ドラマ「スーツ/SUITS シーズン6」2話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「スーツ/SUITS シーズン6」2話

解放宣言

ドラマ「スーツ/SUITS シーズン6」第2話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「スーツ/SUITS シーズン6」第2話のあらすじ1

フランク・ギャロ(ポール・シュルツ)ともめたマイク・ロス(パトリック・J・アダムス)は二週間の面会禁止処分となってしまいます。マイクの恋人であるレイチェル・ゼイン(メーガン・マークル)が面会できなかったことを知ったハーヴィー・スペクター(ガブリエル・マクト)が、事情を探りに担当弁護士としてマイクと面会し、ギャロとマイクの接触を知ります。そのころ、ジェシカ・ピアソン(ジーナ・トーレス)の前に、元事務所パートナーのジャック・ソロフ(ジョン・パイパー=ファーガソン)がジェシカに対する起訴状を持ち現れます。

【承】ドラマ「スーツ/SUITS シーズン6」第2話のあらすじ2

ハーヴィーはマイクに助けを申し出ますがレイチェルに危険が及ぶ可能性があるためマイクは強く断ります。しかしハーヴィーに恨みのあるギャロはハーヴィーが一人になった隙に挑発し、ハーヴィーは堪らず、ギャロに脅しをかけます。一方、ジェシカはジャックが新しい事務所への出資金が払えないことに苦しみ、ジェシカを訴えたことを知ります。しかしジェシカの立場上、ジャックに金銭を渡すことはできません。

【転】ドラマ「スーツ/SUITS シーズン6」第2話のあらすじ3

ルイスは原告団との訴訟の和解成立のため、法廷にいました。そこにジャックから情報を得たハーヴィーの学生時代のライバル、エリオット・ステンプル(パトリック・フィシュラー)が現れ、和解は不成立となってしまいます。一方、刑務所内ではハーヴィーの脅しによりギャロのマイクへの当たりは強くなります。マイクへ面会できない異変に気付いたレイチェルはハーヴィーに詰め寄り事実を知り、何としてもマイクを助けるようハーヴィーに要求します。

【結】ドラマ「スーツ/SUITS シーズン6」第2話のあらすじ4

ハーヴィーはマイクを助けるため、検察官であるショーン・ケイヒル(ニール・マクドノー)にギャロの刑務所移動を依頼します。ギャロの本当の罪を聞き、ギャロを警戒するようになったマイクに、ギャロが仕掛けますがマイクと同部屋のケヴィン・ミラー(エリク・パラディーノ)の助けにより、マイクは九死に一生を得ます。一方、ハーヴィーの元へステンプルが現れます。そこで事務所の窮地につけこまれ、ハーヴィーの母親との思い出である大事な絵を取られてしまいます。

ドラマ「スーツ/SUITS シーズン6」1話

ドラマ「スーツ/SUITS シーズン6」3話

ドラマ「スーツ/SUITS シーズン6」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「スーツ/SUITS」ネタバレあらすじ

ドラマ「スーツ/SUITS シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「スーツ/SUITS シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「スーツ/SUITS シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「スーツ/SUITS シーズン4」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「スーツ/SUITS シーズン5」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「スーツ/SUITS シーズン7」のネタバレあらすじ結末まとめTOP