「SATC/アンド・ザ・シティ シーズン1」第3話 ネタバレあらすじ結末まとめ

「SATC/アンド・ザ・シティ シーズン1」第3話

「SATC/アンド・ザ・シティ シーズン1」第3話 ネタバレあらすじ

キャリーは既婚の友達ペーシャスのビーチハウスに招かれた。その翌朝、彼女の旦那が下半身裸で立っているのを見てしまう。 そのことをペーシャスに話して、キャリーは家から追い出される。 NYに戻って、スタンフォードと歩いていると、偶然にも元彼と遭遇する。ゲイになっていた元彼に卵子の提供を頼まれ、驚愕するキャリー。そんな中、独身者と既婚者のそれぞれの考え方を知るため、友人夫婦とランチへ行く。 そこで、彼女たちにショーンを紹介され、デートをすることに。 ショーンの引越しパーティーに誘われ、サマンサとシャーロットと3人で行くが、そこにいたのはカップルばかり。

パーティーの後、キャリーは結婚願望の強いショーンとは合わないと振り、シャーロットに紹介する。その頃、サマンサはカップルばかりのパーティーに飽き飽きして、お酒を飲みまくり、泥酔してしまう。
一方、ミランダは、出会い目的の会社のソフトボール大会で、同僚にレズと勘違いされシドを紹介されてしまう。シドと馬が合うと感じたミランダは、自分がレズだったら全部丸く収まるのにと思い、彼女にキスするが、やはり自分はストレートだと実感する。
キャリーに紹介されて、ショーンと付き合うことになったシャーロットはデートを重ねるが、食器の趣味が合わずに、別れる。

SATC/アンド・ザ・シティ シーズン1のネタバレあらすじ結末まとめTOP