ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン4」第12話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン4」第12話

ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン4」第12話のネタバレあらすじ結末

冬休みも終わったNYに担当判事を探していたセリーナがブレアの家に戻ってきました。しかし収穫は全くありませんでした。

ブレアはインターンシップの先を探していて、インドラヌーイという世界的な有力者の所を希望していました。しかしインドラとはなかなか会えずにいました。しかしエレノアの顧客にインドラがいることを知り、エレノアのもとでインターン受け近づこうとします。

チャックはセリーナと手をくみ、リリーの貸金庫に変装したセリーナといきます。そこでベンが服役することになった供述書の控えを見つけました。これは筆跡の違いを証明に使えると持ち出します。そしてこれでリリーを脅迫しようとしていましたが、チャックはリリーから経営がうまくいっていないことを初めて聞かされ、セリーナとの計画を中止にします。

バートの同業者で友人もあるソープのパーティーにリリーとルーファスは出席します。2人が家を出たあと、家に電話がありエリックがでると、ベンの担当判事がホテルに忘れ物をしたとの連絡でした。リリーはセリーナに会わせないために、担当判事をホテルに行かせていたのです。

一方チャックはリリーを信じて、バス産業を買うのはソープだと思っていましたが、パーティーで違う事を知ります。むしろソープはバートに対して恨みをもっているようです。チャックはまたもやリリーに裏切られ、供述書の入った封筒をセリーナと共にマスコミに渡します。

しかし、ダンが封筒をすりかえセリーナ達の復習はうまくいきませんでした。そしてバス産業を買うはずだった人が、リリー達家族がうまくいっていないから白紙に戻すと告げられ、それを知ったソープはパーティーでバス産業を買うことを発表してしまいます。

その頃、インドラと会いたいがためにエレノアのインターンに行こうとしたことをエレノアが知りブレアに怒ります。しかしダンに「センスの追求者」と言われ、エレノアと仲直りをしてファッション雑誌の編集者になる事に決めます。

冬休みからダンとブレアが前より仲良くなっています。なんと犬猿の仲だった2人ですが、冬休み中に1度映画に行っていたようです。しかし、この事を知っている人は誰1人いません。

セリーナがブレアの家にダンと戻り、ダンは供述書の封筒を返しました。そして2人の関係は、次に付き合ったらそれが最後だと話しました。そしてダンがブレアの家をさるとき、ダンが映画に行くことを知ったブレアは一緒に映画に行きます。

そしてセリーナはベンに会いに刑務所に行きますが、ベンは既に釈放されていました。事情をきくと、担当判事が釈放の期限をかえ数日前に手続きし今夜出所したことを知ります。そして刑務所をでるとバスを待っているベンに会い、コーヒーに誘いました。

一方刑務所から出てきたばかりのハワードは、仕事の面接もせず遊んでばかりいました。そしてなぜかソープのパーティーに出席していました。ネイトはあきれて怒りますが、昔の友人に会って就職先を見つけると話します。なんと、ソープはハワードに財務顧問としての働き場所を提案していました。

ゴシップガール シーズン4 11話はこちら

ゴシップガール シーズン4 13話はこちら

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン4のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL」ネタバレあらすじ

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン1のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン3のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン5のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL (ファイナル)シーズン6のネタバレあらすじ結末まとめTOP