ドラマ「ハンニバル シーズン2」13話(最終回)のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ハンニバル シーズン13話(最終回)

「水物」

ドラマ「ハンニバル シーズン2」第13話(最終回)のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第13話(最終回)のあらすじ1

 ウィル(ヒュー・ダンシー)はハンニバル(マッツ・ミケルセン)とクロフォード(ローレンス・フィッシュバーン)両者と別々に話します。ウィルは両者に彼らの友情を示し、二人ともウィルを信頼していいのかと尋ねたときは、二人ともに信頼していいと言います。ウィルは女性記者にハンニバルとウィルのことだけ書くように頼みます。他の人はそっとしておいていてあげてほしいということです。女性記者がウィルは生き残ることができるかと問いかけると、ウィルは何も答えません。

【承】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第13話(最終回)のあらすじ2

ハンニバルの家ではウィルがハンニバルの患者の資料を整理するのを手伝います。ウィルがハンニバルの前で整理していると、ハンニバルはある香りに気が付きます。それは女性記者の香りです。ブルーム博士(カロリン・ダヴァーナ)はハンニバルがリーパーだと認め、ウィルにハンニバルを罠に仕掛けて追い込んでいるかもしれないが、もしかしたらウィルが追い込まれているのではないかと言います。最後の晩餐を一緒に食べているとき、ハンニバルはウィルに忠誠心を訪ね、そしてもしクロフォードが全てが許されると言ったら許しを請うかと尋ねます。ウィルは彼は裁きが欲しいのであると言います。

【転】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第13話(最終回)のあらすじ3

ジャックの元にはプルネルの検査が入ってしまいます。ウィルにタイアーの殺人を許したのとハンニバルの人格権を否定しようと画策していたとみなされたからです。そして恩情休暇を強制的に取らされます。ブルーム博士に警告されたFBIはハンニバルを逮捕しようとします。そしてウィルはハンニバルからさらに信頼を得ようとし、ハンニバルに電話をします。

【結】ドラマ「ハンニバル シーズン2」第13話(最終回)のあらすじ4

ハンニバルとクロフォードの戦いが始まります。第一話のあのシーンに移行します。クロフォードは貯蔵庫にいます。ハンニバルが貯蔵庫を開けようとしているとブルーム博士がハンニバルに銃を突きつけます。ハンニバルは今すぐ立ち去れ、さもなければ彼女を殺すと言います。彼女は彼を撃とうとしますが、ハンニバルは早くから弾が入っていないことに気付いていました。二階に逃げ込むと彼女はこの部屋には他に誰かいることに気付きます。アビゲイルがそこで生きていました。そして彼女は謝り、ブルーム博士を窓から突き落とします。ウィルは駆けつけブルーノが深刻な傷を負っていることに気付きます。医療チームに連絡をしクロフォードを見つけるために家に入ります。後ろを振り向くと、泣いているアビゲイルがいます。彼女は何をしていいのかわからなかった、だからハンニバルの言うことを聞いていたと言います。ハンニバルが現れ、ウィルの顔を触るかと思えばナイフでウィルを刺します。アビゲイルは驚きます。ハンニバルはウィルが彼の信頼を裏切ったことを許すと言い、許してくれるかと尋ねます。そしてハンニバルはアビゲイルの喉を切ります。ハンニバルは何事もなかったように雨の中出ていきます。彼はフランス行きの飛行機に乗っています。隣にはデべリアの姿があります。

この海外ドラマを無料で観る

ドラマ「ハンニバル シーズン2」 12話はこちら

ドラマ「ハンニバル シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「ハンニバル」ネタバレあらすじ

ドラマ「ハンニバル シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ハンニバル シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOP