下のピート(エンバー・ギョカージ)とミッチ(カーク・アセベド)で物資の調達に行きます。キャンプではリリーがけが人の傷の手当てをしています。その夜、キャンプでマルチネスは総督に人が変わった、メーガンといっしょだから、キャンプに迎い入れたと話をして昔話をします。総督は昔の話をしたくない様子です。

【承】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」第7話のあらすじ2

マルチネスはトレーラーハウスの屋根からゴルフボールを打っています。側に総督がいます。過去のウッドベリーの大虐殺の話をして総督を批判します。総督はマルチネスにキャンプの安全を確認します。マルチネスは努力していると答えます。すると、総督はマルチネスの頭をゴルフクラブで殴り、ウォーカーたちの落とし穴に落としてしまいます。キャンプのみんなにはマルチネスは酔って穴に落ちたと説明します。

【転】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」第7話のあらすじ3

ピートが暫定的ですが、リーダーの役割をすることになります。総督、ピート、ミッチは森で狩りをしています。別の小さなキャンプを見つけます。ミッチは物資を奪うことを提案しますが、ピートは反対します。しかし、別の小さいキャンプは何者かに襲われてしまったことを総督が見つけます。ピートが反対しなければ物資を奪えたと怒ります。

【結】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」第7話のあらすじ4

総督はキャンプが安全ではないと考え、リリー、メーガン、タラを連れて車でキャンプを出ます。しかし、ウォーカーたちが沼にたくさんいるのを見て、総督はキャンプに引き返します。総督はピートを殺しミッチに自分がリーダーになると告げ、部下になるようにいいます。総督はキャンプのリーダーとなります。外で遊んでいたメーガンにウォーカーが噛みつく寸前のところを総督が殺し助けます。総督は車で刑務所の境界線まで行きます。総督は畑のリック(アンドリュー・リンカーン)とカール(チャンドラー・リッグス)を見つめます。フェンスの外でウォーカーたちの遺体の処理をしているミショーン(ダナイ・グリラ)とハーシェル(スコット・ウィルソン)に総督は銃を向けます。

この海外ドラマを無料で観る

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」 6話はこちら

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」 8話はこちら

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ウォーキングデッド」他のシーズンリスト

「ウォーキングデッド シーズン5」ネタバレあらすじ結末まとめ

「ウォーキングデッド シーズン6」ネタバレあらすじ結末まとめ