ドラマ「ハンニバル シーズン3」4話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ハンニバル シーズン3」4話

アペリティーヴォ

ドラマ「ハンニバル シーズン3」第4話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ハンニバル シーズン3」第4話のあらすじ1

チルトン博士(ラウル・エスパーザ)はメイスン(マイケル・ビット》を訪ねます。二人はお互いにハンニバル(マッツ・ミケルセン)のせいで瀕死の重傷を負い顔にひどい傷が残っています、メイスンは「君の本当の顔を見せるなら僕のも見せよう」と言い、お互いに顔を覆っていたメイクやマスクを取ります。二人ともその恐ろしい素顔をさらしながら、ハンニバルに復讐したいという強い思いを語りますが、望むやり方に相違があるようで話は決裂に終わるのでした。ジャック(ローレンス・フィッシュバーン)がウィル(ヒュー・ダンシー)の家に訪ねてきます。ジャックはハンニバルに殺されかけた日のウィルの行動の真意を聞くのだった。ウィルは本当はハンニバルと逃げたいと思っていたと答えるのだった

【承】ドラマ「ハンニバル シーズン3」第4話のあらすじ2

何本も骨を砕かれて骨髄を損傷しながら生き残ったアラーナ(カロリン・ダバーナス)は車イスでハンニバルの家へとやって来ます。そこにはウィルがいたのでした。アラーナは「あなたを捜しにきたの、あなたは?」と聞くとウィルは「友人たちに会いにき。僕の”記憶の宮殿”に友人たちの部屋を作っている。」と答えるのでした。アラーナは「これだけやられたあとでまだ目をつぶれるの?」とハンニバルのことを聞きますが、ウィルは「一人になりたい。」と言ってアラーナを帰します。アラーナはメイスンの新しい精神科医としてヴァージャー邸へやって来ます。メイスンとアラーナはお互いに腹の探り合いのような話を続ける中。メイスンは「レクターを許してる」と言うのでした。

【転】ドラマ「ハンニバル シーズン3」第4話のあらすじ3

一方ジャックは負傷した後、FBIを退職し、癌の末期で瀕死の状態の妻のそばで過ごすのでした。そんな彼の元にもチルトンが現れて、ウィルを餌にすればハンニバルが捕まえられると話すのでした。やがて彼の腕の中で妻ベラは息を引き取ります。ベラの葬儀を行った教会で、ジャックが棺に横たわる妻の前にかがみこんだとき、飾ってある花の中に一枚の便箋を見つけるのでした。そこには”心からのお悔やみを”と書かれていました。ハンニバルからの手紙だと彼は気付きます。そこへやってきたウィルにジャックは妻を失った辛さを語ります。そして、「君に何が起きても俺より先に死ぬなよ」と告げて、ハンニバルからの手紙を手渡すのでした。

【結】ドラマ「ハンニバル シーズン3」第4話のあらすじ4

メイスンは自分のお抱えの医師に「お前は信用できるし、大抵のことはやってのけると思うんだが?」と、レクターを生きたまま食う手筈を整えるように命令するのでした。コーデルは平然とそれを受け入れるのでした。その後再びアラーナがメイスンの家にいます。レクターの居所が見つからないという彼に「彼の趣味ならヨーロッパを選ぶわ。ワインやトリュフ…こだわりがあるからこそ探し出せるわ。名前を変えても好みは同じ。」と言うのでした。「奴への理解を生け捕りの道具にするのは、どんな気分だ?」とメイスンは聞くと、アラーナは道具にするのはいつも通り、精神科医だもの…あなたが用意する死の舞台に、わたしがハンニバルを立たせるの!」と答えるのでした。ジャックがウィルの家を訪ねてるとアラーナがいて、彼はもう旅立ったと告げるのでした。

ドラマ「ハンニバル シーズン3」3話

ドラマ「ハンニバル シーズン3」5話

ドラマ「ハンニバル シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「ハンニバル」ネタバレあらすじ

ドラマ「ハンニバル シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ハンニバル シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP