ドラマ「ハンニバル シーズン1」2話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ハンニバル シーズン1」2話

「Amuse-Bouche」

ドラマ「ハンニバル シーズン1」第2話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ハンニバル シーズン1」第2話のあらすじ1

FBI射撃場にて銃の練習をするウィル(ヒュー・ダンシー)。すると突然標的がギャレッド(ウラジミール・キューバート)の死体に変化します。どんなに発砲しても近づいてくるギャレッドに焦るウィルですが、次の瞬間クロフォード(ローレンス・フィッシュバーン)が車の窓を叩く音が。彼は車中で夢を見ていたことに気がつきます。到着したのはギャレッドの小屋があるミネソタ州。ウィルとクロフォードはギャレッドの小屋へ足を運び、部屋中を覆う無数の鹿の角に加え現場に誰かが居た痕跡を発見します。

【承】ドラマ「ハンニバル シーズン1」第2話のあらすじ2

ギャレッド・ホッブズ事件の解明によって現場復帰を要望されるウィルですが、彼は事件のショックによりその結論をすぐに出せずにいます。そんな中ウィルの友人で心理学部のアラーナ・ブルーム(カロリン・ダヴァーナス)は、ハンニバル(マッツ・ミケルセン)からセラピーを受けるよう助言します。
その頃、メリーランド州にある森林公園にてハイキングをしていた少年たちが土の中から複数の腕を発見し、FBIが土の中を掘り起こすとそれぞれの身体からキノコの生えた9体の遺体が見つかります。
現場には記者のフレディ・ラウンズ(ララ・ジーン・コロステッキ)も保護者と身分を偽って事件現場に侵入しており、ウィルの様子を写真に収めていました。彼女はそれだけでなく、ハンニバルとウィルの会話を盗聴・録音します。

【転】ドラマ「ハンニバル シーズン1」第2話のあらすじ3

ウィルらが遺体の調べを進めていくうちに、犯人は薬に細工をすることが可能な医療関係者であることが発覚し、薬剤師であるエルドン・スタメッツ(エイダン・ディヴァイン)に辿り着きます。エルドンの職場へ駆けつけると彼はすでに逃亡しており、車だけが残されていました。その後エルドンはラウンズの元へ訪ね、彼は唯一の理解者であろうウィルに会わせろと要求します。

【結】ドラマ「ハンニバル シーズン1」第2話のあらすじ4

ラウンズはギャレッドの娘アビゲイル(ケイシー・ロール)のことを全て話してしまい、エルドンは“つながり”を得るため彼女を埋めようとします。アビゲイルが入院している病院に侵入したエルドンでしたが、すんでの所でウィルが阻止し事件はひと段落します。しかしウィルの中の迷いは一向に収まらず、自身がギャレッドを殺害したことに関して頭を悩ますのでした。

この海外ドラマを無料で観る

ドラマ「ハンニバル シーズン1」 1話はこちら

ドラマ「ハンニバル シーズン1」 3話はこちら

ドラマ「ハンニバル シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「ハンニバル」ネタバレあらすじ

ドラマ「ハンニバル シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ハンニバル シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOP