ドラマ「メンタリスト シーズン6」のネタバレあらすじ結末まとめTOPページ

ドラマ「メンタリスト シーズン6」のネタバレあらすじのまとめページです。各話のネタバレあらすじを掲載していきます。

他シーズンのドラマ「メンタリスト シーズン6」ネタバレあらすじ

ドラマ「メンタリスト シーズン4」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン5」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン6」ネタバレあらすじ一覧

第1話「砂漠のバラ」

【2話予告】
リズボンは廃屋で見つかり病院に運ばれました。テーザー銃での火傷の傷だけですが念の為入院する事になります。リズボンは携帯電話の追跡は危険だったと止めることすると言いました。リズボンの入院中はチョウが臨時の責任者になりました。入院中のリズボンのところにレッド・ジョンの候補の一人のヘイ・ハフナー(リード・ダイアモンド)が見舞いにきました。ハフナーはリズボンにレッド・ジョンの質問をしますがリズボンは答えません。

第2話「黒い翼の赤い鳥」

【3話予告】
ナパで起こった殺人事件の捜査に向かいます。しかし、パトリックはレッド・ジョンの候補のマカリスター保安官のことを調べるためでした。殺人事件の被害者は結婚式に参列する予定だった新婦の叔父さんでした。結婚式のパーティーの時に犯人を見つけるためにリグスビーは時間稼ぎのスピーチをします。そのスピーチでリグスビーはヴァンペルトにプロポーズをするのです。

第3話「血塗られた結婚式」

【4話予告】
パトリックは自分の部屋にレッド・ジョンの候補の名前を貼っていました。誰かが部屋に入り見ることを前提に偽の名前を貼っていたのでした。殺人事件が起こり、パトリックが考えた偽の候補たちの命が狙われていると知ったリズボンは候補たちの警護をすることにします。捜査をしていくと思っていた以上の組織がわかってきます。

第4話「レッド・ジョン・リスト」

【5話予告】
有名な体操コーチのパークマンがホテルの部屋で殺されているのが発見されます。ジムの経営をしていてビジュアライズの信者でした。そのため、教団のクーパーはハフナー(リード・ダイアモンド)が捜査に加わる言いと断るリズボンに副知事の署名入りの文章を渡し捜査に加わることになりました。

第5話「赤いタトゥー」

【6話予告】
パトリックはタトゥーを手掛かりにレッド・ジョンの候補の五人を同じ場所に集めてタトゥーを調べることにします。しかし、スタイルズはFBIに追われていて失踪しています。パトリックは五人を集めることに成功します。五人のタトゥーを調べると三人に同じタトゥーがあったのです。

第6話「地獄の炎」

【7話予告】
パトリックの自宅は爆破されました。レッド・ジョンの候補の五人の中の三人が死亡したと確認されました。パトリックは意識不明で入院しています。CBIのバートラム局長は逃げ出し指名手配されます。FBIのスミスは銃で撃たれCBIに投降します。

第7話「偉大なるレッド・ドラゴン」

【8話予告】
パトリックにバートラムから電話があり会うことになります。FBIは電話を調べていてパトリックに逮捕令状がでてしまいます。FBIに一度は捕まりますがリズボンの車でパトリックはバートラムに会いに向かいます。パトリックはFBIの追跡を上手くかわして待ち合わせ場所にたどり着きました。

第8話「レッド・ジョン」

【9話予告】
2年の月日が経っています・パトリックは南の島でのんびり過ごしています。そこにFBIのデニスが現れコンサルタントとしての仕事の誘いに来ました。断ったパトリックでしたが考え直しアメリカに戻ることにします。FBIには捜査官としてチョウがいました。

第9話「青い楽園」

【10話予告】
リズボンは拘留施設に拘留されているパトリックをFBIの捜査に協力する説得のため会いに行きます。パトリックは協力することにしますがリズボンも捜査に協力するように言われてパトリックと仕事をすることになりました。捜査の協力中にパトリックは姿を消してしまいます。

第10話「緑の屋上庭園」

【11話予告】
麻薬取締局の事務所が襲われて警官が殺されます。防犯カメラの映像で狙撃犯の3人の容疑者の身元がわかります。ところが容疑者の3人が遺体で発見されます。麻薬カクテルの幹部を射殺し警察への報復ではないかと捜査していきます。

第11話「白線」

【12話予告】
国防総省から依頼を受けて軍用の地図のソフトを作成している男がフラフラで下着一枚の姿で薬物の過剰摂取のため死んでしまいます。務めていたコンピューター会社を調べると社内にスパイがいてデーターを盗んでいるかもしれないと疑っていたようです。

第12話「金のハンマー」

【13話予告】
メキシコのフアレスでアメリカの公選弁護人の女性の遺体が見つかります。女性の名前はファーロックで遺体を見ていたパトリックが潜入していたと気が付きます。一方では、リグスビーとヴァンペルトは盗聴されていた携帯電話の調査をします。

第13話「黒いヘリコプター」

【14話予告】
リグスビーとヴァンペルトと娘が何者かに銃で襲撃されます。二人はコンサルタントとしてFBIの捜査に加わることになります。容疑者は12人います。パトリックの意見で12人の容疑者の中からさらに容疑者をしぼりリズボン、チョウ、リグスビーとヴァンペルトは捜査を始めます。パトリックは石油の掘削現場でおこった別の事件を手伝うことになります。

第14話「灰色の水」

【15話予告】
ヴァンペルトはモーテルで寝ているところを何者かに誘拐されてしまいます。容疑者の男にはアリバイがあります。リグスビーはパトリックに助けを求めます。パトリックとリグスビーは容疑者の男をだましてヴァンペルトの元へ案内させるのです。

第15話「白い吹きだまり」

【16話予告】
パトリックFBIの別の部署の事件の手伝いをすることにします。パトリックは美術品を盗む窃盗グループを罠にかけることを提案します。捜査官たちはパトリックの提案通りに動き上手く騙して殺人と窃盗の犯人を見つけることができました。

第16話「すみれの花束」
第17話「銀の翼が時を越え」
第18話「緑の森」
第19話「茶色い目の少女たち」
第20話「白いテーブル」
第21話「黒い取引」
第22話「青い鳥」

ドラマ「メンタリスト シーズン6」の概要

CBIの捜査コンサルトのパトリック・ジェーンは人の心を読み、ウソを見破ることができます。捜査に参加して事件解決の手助けをします。パトリックは以前、サイキックとしてテレビに出演などをしていました。そのとき、連続殺人鬼のレッド・ジョンの事件についての発言で、レッド・ジョンを怒らせてしまい、妻と娘を殺されてしまった過去があります。レッド・ジョンは血でスマイルマークを書き残したり詩を言い残したりなどヒントを残してパトリックを刺激します。パトリックはシーズンを通してレッド・ジョンに復讐することを生きがいにレッド・ジョンを追いつめます。しかし、もう少しのところで逃げられてしまいます。シーズン6ではレッド・ジョンの正体がわかるのでしょうか。レッド・ジョンのヒントからパトリックは握手したことのある人2164人を思い出してレッド・ジョンの候補をしぼりこみます。パトリックは復讐することができるのでしょうか。パトリックの千里眼で事件が解決していくところがおもしろいです。パトリックの思考や行動は突飛なことが多く、周りの捜査官は振り回されてしまいます。パトリックは嫌味なところがありますが、優しく笑顔がかわいく子どもの様に無邪気なところもあります。CBIの捜査官のリーダのテレサ・リズボンはパトリックに呆れ怒りながらも頼りにしているようです。二人のやり取りもおもしろく恋愛関係になるのかもと気になるところです。

ドラマ「メンタリスト シーズン6」の主要な登場人物、キャスト

パトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)
テレサ・リズボン(ロビン・タニー)
キンブル・チョウ(ティム・カン)
ウェイン・リグスビー(オーウェン・イオマン)
グレース・ヴァンベルト(アマンダ・リゲッティ)