ゴシップガール/GOSSIPGIRL(ファイナル)シーズン6のネタバレあらすじ結末まとめTOPページ

ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL (ファイナル)シーズン6」のネタバレあらすじのまとめページです。各話のネタバレあらすじを掲載していきます。

他シーズンのドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL」ネタバレあらすじ

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン1のネタバレあらすじ結末まとめ一覧

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2のネタバレあらすじ結末まとめ一覧

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン3のネタバレあらすじ結末まとめ一覧

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン4のネタバレあらすじ結末まとめ一覧

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン5のネタバレあらすじ結末まとめ一覧

ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL (ファイナル)シーズン6」ネタバレあらすじ一覧

第1話 ゴーン・メイビー・ゴーン (Gone Maybe Gone)

【2話予告】
チャックはバートの秘密を探るためにアミラにランチに同席するように頼みますが上手くいきません。
セリーナは偶然スティーブとセージが一緒にいるところを目撃し、疑問を抱きます。
ブレアは母から継いだ事業のインタビューを受けることになり張り切りますが、インタビュアーはブレアが昔いじめていた同級生でした。

第2話 ハイ・インフィデリティ (High Infidelity)

【3話予告】

ブレアはコレクションの準備を進めますが、予定していたメインモデルの降板や、過労で倒れてしまい、チャックの手を借りることになります。セリーナとスティーブンの交際に反対しているセージは、二人に酷い態度を取ります。そんなセージを見て、スティーブンはセリーナとの交際を悩みます。チャックはアミラから送られてきた写真にバートと一緒に写っていた人物を探し始めます。

第3話 ペテン師と詐欺師/だまされてNY(Dirty Rotten Scandals)

【4話予告】
ネイトはダンに連載を他誌に売られてしまい、困窮しピンチに立たされます。
他誌に移ったダンの連載は評判も上々で、ジョージーナは話題になっているいまのうちにと、ダンの次なるビジネス展開を考えます。
ネイトが記事になり、それを見たスティーヴンはネイトの困窮ぶりにセージとの付き合いに難色を示し始めます。
そしてその記事により、セリーナが昔ネイトと寝ていたことも知ってしまいます。

第4話 レディ・アレクサンダーの肖像(Portrait of a Lady Alexander)

【5話予告】
ブレアは社交界デビューのドレスで評判を上げようと画策します。
セリーナはセージの社交界デビューになかなか招待してくれないスティーヴンの態度に不安を覚えます。
チャックはネイトにバートのことを相談にいきます。

第5話 史上最悪の舞踏会(Monstrous Ball)

【6話予告】
帰国したブレアの母は、ブレアにブランドのイメージががた落ちだと責めます。
ギャラリーのオープン準備をしていたルーファスのもとに次々と参加者の辞退届が入ります。
チャックはバートが持っていた封筒を父に届けた人物を探し出します。

第6話 わるものたちのいるところ(Where the Vile Things Are)

【7話予告】
封筒をなくしたバートは焦り、チャックの家を荒らして探します。その時チャックは帰宅し、バートと対面します。
ダンとセリーナは一夜を共にし、付き合うことにしますが、その前に傷つけてきた友人に謝罪にまわることにします。
ブレアは制服ラインの自分のブランドイベントを成功させるために、裏工作を考えます。

第7話 セイブ・ザ・ラストチャンス (Save the Last Chance)

【8話予告】
ダンはジョージーナにセリーナの章が完成したことを報告します。
チャックは自暴自棄になり、酒に溺れていきます。
ブレアは感謝祭の季節にパリにいくことにします。
ネイトは書類を何度も見直し、バートの脅迫から逃れる道がないか探ります。

第8話 波乱の感謝祭 (It’s Really Complicated)

【9話予告】

ダンはギャラが入り高級マンションに引っ越すことにします。
チャックはリリーの記憶からバートを探りますが、決定的な証拠は出てきません。そんな中バートは年間功労者として受賞するために式典に出ます。このことをブレアは利用しようと考えます。

第9話 リベンジャーズ (The Revengers)

【10話(最終回)予告】
バートの死がわかり、式典の外は騒動になります。屋上から抜け出したチャックとブレアは車のトランクに隠れ、警察の検問を突破します。
自家用機に乗ったセリーナはダンが荷物に紛れ込ませた原稿を見つけ読みだすと、離陸を待つよう指示を出します。
ネイトとセージはゴシップガールの正体を暴く調査を開始します。

第10話(最終回) ニューヨークより愛をこめて XOXO (New York, I Love You XOXO)

この海外ドラマを無料で観る

ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL (ファイナル)シーズン6」のとは

「私の正体?それは絶対に秘密。私のこと好きでしょ?xoxo gossip girl」

この意味深なナレーションから毎回始まるのが、全米でも日本でも大ヒットとなっているドラマ、「ゴシップガール」です。
ゴシップガールは、ニューヨークでも世界有数の高級住宅地で有名なアッパーイーストサイドが舞台です。

ちょっとやそっとのお金持ちでは住むことのできない、そんなロケーションが舞台であるからこそ、ゴシップガールの登場人物は、皆強烈で魅力的で個性的です。
中途半端な設定であればともすると視聴者の嫉妬、あるいは「ドラマだからね」などという冷めた意見も出てきかねませんが、そこはゴシップガール。そんなちんけな視聴者の思いはふっ飛んで行ってしまうほど華やかなお家柄にファッションにライフスタイルです。

ゴシップガールの話の軸となるものが、「ゴシップ ガール」と名乗る正体不明の管理者のサイトです。
このサイトにセリーナ(ブレークライブリー)、ブレア(レイトン・ミースター)等ドラマの主要キャストは勿論のこと、同級生や様々な人間が噂を流し、恋愛や仕事、思惑をかき乱して話が進んでいきます。

このドラマの登場人物たちは、ゴシップガールの噂に振り回され、大切な人の言葉より噂を信じてしまい、結果仲違いや誤解を多々産みます。問題が一つ解決してはまた噂に振り回される、あるいは知らなくても良いことを知ってしまい葛藤に苦しむ登場人物達なのです。しかし、どんなに苦しそうでも、ドロドロの人間関係を見せられても全く嫌な気持ちにならないどころか、余計に惹きつけられてしまう、先を見てしまう、それがこのドラマの素晴らしさです。

華やかな衣装(衣装を見ているだけでも飽きません)、高校生、大学生とは思えない恋愛模様、また若者の恋愛話に留まらず、親たちの大人の恋愛模様まで目が離せなくなる展開が激しいドラマです。

シーズン前半は女子の間のヒエラルキー、いじめ、策略、派閥、これらが特に中心になっています。これらの事柄はどんな世代の女子でも経験があるのではないかと思います。小学校で、中学で、大人になってからの人間関係ででも。
自分とはかけ離れた超セレブな世界のドラマでありながら、何となく感情移入、自分を投影できるのはこのことが大きく影響しているようにも思います。
更には、恋愛ドラマに留まらず、随所随所にシリアスな事件も織り込まれています。恋愛に事件に家族トラブル、いくつものドラマが同時並行で展開していくので、視聴者の気持ちを離しません。

しかしながら、やはり最大の謎は「ゴシップガール」が誰なのか、でしょう。
ファイナルシーズンでは明らかになるのでしょうか。
このことは前回のシーズンの最終話に匂わせるシーンがありました。
ネイト(チェイス・クロフォード)がゴシップガールらしき人物がパソコンを持ち去る映像を見ているのです。ファイナルシーズンの見どころは当然この事が一番になるかもしれません。

しかしそれだけではないのが「ゴシップガール」です。
前シーズンで再び仲違いしてしまった、セリーナとブレアの友情はどうなるのか。
最後の愛の告白をしたブレアはチャック(エド・ウェストウィック)と結ばれるのか。
死んだはずなのに生きていたバート・バス(ロバート・ジョン・バーク)とチャックの親子の確執は一体どういう結末を迎えるのか。
ファイナルシーズンもどれも見逃せない話になることは間違いないでしょう。

更には、ゴシップガールには大物有名人がゲスト出演することでも有名です。
シーズン2ではシンディー・ローパーが、シーズン3ではレディー・ガガがどちらも本人役で出演しています。
ファイナルシーズンのゲスト出演者もゴシップガールの正体と同じくらい気になるところであります。

ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL (ファイナル)シーズン6」の主要な登場人物、キャスト

セリーナ・ヴァンダーウッドセン(ブレイク・ライブリー)
ブレア・ウォルドーフ(レイトン・ミースター)
ダン・ハンフリー(ペン・バッジリー)
ネイト・アーチボルド(チェイス・クロフォード)
チャック・バス(エド・ウエストウィック)
ジェニー・ハンフリー(テイラー・モムセン)
ヴァネッサ・エイブラムズ(ジェシカ・ゾア)
リリー・ハンフリー(ケリー・ラザフォード)
ルーファス・ハンフリー(マシュー・セトル)
バート・バス(ロバート・ジョン・バーク)