ドラマ「メンタリスト シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOPページ

ドラマ「メンタリスト シーズン2」のネタバレあらすじのまとめページです。各話のネタバレあらすじを掲載していきます。

他シーズンのドラマ「メンタリスト シーズン2」ネタバレあらすじ

ドラマ「メンタリスト シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン4」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン5」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン6」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン2」ネタバレあらすじ一覧

1話 贖罪

【2話予告】
女性議員のメリンダの秘書クリスティンが、橋の上から転落して死亡します。パトリックは被害者の状況を一目見て、クリスティンは何者かに殺害されたと断定します。CBIが捜査を始めると、クリスティンがメリンダの夫エリオットと不倫をしていたという噂があることを知ります。クリスティンは継母と仲が上手く行っておらず疎遠になっていたことを聞き出したリスボンでしたが、クリスティンが死んだ日に継母から10回以上もクリスティンの携帯に電話が掛かって来ていたことが判明します。

2話 緋文字

【3話予告】
リスボンは現場で犯人が射殺されたことを目撃したので、規則で心理セラピーを受けていました。毎回理由を付けて遅刻したリスボンは、カーメン医師から心理セラピー完了の認定を受けられないでいました。そんなある日、リスボンが以前逮捕した連続少女レイプ犯・ビルが死体で発見されます。ビルが起こした犯罪の被害者の父親が疑われ、CBIに呼び出されます。その父親はビルを殺してやると周囲に言っていたことから疑われましたが、ビルを殺していないと断言します。そしてリスボンがもっと早くビルを逮捕していれば、自分の娘は被害に遭わなかったとリスボンをなじります。リスボンの精神状態が普通でないことを、パトリックは感じ取ります。

3話 血塗られたバッジ

【4話予告】
山道で1人の中年の男が死体で見つかります。パトリックの推測通り、被害者は裕福な弁護士のホッジという人物でした。ホッジの自宅を訪れたパトリックとリスボンは、ホッジの妻子が何時かはこうなるのではないかと思っていたと語るのを聞きます。ホッジはカルフォルニア州最大級のバイカー集団・セインツのお抱え弁護士でした。セインツが犯した犯罪を担当し、いくつもの事件で無罪を勝ち取っています。凶悪なバイカー集団と密接に付き合いがあったホッジは敵も多く、その中でもガスリーという女性から目の敵にされていたことが判明します。

4話 赤い脅迫

【5話予告】
古い屋敷で男性の死体が発見されます。被害者は建築家のアランで、窓から転落して死亡したようです。現場に到着したパトリックは、地元警察官の挙動がおかしい事に気が付きます。地元警察官にトリックを仕掛けたパトリックは、この屋敷は以前の所有者の幽霊が出ることで地元では有名である事を知ります。アランが殺害された夜、アランの妻リリアンは本宅がある市内に居て、アランはこの屋敷に1人で居た事が判明します。

5話 赤い恐怖

【6話予告】
荒れ地で男性の死体が見つかります。死亡したのはカーヴィーというこの地域に暮らしている一族の男でした。この地にはカーヴィーの一族と、土地を争って揉めているテッドという男の一族が対立していました。事件現場でも一族同士の喧嘩が発生し、興奮したテッドがナイフを持ち出し、CBIに逮捕されます。CBIにテッドを連行したパトリックでしたが、ボスコを盗聴したのが発覚し、逮捕されてしまいます。

6話 ラメと赤い血

【7話予告】
ボスコのチームは資産家の誘拐事件を捜査していました。誘拐された人質が監禁されていると思われる建物へ突入すると、そこにはパトリック達が居ました。パトリック達は3年前に発生した誘拐事件の捜査を行っていたのでした。その場所には3年前に誘拐されて、行方不明になっていた被害者のミイラ化された死体が残っていました。ボスコは今回の事件と3年前の事件の犯人が同一人物ではないかと考えます。

7話 熱血

【8話予告】
殺人事件の現場で捜査をしているパトリックのもとへ、ボスコから電話が入ります。ボスコは会って話がしたいとパトリックに告げます。パトリックが慌ててCBIに戻ると、ボスコの部屋ではボスコ達が撃たれて、地面は一面血の海でした。ボスコの部下は息絶えていましたが、蘇生処置を行ったためボスコの脈は戻ります。ボスコは病院に運び込まれましたが、意識不明の重体の状況です。

8話 彼の赤い右腕

9話 ルビーより高し
10話 炎の剛速球
11話 バラ色のメガネ
12話 血を流すハート
13話 レッドライン
14話 ギャングの血
15話 レッドヘリング 〜おいしい罠
16話 コード・レッド
17話 赤い箱
18話 赤い水
19話 ブラッド・マネー
20話 赤い血だまり
21話 赤い鼻の恐怖
22話 赤いメール
23話 夜明けの赤い空

ドラマ「メンタリスト シーズン2」の概要

霊能師パトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)は、その能力と話術で世間から注目を集めていた有名人でした。ある晩、トーク番組に出演したパトリックは、自分の霊能師としての能力の高さを雄弁に語ります。司会者は驚いた様子で、パトリックの能力を持ってすれば、世間を騒がせている連続殺人犯人レッド・ジョンを特定できるのではないかと誘導します。

司会者に乗せられたパトリックは、レッド・ジョンなどたいしたことはないと、レッド・ジョンを侮辱する発言をしてしまいます。トーク番組は成功裏に終わり、パトリックは気分良く自宅に帰宅しますが、妻子の寝室のドアにレッド・ジョンからの手紙が張られていました。パトリックが恐る恐るドアは開けると、壁にスマイルフェイスの絵が描かれていました。この絵はレッド・ジョンが犯罪現場に残すもので、スマイル・マークは被害者の血で描かれます。そして次にパトリックが目にしたのは、部屋の中で惨殺されている妻子の姿でした。テレビで挑発されたレッド・ジョンが、パトリックに仕返しをしたのでした。

パトリックは霊能師と名乗っていましたが、本当はそのような能力は無く、人の行動を深く観察することによりその人の心理を読み取る能力を持って、霊能師を演じていたのでした。そして人々の心理をもとに彼らを巧みに操ることによって、人々に霊能師と思い込ませていたのでした。

妻子をレッド・ジョンに殺害された後、霊能師を止めたパトリックは、レッド・ジョンに復讐をすることを人生の最大の目標とします。パトリックはレッド・ジョンの情報に近づくために、CBI(カルフォルニア捜査局)のコンサルタントになります。

パトリックは犯罪者の心理をその行動などから読み取り、犯人逮捕に大きく貢献します。通常の事件捜査では、常識を外れる行動・言動で常々問題を起こしますが、抜群の観察力で次々と犯人を挙げて行きます。リスボン達はパトリックの不可解な行動や発言に振り回されますが、必ず事件を解決する姿に協力を惜しみません。

シーズン2では、パトリックがレッド・ジョンの捜査から外されるところからストーリーが開始されます。レッド・ジョンの捜査を新たに指揮するサム・ボスコ(テリー・キニー)から何とかレッド・ジョンの情報を引き出そうとするパトリックでしたが、逆にボスコはパトリックに一切情報を流そうとしません。ボスコのオフィスの盗聴器を仕掛けたパトリックは、ボスコに逮捕され刑務所へ収監されてしまいます。

その後、レッド・ジョンの捜査に復帰することが適ったパトリックは、遂にレッド・ジョンに接触することが出来ましたが、それはパトリックが思い描いていたような局面ではありませんでした。

ドラマ「メンタリスト シーズン2」の主要な登場人物、キャスト

パトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)
テレサ・リスボン(ロビン・タニー)
キンブル・チョウ(ティム・カン)
ウェイン・リグスビー(オーウェン・イオマン)
グレース・ヴァンペルト(アマンダ・リゲッティ)
サム・ボスコ(テリー・キニー)
ヴァージル・ミネリ(グレゴリー・イッチェン)