ドラマ「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン12」4話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン12」4話

呪われた家族

ドラマ「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン12」第4話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン12」第4話のあらすじ1

ある教会で、身体には聖痕が現れ、背中を見えない鞭で打たれながら謎の言葉を叫び女性が亡くなるという、異常な事件が起こり、サム(ジャレッド・パダレッキ)とディーン(ジェンセン・アクレス)が事件解明に乗り出します。ディーンは、出て行ったきり音信不通の母が気になり不機嫌な様子ですが、そんなディーンにサムはメアリーの意思も尊重するべきだと言います。

【承】ドラマ「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン12」第4話のあらすじ2

ディーンは児童保護局のオリビアの部下ベスが昇進を狙って魔術を使ったのではと疑います。しかし、今度は配達員の青年が同じような死をとげ、被害者の共通点を探るうち、ある家族ピーターソン一家が浮上します。彼らは極度に文明を嫌い、長女マグダ(パロマ・キアトコスキ)が肺炎にかかった時にも、治療を拒んで死なせたという記録もあり、この家族をケースワーカーとして担当していたのがオリビアで、亡くなった青年もこの家に食料を配達していたのでした。兄弟はその家に調査に訪れますが、あくまでも全ては神の御意志という母親にサムは亡くなった娘は医者に見せるべきだったと言って責めるのでした。サムはその一家を怪しみますが、ディーンはやはりケースワーカーの ベスが怪しいと言い張り、別行動に出ます。

【転】ドラマ「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン12」第4話のあらすじ3

しかし、事務所で残業するベスは昇進を喜ぶどころか、いかにもウンザリしている様子にディーンは自分の思い違いに気づきます。一方、サムは地下室で母親に背中を鞭打たれる娘マグダの姿を目にします。死は偽装で、ずっとその存在を世間から隠していたことがわかります。しかしサムは一家につかまり、マグダのいる地下に一緒に閉じ込められます。彼女にはサイキック能力があり、母親は彼女の中の悪魔を浄化する為に、虐待し続けていたことがわかります。そして亡くなった二人の被害者は、助けを求める彼女の祈りが招いた思いもよらぬ結果だったのでした。サムは彼女が悪魔ではなく超能力者であり、きっとコントロール出来るようになるとマグダを勇気づけます。しかしその夜、一家心中を図ろうとした母は父親と兄も殺してしまい、怒りを爆発させたマグダは、超能力で母親を殺そうとします。しかしサムの必死の説得で思い留まるのでした。やがて、母親は逮捕され、サムの励ましを受けてマグダはバスで親戚の元へ向かいます。

【結】ドラマ「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン12」第4話のあらすじ4

ディーンの携帯にやっとメアリーからの返信が届きます。音信不通だったのは携帯の電源が落ちてしまっていただけだと判明してホッとした表情を浮かべるディーンでした。マグダは親戚の家へ向かう途中バイクの男に殺されてしまいます。手に十字の入れ墨のあるその男はその後、「ウィンチェスターの尻拭いをした…」と報告の電話をしています。この男こそがロンドンの賢人ケッチなのでした。

ドラマ「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン12」3話

ドラマ「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン12」5話

ドラマ「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン12」のネタバレあらすじ結末まとめTOP