ドラマ「ハンニバル シーズン3」6話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ハンニバル シーズン3」6話

ドルチェ

ドラマ「ハンニバル シーズン3」第6話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ハンニバル シーズン3」第6話のあらすじ1

ベデリア(ジリアン・アンダーソン)は傷を負ったハンニバル(マッツ・ミケルセン)を治療しますが、その地を離れようとするハンニバルにはついて行かなかないと言い別れを告げます。パッツィの死亡を知ったアラーナ(カロリン・ダバーナス)はメイスン(マイケル・ビット)に「ハンニバルを逃がさない為にもイタリアの警官達を丸ごと買収した方がいいわ。」とアドバイスします。パッツィ刑事の遺体を降ろす様子を見ていたジャック(ローレンス・フィッシュバーン)の元にウィル(ヒュー・ダンシー)がやってきます。二人はハンニバルを追い詰める為に手を組むことにします。

【承】ドラマ「ハンニバル シーズン3」第6話のあらすじ2

ベデリアの家に突然千代(タオ・オカモト)が銃を持って現れます。ベデリアは少しも動じる様子もなく、「ハンニバルをどうしたいの?」と聞くと「彼を檻に入れたいの」と千代は答え、「彼の最大の過ちはウィルだと思っていたけど、あなたなのかも…ちょっと失礼するわね、薬を打たなきゃ…」と言うと彼女は麻薬を自分にうつのでした。千代が消えた後、ウィルとジャックが訪れますが、ベデリアは薬でまともな状態ではなくなっていて、自分はリディア・フェルだと言いはるのでした。

【転】ドラマ「ハンニバル シーズン3」第6話のあらすじ3

ウィルはその場を去り、美術館のボッティチェリの絵画の前でハンニバルと再会を果たします。ハンニバルは再会を喜んでいるようでした。ウィルは「あなたと僕の境界線は薄れてきている。」と言うのでした。二人が美術館を出てきた時、屋根からライフルで狙う千代がいます。そして、ウィルがポケットナイフを取り出した瞬間に彼の肩を撃ちます。ウィルが意識を取り戻すと、ハンニバルが手当てをしていました。薬を打たれたウィルが朦朧とする中で彼に治療を施します。

【結】ドラマ「ハンニバル シーズン3」第6話のあらすじ4

やがてその部屋にジャックが銃を構えながら入って来ます。彼の侵入を予期していたハンニバルはテーブルの下から彼を襲います。ジャックが気づくと、ウィルと向かい合わせで椅子に座らされて、薬を投与されていました。ハンニバルは「前にジャックが君の頭の中を覗こうと提案したが、そのチャンスが来たようだ」と言って電動ノコギリをウィルの額に当てます。ジャックが「やめろ!」と叫ぶ中、ハンニバルはウィルの頭に電ノコを入れ始めるのでした。その血が飛び散る様子から急に場面が変わり、ウィルとハンニバルが共に逆さに吊るされていました。そこにメイスンが姿を現し、「マスクラット・ファームへようこそ」と言うのでした。

この海外ドラマを無料で観る

ドラマ「ハンニバル シーズン3」5話

ドラマ「ハンニバル シーズン3」7話

ドラマ「ハンニバル シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「ハンニバル」ネタバレあらすじ

ドラマ「ハンニバル シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ハンニバル シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP