ドラマ「プリズンブレイク シーズン4」第9話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン4」9話

大いなる成就

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン4」第9話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン4」第9話のあらすじ1

マイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)達はワイアット・マシューソン(クレス・ウィリアムズ)を捕まえてアジトに引き返しました。マイケル達は、閣下の追手を断ち切るために、ワイアットに閣下へ電話をして、マイケル達を殺したと報告するように命じますが、ワイアットは応じません。拷問を課しても拒否するワイアットに見かねて、サラ・タンクレディ(サラ・ウェイン・キャリーズ)がワイアットを説得します。しかし説得に応じないばかりか、ワイアットはサラを丸め込もうとします。しかしこれはサラ達の作戦で、ワイアットの声を録音して、その一部をつなぎ合わせ、【マイケル達を始末した】というコメントを作ります。そして、閣下の携帯に電話をして、このコメントを流します。それを信用した閣下は、マイケル達を追跡することを中止させます。

【承】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン4」第9話のあらすじ2

マイケル達を殺害したという偽の連絡を受けた閣下は一安心します。しかしその直後、グレッチェン・ルイーズ・モーガン(ジョディ・リン・オキーフ)が銃を持って閣下のオフィスへ乱入します。閣下を殺そうとするグレッチェンでしたが、オフィスにいた部下達に部屋の外へ出るように閣下は命令します。閣下は、グレッチェンとの出会いについて、語りだします。警察学校に入学していたグレッチェンは、精神を病んで警察学校を退学になってしまいました。そのグレッチェンを閣下が拾ったのでした。そして、グレッチェンの娘エミリーの父親も閣下でした。過去の話をされて、グレッチェンは銃を下し、閣下に忠誠を誓います。

【転】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン4」第9話のあらすじ3

ゲート社の地下トンネルから隣のビルに渡り、スキュラの解読機を盗もうとしていたマイケル達は、ゲート社と隣のビルの間に巨大な水道管があることが判明します。水道管の真ん中に穴を空けて、その間に人がギリギリ通れる小さなパイプ管を通して隣のビルに渡ることを考えたマイケル達は、まずは水道局の設備を壊し、一時断水状態にします。水道管に水が流れない間に、小さなパイプを通そうと試みます。なかなか上手くパイプ管を通すことが出来ず、水道が復旧する時刻が迫ってきます。水が流れてくる音がして、誰もが諦めたその時、ベリックが水道管の中に入ってパイプ管を通します。ベリックは水が流されて、死亡してしまします。

【結】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン4」第9話のあらすじ4

ゲート社のオフィスにいるセオドア・バッグウェル-通称ティーバッグ(ロバート・ネッパ—)にも問題が発生します。ティーバッグの上司が失踪した件について、刑事がオフィスにやってきます。刑事はティーバッグと上司の仲が良くなかったことについて、ティーバッグを尋問します。ティーバッグは販売データを改ざんして、上司が不正をしていたとゲート社の責任者に密告します。ゲート社の責任者は会社を守るため、ティーバッグの作り話を刑事にして、ティーバッグはピンチを脱出します。その頃、役目を終えたワイアットは、重しを付けられて埠頭の端に立たされます。息子を殺されたアレクサンダー・マホーン(ウィリアム・フィクナー)は、謝罪を求めますが、ワイアットは謝罪しません。そして重しを付けたまま、海へ落とされてしまいます。

この海外ドラマを無料で観る

プリズンブレイク/Prison Break シーズン4 8話はこちら

プリズンブレイク/Prison Break シーズン4 10話はこちら

プリズンブレイク/Prison Break シーズン4のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「プリズンブレイク」ネタバレあらすじ

プリズンブレイク/Prison Break シーズン2のネタバレあらすじ結末まとめTOP

プリズンブレイク/Prison Break シーズン3のネタバレあらすじ結末まとめTOP