ドラマ「プリズンブレイク シーズン3」第6話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」6話

3時13分

ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」第6話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」第6話のあらすじ1

監視塔を監視していたことがバレたマイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)達は、脱獄方法を再度考える必要に迫られます。アレクサンダー・マホーン(ウィリアム・フィクナー)は、監視塔にいる狙撃兵の1人が、必ず同じコーヒーを飲んでいることに気が付きます。捨てられたコーヒーカップを拾ったマイケル達は、リンカーン・バローズ(ドミニク・パーセル)にこのコーヒーを売っている店を見つけて、狙撃兵が買うコーヒーに睡眠薬を入れるように依頼します。そして、マイケルはサラ・タンクレディ(サラ・ウェイン・キャリーズ)が生きている証拠写真を、もう一度カンパニーに持って来させるようにリンカーンに依頼します。

【承】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」第6話のあらすじ2

ジェームズ・ウィスラー (ジェイソン・デイビス)のことを知っていると言っていた新入りの囚人にマイケルは声を掛けます。新入りの囚人は、仏ニースのアンバサダーホテルで、ウィスラーと一緒に働いていたと証言します。同じ頃、マホーンは、FBIの部下ラングの訪問を受けます。法廷で証言をする代わりに、SONA刑務所からアメリカの刑務所へ移送する取引を受けるマホーンでしたが、アメリカで8年も服役する条件を受け入れる事は出来ませんでした。

【転】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」第6話のあらすじ3

新入りの囚人が殺され、ウィスラーが容疑者としてノーマン・セント・ジョン – 通称ルチェロ(ロバート・ウィスダム)に拘束されます。刑務所内の秩序を乱したとして、ルチェロはウィスラーを殺そうとします。マイケルが真犯人を見つけると言い、少しの猶予を貰います。マイケルは、マホーンのベッドに隠された血が付いたナイフを発見します。ウィスラーを救うため、マホーンが真犯人であることをルチェロに告げるマイケルでしたが、マホーンはFBIとの取引を受け入れ、SONA刑務所を後にする所でした。

【結】ドラマ「プリズンブレイク/Prison Break シーズン3」第6話のあらすじ4

監視塔の狙撃兵が通うコーヒーショップを見つけたリンカーンでしたが、睡眠薬入りのコーヒーと差し替えることに失敗します。ウィスラーの恋人ソフィアが狙撃兵の車に忍び込み、コーヒーを差し替えようとします。リンカーンはその足で、マイケルに面会しに行きます。マイケルから頼まれていたサラの写真を見せに行くためでした。しかしその写真はカンパニーが偽造したもので、その出来は酷くマイケルに見せれば、直ぐにバレてしまうものでした。リンカーンはサラが殺されたことと、それを言えなかったことをマイケルに告白します。

この海外ドラマを無料で観る

プリズンブレイク/Prison Break シーズン3 5話はこちら

プリズンブレイク/Prison Break シーズン3 7話はこちら

プリズンブレイク/Prison Break シーズン3のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「プリズンブレイク」ネタバレあらすじ

プリズンブレイク/Prison Break シーズン4のネタバレあらすじ結末まとめTOP