「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン4」第6話のネタバレあらすじ結末まとめ

第6話「小悪魔Jはなぜモテる?」

ネタバレあらすじ

セリーナはいつもタクシーを奪う近所の男性、コリンに声をかけられました。そして二人は仲良くなり、一緒に夜を過ごします。

一方胸騒ぎがしたブレアは急いでセリーナの家にいきます。そこにいたのはあのジェニーでした。ジェニーはデザイン学校に入学するために戻ってきていて、ブレアは話を聞き、面接の日以外は外出禁止と1日だけNYにいることを許可します。

その頃セリーナが大学にいくと、教室の前でコリンに会います。なんとコリンはコロンビア大学の新任の教師でした。セリーナはブレアに相談するも、諦めるべきだと説得され、セリーナはコリンに昨夜のことはなかったことにしてほしいと伝えます。しかし、コリンにパーティーに誘われてしまいます。

一方ブレアは大学でチャックに会い、ジェニーのことを聞くも知らないと言われてしまいます。そこでブレアの手下であるミーンガールズたちにジェニーを監視させます。チャックはジェニーのいるセリーナの家にいき、そこでダンと会ったチャックはリリーに会いにきたと嘘をつき、ジェニーのデザイン画を持って帰ります。そしてジェニーをチャックのホテルに呼び出します。しかしその姿はブレアの手下に見られてしまいます。

ジェニーの面接は順調でした。最後に自分のデザインをしたドレスを着たモデル5人が登場しますが、「WHORE(アバズレ)」と書かれていました。それはジェニーが約束を破った罰であり、ブレアの仕業でした。ジェニーは再度チャンスをもらうためパーティーに行くことにします。パーティーに行く予定がなかったブレアも、パーティーにジェニーがいることを知りすぐに駆けつけます。

その頃セリーナはコリンと付き合うため受講を取り消そうとしていましたが、パーティーでコリンとキスをしているところをリリーに目撃され、リリーに極端なことを言われます。そしてセリーナは改心して、授業を受けることにし、講座が終わるまでコリンとの恋愛はお預けにすることにしました。

一方ジェニーを呼んだのがチャックであることをブレアは知りチャックに対して大激怒します。それを目撃したジェニーは、自分は2人の喧嘩に使われただけだと知り、ジェニーは2人に逆襲をしてハドソンに帰って行きます。パーティーの後、ブレアとチャックは休戦協定を結びます。

一方ネイトは横領の罪で捕まっている父に会いに刑務所にいくと、兄ベンに会いにきたジュリエットと遭遇します。ネイトが聞くと、ジュリエットはボランティア活動をしていると嘘をつきますが、ベンに「ネイトに本当のことを話したい」と伝えます。しかしベンは怒って、ネイトの父に怪我をさせます。それを知ったジュリエットはネイトと別れることにします。なんと、ジュリエットが落ち込んでいた場所がコリンのオフィスだった。

ゴシップガール シーズン4 5話はこちら

ゴシップガール シーズン4 7話はこちら

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン4のネタバレあらすじ結末まとめTOP

この海外ドラマを無料で観る

他シーズンのドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL」ネタバレあらすじ

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン1のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン3のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン5のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL (ファイナル)シーズン6のネタバレあらすじ結末まとめTOP