ドラマ「アンダーザドーム シーズン2」4話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「アンダーザドーム シーズン2」4話

「決断の時」

ドラマ「アンダーザドーム シーズン2」第4話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「アンダーザドーム シーズン2」第4話のあらすじ1

チェスターミルの食糧が日に日に減っていき、近い将来、食糧不足になることを予想したレベッカ(カーラ・クローム)は、意図的に人口を減らす計画を考え付きます。町ではウイルスが蔓延して、豚などの家畜が死んでいることを発見したレベッカは、ウイルスを触媒して町に撒き、人口を減らそうという計画を立てます。この計画を“ビッグ・ジム” ジェームズ・レニー (ディーン・ノリス)に相談し、彼にウイルスを撒く役を依頼します。

【承】ドラマ「アンダーザドーム シーズン2」第4話のあらすじ2

その頃、ジョー・マカリスター(コリン・フォード)と“ノリー” エリノア・カルバート(マッケンジー・リンツ)は、謎の少女をミニドームがあった場所へ連れて行きます。その場所で謎の少女は記憶を取り戻します。彼女の名前はメラニーで、サム・ヴェルドロー(エディ・ケイヒル)やジュニアの母ポーリーンと同級生でした。高校生のある日、この場所に隕石が落ち、それをサム、ライル、ポーリーンと見に行き、この場所で何者かに殺されたことを思い出しました。その時、メラニーは隕石の中に入っていた卵を取り出し、それを守ろうとして、何もかに窪地に突き落とされ、死亡しました。

【転】ドラマ「アンダーザドーム シーズン2」第4話のあらすじ3

”ジュニア”?ジェームズ・レニー??(アレクサンダー・コック)はレベッカ誘拐の罪で投獄されたライルから、母ポーリーンのことを聞き出そうと考えます。ライルは話をする代わりに牢屋から出すことを求め、ジュニアはそれに従います。ポーリーンの死は偽装であり、他の町で暮らしており、ライルとは連絡を取り合っていることをジュニアは聞かされます。また、ポーリーンは絵日記を付けており、チェスターミルで起こる様々な出来事を予知して、それを絵日記に記載していたことも知ります。その絵日記がサムの家にあるはずだと、2人はサムの家へ行きますが、絵日記を発見したライルは、それを持って逃げ出します。

【結】ドラマ「アンダーザドーム シーズン2」第4話のあらすじ4

人口削減のためにウイルスを町に撒こうと、ビッグ・ジムは人が集まるダイナー向います。計画を事前に知った“バービー”?デイル・バーバラ(マイク・ヴォ—ゲル)とジュリア・シャムウェイ(レイチェル・レフィブレ)はビッグ・ジムがウイルスを撒く前に止めます。しかし、レベッカから渡されたケースにはウイルスが入っておらず、レベッカが自分でウイルスを撒こうとしていました。レベッカは教会でウイルスを撒こうとしますが、ウイルスが自分の想像より威力を増していることを知り、ウイルスを撒くことを止めます。

ドラマ「ドラマ「アンダーザドーム シーズン2」 3話はこちら

ドラマ「ドラマ「アンダーザドーム シーズン2」 5話はこちら

ドラマ「アンダーザドーム シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「アンダーザドーム」ネタバレあらすじ

ドラマ「アンダーザドーム シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOP