ドラマ「プリズンブレイク シーズン4」第12話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン4」12話

セルフレス

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン4」第12話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン4」第12話のあらすじ1

スキュラの読解機の前からマイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)は動こうとしません。警報装置が作動し閣下達がマイケルのもとへやってきます。マイケルは閣下達から銃口を向けらますが、平然としています。閣下が余裕のコメントをしていると、陰に隠れていたリンカーン・バローズ(ドミニク・パーセル)達が閣下達の背後から飛び出してきます。閣下に銃口が向けられ、閣下達は自分の銃を手放します。閣下が持っている最後のスキュラを入手するために、マイケルはわざと閣下に見つかるように策を練ったのでした。閣下はスキュラが6枚無いと意味が無いと言いますが、マイケルは閣下の目の前に6枚のスキュラを並べます。

【承】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン4」第12話のあらすじ2

閣下達を人質に取り、閣下のオフィスへ籠城したマイケル達でしたが、ビルの下では閣下の部下達が厳重に警備を固めます。閣下はマイケル達に自分を解放し、スキュラを返してくれたらば、必要なものは渡すと交渉をします。マイケル達が部下達に取り囲まれていることを説明し、お前たちは逃げられないと言います。マイケルは何かを待っている様子でしたが、遂に携帯が鳴ります。電話の主はサラ・タンクレディ(サラ・ウェイン・キャリーズ)で、閣下の娘リサを人質にとっていました。マイケルは電話を閣下に突出し、リサが閣下に助けを求めます。サラが人を傷つけることなど出来ないと閣下は言いますが、やがてマイケル達をビルから無事に出すように部下へ命令します。

【転】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン4」第12話のあらすじ3

グレッチェン・ルイーズ・モーガン (ジョディ・リン・オキーフ)の罠に嵌ってウェンに捕まってしまったドナルド・セルフ(マイケル・ラパボート)とトリシャンは、一瞬の隙を見てウェン達を殺して逃げ出します。その頃、ゲート社にいたグレッチェンは、セオドア・バッグウェル-通称ティーバッグ(ロバート・ネッパ—)の上司に、持っていた武器を見つかってしまいます。警察に通報しようとする上司にマシンガンを向けるグレッチェンとティーバッグは、ゲート社の社員達を人質に取って、ゲート社に立て籠もります。ゲート社に戻ったトリシャンは人質達を逃がそうとしますが、それを見たグレッチェンは人質に発砲します。トリシャンも銃で応戦しますが、グレッチェンは逃走します。しかしティーバッグはトリシャンに捕まってしまいます。

【結】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン4」第12話のあらすじ4

スキュラと読解機を奪ったマイケル達は、閣下の追手から何とか逃げ切ります。ドナルドと連絡を取り、無事スキュラを渡したマイケル達は、ミッションを完了しました。ドナルドからアジトに戻って待っていれば、政府関係者が迎えに来て、書類にサインをして自由の身になると言われます。アジトで待っていたマイケル達でしたが、一時間経っても迎えが来ないので心配になります。ドナルドに電話をしても通じなく、彼から手渡された封筒を開けてみると、そこには白紙の紙が入っていました。マイケル達はドナルドに騙されたことに気が付きます。その頃、ティーバッグを連れてドナルドと合流したトリシャンは、ドナルドから良く頑張ったと褒められます。しかしその直後、ドナルドはトリシャンを撃ち殺します。

この海外ドラマを無料で観る

プリズンブレイク/Prison Break シーズン4 11話はこちら

プリズンブレイク/Prison Break シーズン4 13話はこちら

プリズンブレイク/Prison Break シーズン4のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「プリズンブレイク」ネタバレあらすじ

プリズンブレイク/Prison Break シーズン2のネタバレあらすじ結末まとめTOP

プリズンブレイク/Prison Break シーズン3のネタバレあらすじ結末まとめTOP