ドラマ「メンタリスト シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOPページ

ドラマ「メンタリスト シーズン1」のネタバレあらすじのまとめページです。各話のネタバレあらすじを掲載していきます。

他シーズンのドラマ「メンタリスト シーズン1」ネタバレあらすじ

ドラマ「メンタリスト シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン4」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン5」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン6」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「メンタリスト シーズン1」ネタバレあらすじ一覧

1話 レッド・ジョンの影

【2話予告】
ナパバレーの片田舎で女性の死体が発見されます。この女性は現場近くのレストランで働くウエイトレス・メラニーであることが判明します。レストランのオーナー夫妻に聞き込みを行うと、メラニーと親しい友人がレストランで勤務していることが分かりました。しかしその友人は、メラニーとそんなに仲が良い訳ではないと言います。怪しいと感じたパトリックはその友人を催眠術にかけると、メラニーが付き合っていた彼氏の名前を聞き出します。彼氏は札付きのワルで、純情なメラニーとは全く違うタイプの人間でした。

2話 赤毛と銀色のテープ

【3話予告】
若い女性の死体が海岸で発見されます。被害者はクリスティーナという未成年の少女でした。クリスティーナはサーフィン好きで、初めはサーフィン中の事故で溺死したと考えられていましたが、遺体を調べると肺からは海水ではなく真水が検出されます。クリスティーナは誰かに殺害されたと断定され、パトリック達が事件を担当することになります。パトリックはクリスティーナの交友関係を聞き出し、その中から荒くれ者のフリッパーというヒッピーを訪ねます。フリッパーを尋問したパトリックは彼が犯人ではない事を悟ります。フリッパーの証言から、クリスティーナにはサーフィン仲間がいて、殺害当日はその仲間と立ち入り禁止区域でパーティーをしていたことが判明します。

3話 赤潮

【4話予告】
投資会社社長のサンズ邸から通報があり、警察が現場に駆けつけます。部屋の中は散乱していて、誰かが拷問にあった跡があり、あたりに血痕が残されていました。現場に到着したパトリックは状況を確認すると、サンズはこの家の中にまだ居ると発言します。家中を既に捜索したと警察は言いますが、パトリックは隠されたシェルター室を見つけ出します。パトリックが暗証番号を何回か押すとシェルターの扉が開き、中からサンズが遺体で発見されます。

4話 紅の涙

【5話予告】
田舎町で2人の若者が行方不明になります。現場に到着したパトリックは、残された車の下から行方不明のカーラの死体を見つけ出します。しかしもう1人のニコールは、行方不明のままです。2人は幼馴染でしたが、優等生のカーラに対し、ニコールは問題児で有名でした。保安官はニコールがカーラを殺害して逃亡したと断定しますが、パトリックはその推測を否定します。やがて、ニコールは発見されて保護されますが、何者かに監禁され暴力を振るわれていました。そのショックでニコールは事件当日の記憶を無くしていました。

5話 アカスギの森

【6話予告】
カルフォルニア州とネバダ州に州境で、切り落とされた右手が発見されます。その右手の主は、ネバダ州でカジノを経営しているマイヤーという男の物でした。パトリック達はマイヤー邸を訪ねます。そこには妻アン、娘ジェシカ、娘婿ダニエルがいましたが、マイヤーを殺害した犯人に心当たりはないと言います。パトリック達はマイヤーが経営していたカジノを訪れます。そこで警備責任者マットから事情を聞きますが、事件当日マイヤーに不審な点は無かったようです。パトリックは捜査も早々に切り上げ、カジノでカードゲームをして大勝します。

6話 冷血

【7話予告】
ローズマリーという女性が車に轢かれて殺害されます。ローズマリーは殺害される直前、クリスティーナというスピリチュアル・カウンセラーの診断を受けていました。クリスティーナは現場に現れて、パトリックに自分は霊能師だと語ります。霊能師などは存在したと信じているパトリックは、クリスティーナのことをインチキだと断定し不快感を示します。

7話 朱をそそぐ

【8話予告】
モーテルで男女が死体で発見されます。男女の殺された姿を見たパトリックは、違和感を覚えます。殺害された男は元ギャング・ジョーで、ある裁判で証言をする直前に殺害されました。パトリックは駐車上に止めている車の中から、赤ちゃんを発見します。その母親が殺された女性パトリスでした。パトリスはジョーの愛人で、食料を持って行ったところを、何者かに殺害された模様です。ジョーが裁判で証言をすれば、ギャングのキャリスは終身刑になるはずだったので、キャリスが有力な容疑者となります。リスボン達が捜査をしようとすると地元警察のブレイクリーとプレシアドが、これは自分達のヤマだと騒ぎ出します。

8話 赤信号

【9話予告】
ある田舎町で焼け焦げになった車に中から、男性の焼死体が発見されます。以前放火班に勤務していたウェイン・リグスビー(オーウェン・イオマン)は事故ではなく、何者かが被害者を車ごと焼き殺した殺人事件と断定します。被害者リッチは、以前は軍隊に入隊しており、この町の警察官ピラーと同じ部隊に所属していました。リッチのお別れ会に参加したパトリックは、リッチの妻とピラーが不倫関係にあることを悟ります。ピラーを疑うCBIでしたが、ピラーの家で火事が発生し、ピラーは家に取り残されます。絶体絶命のピラーを、体を張って助けたのはリグスビーでした。

9話 真っ赤な炎

【10話予告】
パトリックがCBIにいると、一本の電話が掛かってきます。それは地元警察からで、ミラー博士という女性がパトリックを呼んでいるという内容のものでした。ミラー博士は元夫ネルソン殺害の容疑者で、パトリックに助けを求めてきたのでした。パトリックは地元警察に出向き、ミラー博士を釈放させます。パトリックはリスボンに依頼して、ネルソン殺害の捜査をCBIが担当できるようにします。パトリックとミラー博士の関係を聞くリスボンに対し、パトリックは冗談で答えていましたが、本当はパトリックが妻子を殺害された後、精神状態に異常をきたしていた時の担当医師がミラー博士でした。

10話 赤レンガの虚栄

【11話予告】
ジャレットという服役囚を訪ねて、パトリックは刑務所へ向かいます。ジャレットは殺人事件を起こしたとして服役していますが、自分は無実だと言います。そしてレッド・ジョンの友人を知っていると、パトリックに告げます。自分の無実を証明し、刑務所から出してくれたらば、レッド・ジョンの友人を教えるとパトリックに交換条件を差しだします。パトリックはその話を信じませんでしたが、その後、ジャレットの言っていることは事実であることが分かります。

11話 レッド・ジョンの友人

【12話予告】
ある田舎町で高校生が行方不明になります。パトリックは現場入りすると、CBIを遠くから見守る子供たちを見付けます。子供たちに行方不明の高校生の居場所を訪ねると、子供たちは反応をします。その反応を見て森に入ったパトリック達は、高校生の遺体を発見します。遺体の周りには、黒魔術の儀式の飾りが残っていました。この町には自称魔女のタムジン・ダブと言う女性がおり、この高校生に飼い猫を盗まれたと一悶着した過去が判明します。

12話 レッド・ラム 〜殺人

【13話予告】
ある大企業の警備担当は、社長室で秘書と不倫を楽しんでいました。しかしそこには、社長の義理の息子の死体が横たわっていました。現場に呼ばれたパトリックは、5000万ドルもする絵画が盗まれていることを知ります。パトリックは、悲しむ社長の娘から事情聴取を行い、内部事情に詳しい人間の犯行であることを断定します。

13話 血塗られた絵画

【14話予告】
年上の人妻を専門にナンパしているポールは、クレアという人妻と一晩を共にします。体に痛みを覚えて起きたポールは、隣で寝ていたクレアが殺害されているのを発見します。慌ててその場から逃げ出したポールでしたが、直ぐにパトリック達に捕まって、CBIへ連行されてしまいます。クレアの夫は街の有力者で、クレアが浮気をしていた事を知らなかったと証言します。しかしその態度を見ていたパトリックは、夫はクレア浮気を知っていたと確信します。

14話 深紅の情熱

【15話予告】
高級住宅街で金持ちが集まるパーティーが開催されます。そのホストファミリーの妻スカーレットは毒を盛られ、2階から転落死します。捜査を開始したCBIは夫ヴィクターを疑います。不動産業を営むヴィクターは本業が不振で、経済的に追い込まれていたからでした。さらに捜査を進めると金持ちクラブの夫人会長をしていたスカーレットには、敵も多くいて、怪しい人間との繋がりも判明します。

15話 口紅のメッセージ

【16話予告】
CBIに居たパトリックの携帯電話に爆発予告のメールが送られてきます。CBI職員達が建物から逃避しますが、パトリックは仕掛けられた爆弾を探します。1台の不審なバンを見付けたパトリックが荷台を覗き込むと、爆弾と拘束された1人の男が居ました。男の額には“次はお前だ”と書かれていて、バンは爆発します。吹き飛ばされたパトリックは、そのショックで目が見えなくなります。

16話 血眼

【17話予告】
検事局に殺人予告が送られてきます。殺人予告に書かれた場所へパトリック達が向かうと、空中から男が落ちてきました。スカイダイビングをしていたその男は、パラシュートが開かず、転落死したのでした。その男はカーネリアンという巨大企業に勤務しており、その研修でこの場所に来ていました。社長のフォークは、このような事故があったにも関わらず、研修を続けると言います。

17話 狙われたカーネリアン

【18話予告】
不審な男が大きな袋を持ってCBIの建物に入ってきます。その男はジャガイモをCBIに届けに来たと言いますが、袋の中には女性の死体が入っていました。リスボン達は男に拳銃を向けますが、その男は何をリスボンが何を騒いでいるのか分からないようでした。パトリックが男を観察すると、男は誰かに暗示を掛けられていて、本当に袋にはジャガイモが入っていると思っていました。その男はドリームライフセンターという自己啓発セミナーに参加していて、ここで暗示を掛けられたようです。リスボン達はドリームライフセンターへ向い、責任者のダニエルと会います。

18話 血染めのジャガイモ

【19話予告】
街の道路で男性の死体が発見されます。パトリックは死体を見ると、被害者は芸能関係者だと断言します。殺害されたのは、女優フェリシアを妻に持つ資産家ハンソンでした。ハンソンはフェリシアが出演する映画に1000万ドルもの大金を出資していました。そしてハンソンは殺害された当日、映画監督のファニングと夕食を共にしていた事が判明します。更にハンソンの車を調べると、大量の麻薬がトランクから発見されました。麻薬撲滅活動に力を入れていたハンソンが麻薬をやっていたとは思えないと、パトリックは考えます。

19話 12本の赤いバラ

【20話予告】
街の外れの川べりで男の死体が発見されます。男の状態と遺留物からパトリックは、その男が上流の町でゲームセンターに通っている男だと断言します。パトリックの予想通り、被害者はエドと言うゲームセンターの店員でした。エドの事を真面目な模範的な店員だと証言するゲームセンターの責任者の言葉を、パトリックは信じません。ゲームセンターにたむろする不良少年にエドの事を聞くと、エドはドラッグを少年達に売っていた事が判明します。更にエドの自宅を訪れたリスボン達に対し、妻ジーナはライフルを構えて威嚇します。

この海外ドラマを無料で観る

20話 レッド・ソース

【21話予告】
会社経営者ジムが行方不明になります。CBIはジムが所有するボートを捜査すると、ボートのアンカーに括りつけられたジムの死体を発見します。パトリックがジムと会社を共同経営するリックを訪ねると、ジムとリックは経営方針で揉めていた事を知ります。さらにジムには無職の兄がおり、多額の遺産を受け取る事も判明します。最近、ジムは元妻と離婚したばかりで、新しい恋人が出来たとジムの兄はパトリック達に情報を提供します。容疑者が多いため、リスボンは頭を悩まします。

21話 ミス・レッド

【22話予告】
森で少年の遺体が発見されます。生き埋めにされたと思われる少年の足首には、GPS装置が取り付けられていました。少年は現場近くの更生施設の生徒ジャスティンと言う少年でした。厚生施設を訪れたパトリックとリスボンは、校長のマクレーンを尋問します。マクレーンは周辺住民や地元警察との関係が悪いようで、更生施設は地域で孤立しているようでした。生徒達に事情聴衆をするパトリック達に対し、マクレーンは自分の監視下以外では生徒に話を聞かないようにと注文を付けます。それを無視して生徒から話を聞いたパトリックは、森にザカライヤという怪物がいる話を聞きだします。

22話 血の結束

【23話予告】
公園で若い女性が殺害されます。現場に到着したパトリックは、その現場からレッド・ジョンに関係する事件だと考えます。レッド・ジョンの介在を信じないリスボン達でしたが、彼らの上空で飛行機がスマイル・マークの飛行機雲を描きます。レッド・ジョンの仕業に 間違いないと確信したパトリックは、被害者エマの自宅を訪れます。エマにはマヤという双子の姉妹がおり、マヤも行方不明であること判明します。双子の部屋を調べると、部屋には盗聴器と監視カメラが設置されており、双子の兄ドレイクに不審の眼差しが向かいます。

23話 レッド・ジョンの足跡

ドラマ「メンタリスト シーズン1」の概要

霊能師として有名なパトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)は、トーク番組に出演して自分の秘められた能力を語ります。司会者に乗せられたパトリックは、世間を騒がす連続殺人犯人レッド・ジョンを侮辱する発言をしてしまいます。パトリックが自宅に帰宅すると、妻子の寝室のドアにレッド・ジョンからの手紙が張られていました。ドアを開けたパトリックが目にしたのは、壁に妻子の血で描かれたスマイルフェイスの絵でした。この絵はレッド・ジョンが犯罪現場に残すもので、妻子は部屋の中で惨殺されていました。

テレビで挑発されたレッド・ジョンが、パトリックへ制裁を加えたのでした。この事件を切っ掛けに、パトリックはCBI(カルフォルニア捜査局)のコンサルタントになり、レッド・ジョンを見付けて復讐することを人生の目標にします。パトリックは霊能師と名乗っていましたが、勿論そのような能力はなく、人の行動を深く観察することによりその人の心理を読み取る能力を持っていました。そして人々の心理をもとに彼らを巧みに操ることによって、霊能師を演じていたのでした。

パトリックは犯罪者の心理をその行動などから読み取り、犯人逮捕に大きく貢献します。パトリックはCBIのテレサ・リスボン(ロビン・タニー)率いるチームの一員となり、
チームメンバーであるキンブル・チョウ(ティム・カン)、ウェイン・リグスビー(オーウェン・イオマン)、グレース・ヴァンペルト(アマンダ・リゲッティ)と共に、難事件を解決していきます。通常の事件捜査では、常識を外れる行動・言動で常々問題を起こしますが、抜群の観察力で次々と犯人を挙げて行きます。リスボン達はパトリックの不可解な行動や発言に振り回されますが、必ず事件を解決する姿に協力を惜しみません。

パトリックはレッド・ジョンに関連する事件に出くわすと、尋常ではない行動に出ます。その事件を通じてレッド・ジョンの正体を暴き、レッド・ジョンを捕まえて復讐を果たそうとします。時には警察捜査の範疇を超えた行動を行いリスボン達は戸惑いますが、そのことには目もくれずにパトリックはレッド・ジョンを追いかけます。そしてパトリックは紆余曲折を経て、レッド・ジョンと数カ月一緒に暮らしていた女性に辿り着きます。パトリックがその女性ロザリンドの家を訪ねると、何とロザリンドは盲目でレッド・ジョンの容姿については分かりませんでした。パトリックはロザリンドに質問を繰り返し、おぼろげながらもレッド・ジョンの全体像に近づきます。

ドラマ「メンタリスト シーズン1」の主要な登場人物、キャスト

パトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)
テレサ・リスボン(ロビン・タニー)
キンブル・チョウ(ティム・カン)
ウェイン・リグスビー(オーウェン・イオマン)
グレース・ヴァンペルト(アマンダ・リゲッティ)
ヴァジール・ミネリ (グレゴリー・イッツェン)