ドラマ「メンタリスト シーズン5」のネタバレあらすじ結末まとめTOPページ

ドラマ「メンタリスト シーズン5」 のネタバレあらすじ結末まとめページです。各話ごとのあらすじネタバレをまとめていきます。

ドラマ「メンタリスト」他のシーズンリスト

ドラマ「メンタリスト シーズン4」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン6」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン5」ネタバレあらすじリスト

第1話 赤いガラス玉 The Crimson Ticket

【2話予告】
ダイヤの研磨氏が惨殺される事件が起こります。
殺人現場の邸宅の台所で、ジェーンは勝手にお茶を作って飲みます。飲んですぐにジェーンはひきつけを起こして倒れてしまいます。
ジェーンが使った茶葉は毒性の強い幻覚作用をもつものであることが分かります。

第2話 血染めのダイヤ Devil’s Cherry

【3話予告】
ジェーンは靴を修理しに靴屋を訪れます。
ジェーンが靴の修理が終わるのを店で待っていると銃声が聞こえます。外を見ると近くの銀行を襲った銀行強盗が金を奪って逃げるところをみつけます。

第3話 金庫の赤い血 Not One Red Cent

【4話予告】
リグズビーが息子と朝を過ごしていると、CBIが訪ねてきます。
リグズビーは息子の前で連行されていきます。
CBIの部内は沈んだ雰囲気で、そこに連行されたリグズビーが取調室に入っていきます。

第4話 血の抗争 Blood Feud

【5話予告】
ジェーンがCBIコンサルタントに就任することになった経緯が分かります。
妻子を殺されてから行方不明になっていたジェーンはある日ボロボロの格好でCBIを訪れます。
レッド・ジョンの資料を見たいというジェーンをリズボンは追い返そうとしますが、ジェーンの挑発に乗せられた捜査官の一人がジェーンを殴ってしまいます。

第5話 赤い朝焼け Red Dawn

【6話予告】
ジェーンはローレライの脱走に手を貸した可能性のある護送車の運転手たちに質問をします。
しかしリズボンからの電話で事件現場に行くことになります。
住宅街で警備員の射殺体がみつかり、現場で情報を集めるために住民を一か所に集めますが、その中で一人、ジェーンは気になる人物を見つけます。

第6話 赤ワインとピザ Cherry Picked

【7話予告】
州立公園で、自動車が崖から落ちる事故が起こります。
車の中でまだ生きていた女性を何者かが窒息させて殺します。
被害者の女性はテレビ局のレポーターであることがわかり、リズボンとジェーンは職場に聞き込みに行きます。

第7話 茜色の転落 If It Bleeds, It Leads

【8話予告】
映画館で映画を見るスタイルズの隣にジェーンがやってきます。ジェーンは頼んだ件について聞きますが、スタイルズは、ジェーンにリスクが高すぎると忠告します。しかし食い下がるジェーンにスタイルズは、分かった、と答えます。
ジェーンはスタイルズに手を回してもらい、ローレライを脱獄させます。

第8話 夕陽に包まれた船 Red Sails in the Sunset

【9話予告】
元ギャングで今は不動産会社のレムが、鈍器で複数殴られゴルフ場で遺体で発見されます。
遺体はゴルフウエアでなく、池のほとりにタイヤの跡があったため、どこか他所で殺されここに遺棄されたとリズボンは推察します。

第9話 ブラック・チェリー Black Cherry

【10話予告】
ロッククライミングジムで、背中を撃ち抜かれて死んでいる男が見つかります。リズボンは現場に来ないジェーンに電話し、レッド・ジョンに執着しすぎだと言うと、現場に来るよう諭します。
ジェーンは被害者の部屋を見て、被害者の人となりを当てていきます。そして部屋が誰かが荒らしてまた整えた後だと気づきます。部屋を観察していき、ジェーンは隠し金庫を見つけます。

第10話 パナマ・レッド Panama Red

【11話予告】
ヴォルカーを逮捕したいリズボンはアマンダの再解剖をし、自殺でないことを証明した文書をもって判事の元を訪れます。リズボンは判事にヴォルカーの記録を調べる礼状を出してほしいと頼みます。
若い女性の遺体が公園で発見されます。遺体を観察したジェーンは女性がモデルで、恋人に会いに来たのかもしれないと推察します。

第11話 ルビーのネックレス Days of Wine and Roses

【12話予告】
解体業者が、二か月前に絞殺された男の遺体を工場で発見します。遺体は、ヴォルカーが所有しているエネルギー会社の地質学者であることが分かります。
現場に行ったジェーンは、工場の隅に隠れていたラジコンカーを見つけ疑問を抱きます。

第12話 小さな赤い車 Little Red Corvette

【13話予告】
リズボンは部屋に籠るジェーンを連れ出し、事件現場に向かいます。
身元不明の二十代の男性が銃に撃たれて死亡した現場にリズボンとジェーンが向かいます。現場でリグズビーが遺体に何かついていると言い、リズボンは顔を近づけ確認しようとします。すると死んでいた男性が目を開け、リズボンにキスをすると10周年おめでとうと叫びます。
すると隠れていた大勢の同僚が出てきて、リズボンのCBI就任10周年を祝うサプライズパーティーが始まります。

そこにチョウに事件の電話が入ります。主役のリズボンは置いていくことにし、ジェーンとチョウが現場に向かいます。
エリストンという町にある古い納屋の地下で白骨化した遺体が三体見つかります。遺体は20年から25年前のものだと分かります。

第13話 赤い納屋 The Red Barn

【14話予告】
ポーカーをしているリズボンに事件の連絡が入り、北カリフォルニア大の自然史博物館に行きます。実験室にある大量の虫が入った箱の中で遺体が見つかります。遺体は虫に食べられており、残っていたリングから、遺体は行方不明になっていたリンダだと判明します。

第14話 血の生き残りレース Red in Tooth and Claw

【15話予告】
大富豪エリース・ヴォーゲルソングが灰になって見つかります。リズボンとジェーンはヴォーゲルソングが一人で住んでいたお屋敷に向かいます。
現場でリズボンが遺体の発見者である警備員から話を聞きます。警備員はヴォーゲルソングの医師から連絡が取れないので様子を見てくるよう言われ屋敷に来ると、焦げ臭いにおいがし書斎で遺体を見つけ通報したと話します。

第15話 豪邸に燃える炎 Red Lacquer Nail Polish

【16話予告】
ローレライは自宅で待ち伏せをし、虐待被害者用シェルターを運営するジュリアという女性を縛りつけ、妹について尋問します。ローレライは答えない女性に拷問します。耐え切れなくなった女性はローレライの妹が死んだのは自分のせいだと話します。
リビングの隠しカメラに映っていたローレライと女性の映像をリズボンとジェーンが見ます。映像には、最後にローレライが女性に何度も発砲するのが残されていました。

第16話 そこにはやはり血が There Will Be Blood

【17話予告】
事件でワイオガ湖 聖セバスチャン教会にリズボンとジェーンは行きます。警察署長のファーが二人を迎えます。署長は被害者はルーシー・グリーンで喉を切られて殺害されていること、陸軍のIDを所持しており現役の伍長だと説明します。
リズボンとジェーンが署長から説明を受けていると、陸軍が来て、陸軍が調査するので手を引くように言ってきます。

第17話 赤と白と青 Red, White and Blue

【18話予告】
新作ミュージカルの資金集めのパーティー会場のホテルの部屋から女性が転落死します。
被害者はミュージカルの出演者のシャロンという女性で、パーティーの開始時刻に転落死したことを現場でチョウがリズボンに報告します。
リズボンが現場に来るようジェーンに電話しますが、ジェーンはレノンがいる病院から離れたがりません。

第18話 赤いカーテンの裏側 Behind the Red Curtain

この海外ドラマを無料で観る

【19話予告】

チョウはジェーンと一緒に事件現場であるパーシーの町に向かいます。
現場でリグズビーは被害者は町を所有していたホリス・パーシーだと説明します。
ジェーンは遺体の周りを嗅ぐと、ジンの匂いがすると話します。事件現場を調べていると外で発砲の音がし、チョウとリグズビーが急いで外に出てみると、西部劇が行われていました。

第19話 朱に染まる町 Red Letter Day

【20話予告】
リグズビーとチョウ、ヴァンペルトが事件現場に駆け付けます。リグズビーがジェーンに電話をすると、ジェーンは忙しくて現場に行けないが電話で手伝うと話します。
チョウは、ミッシー・ロバーツが射殺体で浴室で見つかり、廊下とクローゼットにいくつか弾の跡があると話します。ジェーンは夫の様子、寝室の様子、キッチンの様子を尋ねます。
ジェーンは話を聞き終えると、夫婦間は上手くいってなかったはずから夫と話せと指示します。

第20話 レッドベルベットケーキ Red Velvet Cupcakes

【21話予告】
リズボンは電話に出ないジェーンを心配し、部屋を訪れます。
ジェーンはレッドジョンについて静かに考えたいと話しますが、リズボンはラローシュの家に死体が転がっており、ジェーンを指名していると話します。
現場でリグズビーがリズボンに説明します。リグズビーはラローシュが出張から戻った時に金庫を荒らす二人を発見し撃ち合いになったと説明します。

第21話 赤く腫れた手首 Red and Itchy

【22話予告】

リズボンが部屋にジェーンを呼びに行くと、ジェーンはベランダで何かを燃やしています。ジェーンはリズボンにレッドジョンに近づいていると話すと、ソファで眠り込んでしまいます。
モーテルで殺人が起き、リズボンはジェーンを起こしに行きます。起きたジェーンにリズボンは、犯人はレッドジョンかも知れないと伝えます。
リズボンとジェーンが現場に行くと、パートリッジがおり、ジェーンにレッドジョンの模倣犯だろうと話しますがジェーンは現場を確認すると、レッドジョンの仕業だとリズボンに話します。

第22話 レッド・ジョンのルール Red John’s Rules

ドラマ「メンタリスト」とは

メンタリストとは心理主義者、心理テクニックを駆使する人という意味であり、当然このドラマの面白味は、そこにあります。

主人公のパトリック・ジェーンは過去に霊能力者、占い師をしていました。その時に怒らせてしまった通称「レッドジョン」という者に妻子を殺されてしまいます。失意の底で、ジェーンはその稼業からは足を洗います。
その後CBIのコンサルタントという立場でCBIに捜査協力していくことになります。霊能力は嘘だったとパトリック自身が公言していますが、彼の持つ鋭い観察眼、独特な視点、心理作戦はCBIの大きな戦力となります。
容疑者のちょっとした仕草や表情、あるいは持ち物などからジェーンはその人の人間関係から趣味嗜好、性格までも当て、数々の事件を解決していくことになります。

このドラマの核は、「レッドジョン」を追っていくストーリーではありますが、それとは別の事件が大概一話で解決されていきます。
このスピード感と、ジェーンの目から鱗が落ちるような事件解決方法にくぎ付けになってしまうことは必至です。

また、このドラマの魅力として外せないのが、なんといってもジェーンのキャラクターです。
笑顔がステキで、どこか飄々としていて、コミカルな面があるかと思えば、犯人を導き出す時の毅然としたジェーン。そして普段は明るいジェーンが抱えている妻子を亡くした暗い過去。
ジェーンには陰と陽、静と動が合わさったような魅力があります。
事件だけでなく、ジェーンから目が離せないメンタリストファンも多いことでしょう。

ドラマ「メンタリスト シーズン5」のあらすじ、概要

メンタリストの舞台は各地で凶悪犯罪の捜査にあたるCBI(カリフォルニア州捜査局)です。
かつてはニセ霊能力者としてテレビで人気者だったパトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)がCBIの捜査コンサルタントになり、最愛の妻と娘を殺害したレッドジョンの正体を追いながら数々の凶悪事件を解決していく物語です。

シーズン4で拘束されたローレライのこれからです。レッド・ジョンの手先で拘束された人は今まで何人もいましたが、拘束されるとジェーンがレッド・ジョンの正体を聞き出そうとしても口を割らず自殺するかレッド・ジョンに殺されていました。ローレライも死んでしまうのか、それともローレライはジェーンに協力してくれるのか気になります。
なんといっても最大のみどころはジェーンとレッド・ジョンの距離が近くなります。ジェーンがレッド・ジョン候補を7人まで絞ります。レッド・ジョンの正体追及まであと少しです。

ドラマ「メンタリスト シーズン5」の主なキャスト、登場人物

– パトリック・ジェーン
観察することで人の心を読み心理を巧みに操ることができます。メンタリストのスペシャリストです。
ニセ霊能者だった頃、テレビでレッド・ジョンを馬鹿にした結果レッド・ジョンの怒りを買ってしまい家族が殺されてしまいました。その事件がきっかけとなりCBIの犯罪コンサルタントになったのです。レッド・ジョンへの復讐に燃えており、レッド・ジョンがらみの事件が起こると周りが見えなくなる傾向があります。

– テレサ・リズボーン(ロビン・タニー)
CBIの捜査チームを率いる上級捜査官。行動力に優れておりとても優秀なリーダーです。部下のみならず上司からの信頼も厚いです。ジェーンに信頼をよせています。

– キンブル・チョウ(ティム・カン)
CBI捜査官です。口数少なく真面目です。元軍人の為、鍛えられた肉体を駆使して犯人確保に貢献します。特に半袖から見える二の腕の筋肉がすばらしいです。

– ウェイン・リグスビー(オーウェン・イオマン)
CBI捜査官です。サンディエゴの放火捜査課で経験を積んでいる為、火災がらみの事件ではすごい活躍をみせます。新人捜査官のグレイス・ヴァンペルト(アマンダ・リゲティ)に好意をよせています。

– グレイス・ヴァンペルト
CBIの新人捜査官です。リズボンの推薦でCBIに配属されました。新人の為、デスクワークが多めです。パソコンの操作は得意です。リグスビーから好意をよせられています。

– レッド・ジョン
ジェーンの宿敵で連続殺人犯です。人相、年齢、性別不明です。声もボイスチェンジャーでカモフラージュしています。並外れた頭脳で数々の犯罪を行っています。国家機関にも彼の熱狂的信者がいます。
彼の為なら死をもいとわない忠誠心をもっています。必ず殺した相手の血液で犯行現場の一番目立つ場所にトレードマークのスマイルマークをのこします。

-ローレライ・マーティン(エマニュエル・シュリモー)
レッドジョンの手下としてジェーンの元へ送り込まれます。シーズン4でFBIの狙撃にあい身柄を拘束されました。