ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン1」のネタバレあらすじ結末まとめTOPページ

ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン1」 のネタバレあらすじ結末まとめページです。各話ごとのあらすじネタバレをまとめていきます。

ドラマ「ゲームオブスローンズ」他のシーズンリスト

ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン3」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン4」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン5」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン1」ネタバレあらすじリスト

第1話 冬来る

【2話予告】
ラニスター家の双子によって殺されかけたブランは一命をとりとめ、母キャトリンに看病されていました。前任者の暗殺の可能性に「王の手」就任を迷ったネッドでしたが、王からの任命を受けることを決意し、王都へと続く「王の道」を進む旅に出ることになります。

第2話 王の道

【3話予告】
 王一行が王都キングスランディングに到着した同じころ、ブランの事故の疑惑をネッドに伝えようとするキャトリンも王都にやってきていました。エッソスでは、デナーリスがカール・ドロゴの子を妊娠したことが分かります。

第3話 冥夜の守人

【4話予告】
正式に王の手に就任したネッドは、前任者ジョン・アリンの死の真相について調べ始めました。彼が死の直前に調べていたのはロバート王の落とし子の件ではないかと気づきます。 北に戻る途中のキャトリンは、ティリオンに出くわし、その場で彼を捕らえてしまいます。

第4話 壊れたものたち

【5話予告】
ジョン・アリンの死の真相を調べていくうち、ネッドの身にも危険が迫っていることがわかりました。デナーリスの妊娠がロバート王を含む小評議会に伝わると、ドスラク人と手を組んだターガリエン家が再興し攻め入ってくることを恐れるロバート王は母子の暗殺を命じます。

第5話 狼と獅子

この海外ドラマを無料で観る

【6話予告】
ネッドは再び王の手に就任します。そしてロバート王が狩りに出ている間、摂政として王の仕事を代行することになりました。高巣城ではティリオンが自白すると言い出したことから裁判が開かれます。デナーリスは出産の時を迎えていました。

第6話 黄金の冠

【7話予告】
ジョフリー出生の秘密を知ったネッドは、王妃サーセイにその事実を突き付けます。狩りに出かけていたロバート王は重傷を負って帰還し、王の死は避けられない状況がやってきます。 デナーリスのもとにはロバート王が放った暗殺者が迫っていました。

第7話 勝つか死ぬか

【8話予告】
ベイリッシュの裏切りによって玉座の間での戦いに敗れたネッドは反逆者として捕らえられました。王都にいた娘2人もラニスター軍が捕らえようとしています。そしてこの知らせはウィンターフェルのロブと高巣城のキャトリンのもとにも届き、2人は行動を始めます。

第8話 進軍

【9話予告】
ネッドは自分の名誉と引き換えに生き永らえることを拒否し死を辞さない考えでしたが、娘の命はどうなるのかと苦悩します。ロブは母と共に進軍し、ついに戦いが始まります。 エッソスでは、絶対的な王であったドロゴの身に危険が迫っていました。

第9話 ベイラー大聖堂

【10話予告】
ネッドは処刑され、その知らせがウィンターフェルや壁にも届きました。進軍していた息子ロブは復讐を決意し、壁のジョンは誓いを破ってでもロブに加わるべきかと行動を起こし始めます。デナーリスは夫と息子を失うことになります。

第10話 炎と血

ドラマ「ゲームオブスローンズ」とは

 ゲームオブスローンズは、アメリカ発の壮大なファンタジーです。架空の大陸ウェスタロスを舞台に7つの王家が大陸内での王座‘鉄の玉座’を巡って覇権争いを繰り広げます。その中には政略結婚、謀略、裏切りなど人間同士の普遍的な争いがあり、ドラゴン、異形の者、巨人などファンタジーに欠かせない要素も存分に含まれています。
 注目の俳優は7王家のひとつスターク家の当主ネッド・スタークを演じるショーン・ビーンです。本作品のような一大叙事詩的ファンタジー作品に惹かれる視聴者ならば、観たことが無くともご存知であろう「ロードオブザリング」でも重要人物ボロミアを演じていました。ボロミアもまた使命を背負った名家の人間として苦悩する人物で、ビーンはその葛藤を上手く演じていましたが、本作品のネッドという人物も王として複雑な立場に置かれています。信念を持った男でありながらも、権力闘争を避けられない時代と運命の為に、決して勧善懲悪とはいかない複雑な展開の中に取り込まれていく様を、ビーンがどのように深みのある演技で見せてくれるのかが楽しみです。
架空の世界を舞台にしたファンタジーであれば、ビジュアルとして最も重要なのは説得力と迫力のあるセット・風景でしょう。イギリス、アイスランド、モロッコ、スペインなどで撮影を敢行し、セットの美術品なども世界各地から収集されたものを用いて、歴史のどこかに存在していそうで、しかし決してあり得なかった世界を表現しています。
また、原作者であるジョン・R・R・マーティンが共同製作総指揮として参加しており、原作とは異なる展開もありながらも、設定などの矛盾がなく、むしろ映像作品らしい進化を遂げてより面白いストーリーになっていくと期待しています。

ドラマ「ゲームオブスローンズ シーズン1」の主なキャスト、登場人物

エダード・‘ネッド’・スターク:ショーン・ビーン
ジョン・スノウ:キット・ハリントン
ロバート・バラシオン:マーク・アディ
サーセイ・バラシオン:レナ・ヘディ
ジェイミー・ラニスター:ニコライ・コスター=ワルドー
ティリオン・ラニスター:ピーター・ディンクレイジ
ヴィセーリス・ターガリエン:ハリー・ロイド
デナーリス・ターガリエン:エミリア・クラーク