ドラマ「ウォーキングデッド シーズン1」6話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン1」6話

残された希望

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン1」第6話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン1」第6話のあらすじ1

CDC(疾病対策センター)にやっとたどり着き必死に頼んで中に入れたリック(アンドリュー・リンカーン)たちを一人で研究しているジェンナー博士(ノア・エメリッヒ)と対面します。博士はリックたちの血液検査を行い感染していないかを調べることにします。リックたちと博士はワインを飲みながら食事をして安らいだ安心できる時間を過ごします。しかし、博士がなぜ一人で研究をしているかを聞くと危険が迫ってきて家族のところに帰った人や非常線が破られて危険が迫ってきて恐ろしくなり自殺した人もいて博士一人残ったと話しました。

【承】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン1」第6話のあらすじ2

みんなは温かいシャワーを浴びて喜んでいます。シェーン(ジョン・バーンサル)はローリ(サラ・ウェイン・キャリーズ)が一人で部屋にいるのを見つけるとローリに迫ります。リックが死んだとウソをついたことをローリが怒りますがシェーンはローリも自分のことを好きだったはずだと押し倒そうとします。ローリはシェーンの首をひっかきました。

【転】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン1」第6話のあらすじ3

博士から映像で第一段階では髄膜炎のように侵され副腎が傷つき脳と主要組織が侵されて死に第二段階ではウォーカーに変わるが最短では三分最長では八時間で変異して前頭葉などの人間らしさをつかさどる器官は死んで脳幹の中枢神経だけが生き本能だけが残ると説明を受けます。原因はわかってなく治療方法は見つかっていませんでした。

【結】ドラマ「ウォーキングデッド シーズン1」第6話のあらすじ4

燃料が切れると施設ごと汚染除去することがわかります。博士は説明しないためリックたちは施設の中を調べます。燃料がないことがわかります。汚染除去とは熱圧力を放つ燃料気化爆弾で核爆弾に匹敵するほど激しい爆発を引き起こし大爆発することを知ります。博士はリックたちと一緒に自殺しようとしていたのでした。リックは博士を説得してドアを開けさせます。博士はリックに何か耳打ちをしてリックは驚きます。自殺を選ぶ仲間は残りました。リックたちは逃げようとしますが建物の出口は開きません。キャロル(メリッサ・マクブライド)がリックの手榴弾を持っていたので手榴弾を使い建物から脱出することができました。CDCの建物は大爆発して跡形もなくなりました。リックたちは車でその場を離れました。

この海外ドラマを無料で観る

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン1」5話

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「ウォーキングデッド」ネタバレあらすじ

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン4」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン5」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン6」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ウォーキングデッド シーズン7」のネタバレあらすじ結末まとめTOP