ドラマ「ハンニバル シーズン2」6話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ハンニバル シーズン2」6話

「蓋物」

ドラマ「ハンニバル シーズン2」第6話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第6話のあらすじ1

 【起】クロフォード(ローレンス・フィッシュバーン)はウィル(ヒュー・ダンシー)にハンニバル博士(マッツ・ミケルセン)殺害を企てたことを訪ねます。ウィルは否定します。そしてハンニバルがリーパーであるという線をクロフォードに考えさせようとします。何故リーパーは3人か4人を殺害しないといけないのか。そしてそれは彼は肉が腐る前に食さないといけないからだということをを伝えます。ウィルはクロフォードにリーパーがもう一度殺人を行ったら、ハンニバがディナーパーティーを必ず開くと言います。
 

【承】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第6話のあらすじ2

すぐにクロフォードはハンニバル主宰の集まりに招待されます。同時に人間生け花となっている死体が発見されます。それは肺以外の全ての臓器が摘出されていて、そこに有毒な花が敷き詰められています。この犯行はリーパーの仕業であると推測します。科捜研は肺に残っている水から、彼は50マイル以内で殺害されたと断定します。

【転】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第6話のあらすじ3

フレデリック・チルトン博士はウィルとギデオンの会話を盗聴します。ギデオンはウィルにハンニバルの家にいたことを告白します。しかしクロフォードがこれについて尋ねたとき彼は否定しました。ギデオンは何者かにやられ、診療所に運ばれます。一方でハンニバル博士はディナーパーティーを開きます。クロフォードも出席しているが怪しい料理に手が出ないようですクロフォードは検査するためにいくつかの料理を持ち替えます。ブルーノ博士(カロリン・ダヴァーナス)とハンニバルは良い雰囲気になり一緒に寝ます。そしてハンニバルはブルーノ博士が寝ている間に、診療所からギルデンを誘拐します。診療所の守衛は殺されて釣り糸でつるされます。クロフォードにこの事件について尋ねられた時、ハンニバルはブルーノをアリバイとして使います。

【結】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第6話のあらすじ4

ハンニバルはギルデンの足を調理してクロフォードに差し出していました。しかし科捜研はクロフォードが持ち帰った料理から人間の組織を発見することはありませんでした。病院で発見された遺体からは、リーパーの被害者全員の体の一部が発見されます。そのことによってクロフォードはウィルが無罪であると確信します。彼らはまた珍しい樹皮を発見します。クロフォードがそれをもとに探索していると、ミリアムが腕を切断された状態で監禁されているのを発見します。

この海外ドラマを無料で観る

ドラマ「ハンニバル シーズン2」 5話はこちら

ドラマ「ハンニバル シーズン2」 7話はこちら

ドラマ「ハンニバル シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「ハンニバル」ネタバレあらすじ

ドラマ「ハンニバル シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ハンニバル シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOP