ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOPページ

ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン3」 のネタバレあらすじ結末まとめページです。各話ごとのあらすじネタバレをまとめていきます。

ドラマ「ゲームオブスローンズ」他のシーズンリスト

ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン4」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン5」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン3」ネタバレあらすじリスト

1話 新たな時代

【2話予告】
ハレンの巨城を抜け出したアリアたちですが、無法者の集団と出くわしてしまいます。  壁を目指して北上するブランたちは、夢に出るようになった少年と現実に会い、彼らと共に歩き出します。サンサは、ジョフリーの新しい婚約者マージェリーに彼の素顔を問われ、本音をこぼしてしまいました。

2話 三つ目の鴉

【3話予告】
 デナーリスはドラゴン1匹と引き換えに奴隷商人から「穢れなき軍団」を手に入れました。 ベイリッシュは王都を離れることになり、大蔵大臣の後釜にティリオンが指名されます。ティリオンは、帳簿を見て莫大な借金に気づきます。

3話 処罰の道

【4話予告】
ベイリッシュが婚姻のため王都を離れることになり、サンサを連れていこうとしていることにヴァリスが気づきます。ナイツウォッチの間では戦いが始まります。デナーリスは手に入れた「穢れなき軍団」を、真に自分のものにしました。

4話 穢れなき軍団

【5話予告】
ロブ・スターク軍で内紛が起こり、ロブは軍の多くを失うことになってしまいます。 過酷な道を連行されていたブライエニーとジェイミーはボルトン家当主に引き渡されました。 ティリオンは大蔵大臣として、ジョフリー王とマージェリーの結婚式の莫大な費用の捻出に頭を抱えていました。

5話 炎の口づけ

6話 登壁
7話 女剣士と熊
8話 次子-セカンドサンズ-
9話 キャスタミアの雨
10話 次なる戦いへ

この海外ドラマを無料で観る

ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン3」のあらすじ、概要

 シーズン3では、王都攻略と打倒ジョフリー王を目指す北の王ロブ・スターク軍、壁の北でホワイトウォーカーと呼ばれる魔物と野人に相対するべく、野人軍に潜伏する<ナイツウォッチ>ジョン・スノウ、エッソス大陸で各街に根深く残る奴隷制度の破壊を目指す女王デナーリスと、それぞれが大きく行動を起こし運命を変えようとしていきます。
 前シーズン後半では、残虐な振る舞いにより民衆の心から完全に離れたところにいるジョフリー王を、王位を狙うスタニス・バラシオンが今一歩のところまで追い詰めました。しかし、皮肉にもジョフリー王を嫌うティリオン・ラニスターの活躍により王都とジョフリー王は救われ、スタニスは大きな損害を被り敗走することになりました。次なる勢力として注目されるロブ・スターク軍は順調に勝利を重ね、シーズン3で今再びジョフリー王を追い詰めることができるのでしょうか。
 また、ウェスタロスに渡り鉄の玉座を狙う前に、エッソス大陸で兵力増強に勤しむのはデナーリス・ターガリエンです。軍隊を手に入れる為に街を巡っていく中で、彼女はエッソスの大都市に蔓延る奴隷制度を目の当たりにし、奴隷解放を大きな目的のひとつとしていきます。女性のリーダーであると同時に、奴隷解放という我々の世界でも実際に行われてきた社会改革が、デナーリスによってどのように達成されていくのか、物語の魅力のひとつになっていくことは間違いありません。
 今シーズンでも裏切りと嘘が繰り返され、勢力図は常に動き続けていきますが、ジョン・スノウやティリオン・ラニスターなどそれぞれの立場に悩みながらも矜持を持ち生き抜こうとするキャラクターの魅力がより露わにもなっていきそうです。

ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン3」の主なキャスト、登場人物

ジョン・スノウ:キット・ハリントン
ロブ・スターク:リチャード・マッデン
サンサ・スターク:ソフィー・ターナー
アリア・スターク:メイジー・ウィリアムズ
シオン・グレイジョイ:アルフィー・アレン
ジョフリー・バラシオン:ジャック・グリーソン
スタニス・バラシオン:スティーヴン・ディレイン
サーセイ・バラシオン:レナ・ヘディ
タイウィン・ラニスター:チャールズ・ダンス
ジェイミー・ラニスター:ニコライ・コスター=ワルドー
ティリオン・ラニスター:ピーター・ディンクレイジ
デナーリス・ターガリエン:エミリア・クラーク
ジョラー・モーモント:イアン・グレン
ブライエニー・タリー:グェンドリン・クリスティー