ドラマ「プリズンブレイク シーズン3」第7話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」7話

オオカミ少年

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」第7話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」第7話のあらすじ1

サラ・タンクレディ(サラ・ウェイン・キャリーズ)が殺されたのは、ジェームズ・ウィスラー(ジェイソン・デイビス)の責任だと思ったマイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)は、ウィスラーに決闘を申し込みます。しかし、これはマイケルの芝居でした。決闘になると、囚人たちは中庭に出て観戦をするので、刑務所房には人影が消えます。刑務所房の窓から脱獄を計画していたマイケルは、囚人達が皆、中庭に集まる状況を作り出したかったのでした。

【承】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」第7話のあらすじ2

マイケルとウィスラーは、太陽の光線で監視塔から死角が出来る3時13分を待ちます。そして、ソフィアが狙撃兵のコーヒーをすり替えることに成功し、1人の狙撃兵は睡眠薬で眠りに落ちます。マイケル達は窓から脱獄をしますが、太陽が雲に隠れ死角が無くなってしまいます。慌ててマイケル達は梯子を逆戻りして刑務所房へ戻ります。そこへ決闘の開始時間が来たとサミーが現れます。2人は中庭へ連れて行かれ、決闘開始します。2人は嫌々、決闘を行いますが、囚人達にそれを見破られ、石を投げつけられます。

【転】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」第7話のあらすじ3

石を投げ付けられたウィスラーは、マイケルに本気で襲いかかります。マイケルにトドメを刺そうとするウィスラーでしたが、その時に警報が鳴り響きます。マイケル達が使った梯子が警備隊に見つかったのでした。警備隊が中庭になだれ込み、決闘は中止となります。脱獄が失敗したことを知ったグレッチェン・ルイーズ・モーガン – 偽名スーザン(ジョディ・リン・オキーフ)は、人質LJを連れて撤収します。それを見ていたフェルナンド・スクレ(アマウリー・ノラスコ)が体を張って止めて、リンカーンはもう一度チャンスを欲しいとスーザンに頼み込みます。

【結】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」第7話のあらすじ4

FBIと取引したアレクサンダー・マホーン(ウィリアム・フィクナー)は、諮問会を控えていました。諮問会がなかなか始まらないマホーンは、薬が切れ始めて精神状態が不安定になります。FBIが自分を罠に嵌めようとしているとマホーンは疑い始めます。その頃、騒ぎが収まったSONA刑務所では、騒ぎを起こしたマイケルをノーマン・セント・ジョン – 通称ルチェロ(ロバート・ウィスダム)が取り押さえます。ナイフをマイケルの喉に突き付けたルチェロは、他の人間が居ないことを確認して、自分も脱獄させろとマイケルを脅迫します。

この海外ドラマを無料で観る

プリズンブレイク/Prison Break シーズン3 6話はこちら

プリズンブレイク/Prison Break シーズン3 8話はこちら

プリズンブレイク/Prison Break シーズン3のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「プリズンブレイク」ネタバレあらすじ

プリズンブレイク/Prison Break シーズン4のネタバレあらすじ結末まとめTOP