ドラマ「メンタリスト シーズン6」6話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「メンタリスト シーズン6」6話

地獄の炎

ドラマ「メンタリスト シーズン6」第6話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「メンタリスト シーズン6」第6話のあらすじ1

パトリック(サイモン・ベーカー)は自分の部屋でリズボン(ロビン・タニー)、チョウ(ティム・カン)、ヴァンペルト(アマンダ・リゲッティ)、リグスビー(オーウェン・イオマン)にレッド・ジョン(サンダー・バークレイ)の左肩にタトゥーがあると分かったので候補の五人を一度に集めて調べることを話しました。リズボンは調べる席に同席する事を条件に賛成しました。パトリックは候補の五人に木曜日の八時に話があるのである場所に来てほしい、場所は後日連絡すると話します。候補の一人のスタイルズ(マルコム・マクダウェル)だけは行方不明なので探すことになりました。

【承】ドラマ「メンタリスト シーズン6」第6話のあらすじ2

スタイルズはFBIから追われているので隠れているのです。情報を集めるとエクアドル領事館にいることがわかり、ヴァンペルトは木曜日の八時の件を伝えに行きます。スタイルズは参加できないと答えました。パトッリクは直接会いに行くことにします。スタイルズはガンが血液に転移したので余命は少しだと話します。パトリックは見張っているFBIをだましスタイルズを外に出られるようにしました。パトリックは候補の五人に場所をメールで知らせました。

【転】ドラマ「メンタリスト シーズン6」第6話のあらすじ3

パトリックとリズボンはマリブのパトリックの自宅に向かっています。その途中にパトリックは夕陽が見たいと二人は車から降りて夕陽を眺めます。パトリックはリズボンに「感謝している」とハグをして「サプライズがある」と車に戻るとリズボンを残したまま車で走りだしました。リズボンの携帯電話は抜き取っていました。パトリックは自宅の部屋に銃などを隠して準備をしています。リズボンは通りがかりの車を借りパトリックの自宅に向かいながら警察に応援の連絡をしました。

【結】ドラマ「メンタリスト シーズン6」第6話のあらすじ4

パトリックは候補者五人に「この中にレッド・ジョンがいる」と話し始めます。パトリックはショットガンを向けると銃を床に置かせました。レッド・ジョンには左肩に丸い三つのタトゥーがあるので服を脱いで肩を見せるように言いました。五人をみるとなんとマカリスター(サンダー・バークレイ)、スミス(ドリュー・パウエル)、バートラム(マイケル・ガストン)の三人に同じタトゥーがありました。パトリックは三人を壁の方へ行くように指示をしました。そして銃声が聞こえます。リズボンはパトリックの自宅に到着しました。リズボンはパトリックと五人の候補が集まっている部屋に向かっていると突然建物が爆発したのでした。

ドラマ「メンタリスト シーズン6」5話

ドラマ「メンタリスト シーズン6」7話

ドラマ「メンタリスト シーズン6」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「メンタリスト」ネタバレあらすじ

ドラマ「メンタリスト シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン4」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン5」のネタバレあらすじ結末まとめTOP