ドラマ「プリズンブレイク シーズン1」14話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「プリズンブレイク シーズン1」14話

密告者

ドラマ「プリズンブレイク シーズン1」第14話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「プリズンブレイク シーズン1」第14話のあらすじ1

脱獄を決行したマイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)達でしたが、医務室へ通じる通路が使えなくなったことで、計画を断念して自分の房へと引き返します。房へ引き返したマイケルは、刑務所長のヘンリー・ホープ(ステイシー・キーチ)が、リンカーン・バローズ(ドミニク・パーセル)の死刑執行について、メディアに発表したことを知ります。マイケルは医務室へ行き、サラ・タンクレディ(サラ・ウェイン・キャリーズ)に彼女の父親である州知事に死刑執行を取りやめるように、お願いして欲しいと依頼を行います。しかし、父親は自分のお願いは絶対に聞かないとサラはマイケルに伝えます。

【承】ドラマ「プリズンブレイク シーズン1」第14話のあらすじ2

マイケルは刑務所の運動場で、チャールズ・ウェストモアランド(ミューズ・ワトソン)にリンカーンの死刑執行を取りやめる方法は無いかを聞きます。ウェストモアランドは、以前、電気椅子が故障して死刑執行が3週間延期になった死刑囚がいたことをマイケルに伝えます。マイケルは自分の房の戻ると、地下道へ行きネズミを捕まえます。その頃、死刑の準備に追われるホープと看守たちは、電気椅子がしっかり起動するか確認をします。電気椅子はしっかりと作動して、リンカーンの死刑執行の準備は整います。

【転】ドラマ「プリズンブレイク シーズン1」第14話のあらすじ3

ベロニカ・ドノバン(ロビン・ターナー)とニックは、シークレットサービスのポール・ケラーマン(ポール・アデルスタイン)が同僚のヘール捜査官を銃殺したことを裁判官に告げ、リンカーンの事件には裏に陰謀がうごめいており、死刑執行を中止するように求めます。しかし、証拠が何もないことから、ベロニカの主張は退けられます。一方、サラは父親の州知事にリンカーンの死刑執行を中止するように依頼しますが、父親は首を縦に振りません。サラは事件の関連書類を渡し、その場から去ります。その頃、ブラッド・ペリック(ウェイド・ウィリアム)は、トィーナーからマイケル達の動向を聞きます。マイケルが電気椅子の故障で死刑執行が延期した死刑囚が居た事を話していたとトィーナーはペリックに伝えます。

【結】ドラマ「プリズンブレイク シーズン1」第14話のあらすじ4

ペリックは電気椅子を再度チェックすると、故障していることが発覚します。地下道にある電源を調べた工事業者とペリックは、ブレーカーにネズミが引っかかっていることが故障の原因であることを突き止めます。電気業者は修理には手続きが必要で時間がかかると言いますが、ペリックは工事業者を脅し、直ぐに修理をさせます。準備が整い、リンカーンの死刑執行の時間が迫ります。リンカーンは電気椅子へ連行される時、州知事からホープへ電話が入ります。皆がサラの訴えが通じたのかと思いましたが、州知事は事件資料を再度見たが、死刑が妥当であると判断したとホープへ告げます。リンカーンは別れのハグをマイケルやベロニカとして、電気椅子に座ります。

ドラマ「プリズンブレイク シーズン1」13話

ドラマ「プリズンブレイク シーズン1」15話

ドラマ「プリズンブレイク シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「プリズンブレイク」ネタバレあらすじ

ドラマ「プリズンブレイク シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「プリズンブレイク シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「プリズンブレイク シーズン4」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「プリズンブレイク シーズン5」のネタバレあらすじ結末まとめTOP