ドラマ「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン11」のネタバレあらすじ結末まとめTOPページ

ドラマ「スーパーナチュラル シーズン11」のネタバレあらすじのまとめページです。各話のネタバレあらすじを掲載していきます。

他シーズンのドラマ「スーパーナチュラル」ネタバレあらすじ

「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン1」ネタバレあらすじ結末まとめ

「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン2」ネタバレあらすじ結末まとめ

「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン3」ネタバレあらすじ結末まとめ

「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン4」ネタバレあらすじ結末まとめ

「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン5」のネタバレあらすじ結末まとめ

「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン6」のネタバレあらすじ結末まとめ

「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン7」のネタバレあらすじ結末まとめ

「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン8」のネタバレあらすじ結末まとめ

「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン9」のネタバレあらすじ結末まとめ

「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン10」のネタバレあらすじ結末まとめ

「スーパーナチュラル/Supernatural シーズン12」のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「スーパーナチュラル シーズン11」ネタバレあらすじ一覧

第1話 新たなる脅威

【2話予告】
サムは自分の身体が蝕まれていく中、感染者を生け捕りにして、治療法を探ります。ディーンはジェナを祖母の家まで送り届けますがアマラが超能力で物を動かし、本性を現し初めるのでした。一方サムは死神ビリーの訪問で逆に解毒のヒントを得ます。ジェナはアマラに魂を喰われてしまい、そのせいで祖母を殺してしまうのでした。今度はディーンを殺そうした彼女をクラウリーが殺し、成長して家を出て行ったアマラを追うのでした。

第2話 魂を食らう者

【3話予告】
ロウィーナは呪いの書によって得たパワーを武器に新たな魔女の集団を作ろうと躍起になっています。一方呪いの力に蝕まれていくカスティエルを救おうとサムとディーンはロウィーナを追います。危うく見境なく人さえも襲い始めたカスティエルでしたが、無事にロウィーナに呪いを解かせる事に成功します。クラウリーはアマラを手なずけようと、望みのままに人間の魂を食べさせますが、それでも足りない彼女はクラウリーの部下の魂にも手を出し始めます。

第3話 悪い種子(たね)

【4話予告】
サムとディーンは狩に向かいます。動物に襲われたような遺体の状況から狼男の仕業と予測しますが、心臓だけでなく、血も無くなっていたことから別の魔物だと気づきます。調査の途中ディーンは副保安官に襲われます。彼こそが魔物のボスでしたが、首をはねても死なず、アイスボックスに首を入れてインパラに積みますが、後で乗せた保安官の妻も実は既に怪物の仲間でした。彼女はディーンを襲い、殴り倒して拘束したままインパラを運転し、ボスの身体を見つけて修復します。ボスはサムを仲間に入れるつもりだとディーンに告げるのでした。

第4話 愛しのインパラ

【5話予告】
ある殺人鬼の記念館で殺人が起こり、二人は現地に行きますが、幽霊紛いの評判は全て作り物だとわかります。しかしその後も次々と続く殺人に、実はアマラの存在が絡んでいることが判明します。彼女が魂を奪った相手が良心や感情を失くして、殺人を犯し続けていたのでした。

第5話 仕組まれた幽霊屋敷

第6話 完璧な世界
第7話 呪いのマスク
第8話 妖精サリー
第9話 地獄の檻
第10話 ルシファーの計画
第11話 弱者を狙う怪物
第12話 ジョディと2人の娘
第13話 愛が招いた魔物
第14話 神の手
第15話 栄光の陰で
第16話 時空を超えた再会
第17話 覚悟の死
第18話 地獄の天使
第19話 恐怖のさえずり
第20話 チャック 再び
第21話 神の思惑
第22話 ダークネスに対抗する軍団
第23話 光と闇

ドラマ「スーパーナチュラル シーズン11」の概要

スーパーナチュラルはその名の通り、超自然の悪霊や悪魔、怪物との闘いを描いたドラマです。しかし、いかにも「ホラー」作品という印象ではなく、どちらかというと主役の二人の兄弟が事件を解決(魔物を退治)しながら旅をするミステリーヒューマンドラマ的な要素が高いです。そして、シーズン4辺りからは世界の終末が絡んだ壮大な話へと発展していきます。このドラマが、シーズン13まで続くほどの大人気ドラマになった所以は、ひとえに主役の兄弟二人の魅力にあるといえます。二人がまだ幼い頃、母親を悪魔に殺されたことから、父親と共に(悪魔や悪霊を狩る)ハンターの道に進みます。しかし宿敵の悪魔に父親は殺され、その後兄弟は力を合わせて両親の仇の悪魔を葬ります。そして、自らも地獄や煉獄へ落ちたり、地獄の檻に閉じ込められたりしながら、やがて悪魔と天使の抗争に巻き込まれますが、天使カスティエルの助けを借り、兄弟は最終戦争を食い止める事に成功するのでした。二人は父方の先祖の血筋、「賢人」の唯一の後継者である事が判明します。神の書記メタトロンはカスティエルを騙して、天界の扉を閉じてしまい、カスティエルは天使達の敵と見なされるようになります。過去から現れた強敵アバドンやメタトロンを倒す為に、ディーンは悪魔クラウリーと結託して、唯一の武器である「原始の剣」を手に入れ、「カインの刻印 」を受け継いでしまいます。アバドンを滅す事に成功しますが、メタトロンには返り討ちにあい、一旦は命を落としますが、刻印の力で悪魔となって蘇ります。サムの必死の治療で、ディーンは元の人間には戻りますが、刻印の力に徐々に支配されて凶暴な人格へと変貌していくのでした。サムは魔法の書を手に入れ、クラウリーの母親で魔女のロウィーナに刻印を消すまじないを探すように依頼します。しかしその作業の途中で、二人の親友で妹のような存在だったチャーリーが命を落とし、ディーンは刻印を消すのは諦めるべきだったとサムを責めます。追い詰められたディーンは死神を呼び出し、自分を殺すように頼み込みますが、刻印を持つ者は死神でも殺せない、そしてもし刻印を消せばそれによって封じ込められている、最も危険な「闇」(ダークネス)が解き放たれてしまうと言うのでした。サムがその場に呼ばれ、「俺は今から死神に遠くへ送られるが、お前は生きている限り俺の事を諦めないだろうから、殺す事にした。」と言われます。サムは事情を受け入れ、覚悟を決めますが、死神の釜を振り降ろしディーンが殺したのはサムではなく、死神の方でした。その直後ロウィーナの魔法が成功し、ディーンの腕の刻印が消えます。そして屋外へ出た二人の目の前で、無数の稲妻が地面に落ち、そこから出てきた黒煙が一かたまりになると地面を覆い尽くしていくのでした。やがて二人の乗り込んだインパラも煙の波に飲み込まれてしまうのでした。

ドラマ「スーパーナチュラル シーズン11」の主要な登場人物、キャスト

ディーン・ウィンチェスター(ジェンセン・アクレス)、4歳の時に母・メアリー(サマンサ・スミス)を悪魔に殺されてから、悪霊や魔物を狩るハンターとして父に育てられます。そして弟のサムを守ることが自分の指名と信じ、サムの身代わりになって地獄へ落ちてしまいますが、天使カスティエルに救われます。やがて弟と共に天使と悪魔の抗争に巻き込まれていきます。サム・ウィンチェスター(ジャレッド・パダッレッキ)ディーンの4つ年下の弟、まじめで実直な性格ですが、意思は強く、頑固な面もあります。彼は普通の生活にあこがれ、魔物狩りを強要する父に反発もしますが、恋人を悪魔に殺され、結果的には兄と共にハンターとしての人生を歩みます。悪魔ルビーに利用され、魔王ルシファーを蘇らせてしまいますが、その責任を取り自らがルシファーを道連れにして地獄の檻に入ります。その後奇跡的に生還しますが、それはトラウマとなって彼の中に残るのでした。カスティエル(ミーシャ・コリンズ)地獄に落ちたディーンを助け出した天使。当初は、神に盲目的に仕える彼でしたが、ディーンやサムとの友情を深めるうちに、彼の中に神の教えや天使の役目への疑問が芽生え始めるのでした。そして時にはディーンやサムの為に天界をも裏切る行為を行うようになりますが、誰よりも気高い心を持つ天使でもあります。魔王ルシファー(マーク・ペルグリノ)神に背き、魔界へ落ちた天使、地獄の最下層の檻に封じ込めらていましたが、復活を遂げ、真の器として求めるサムにいよいよ憑依した時、サムによって《地獄の檻》へと連れ戻されることになります。クラウリー(マーク・A・シェファード)十字路の悪魔たちのボス、やがて地獄の王になります。ルシファー、リバイアサンやアバドンという共通の敵を前にして、ディーンとサムを助ける時もありますが、直ぐに手のひらを返して敵に回ったりする厄介な存在です。しかし実はディーンの事を気に入っていたりします。メタトロン(カーティス・アームストロング)神の書記の天使。人間界の物語(文学)が好きで、現実に起こっている事にはずっと無関心で地上で隠居生活を送っていましたが、その傲慢さから、自身が神になろうとし、カスティエルを利用しますが、やがてその悪業が露見し、天使から追われる身となります。ダークネス(アマラ)(成人後:エミリー・スワロー)遥か昔、神によって封印されし魔物。カインの刻印そのものが封印の役目を果たしていた為、ディーンの腕から刻印が消されたことで、地上に復活します。しかし、実のところ、元々は神にとって身近な存在でした。