「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2」第6話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2」6話

「イエールへの道」

ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2」第6話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2」第6話のあらすじ1

高校最後の年を迎えたコンスタンス・ビラード学園の面々は、志望大学を訪問する週末を迎えました。ブレア・ウオルドーフ(レイトン・ミースター)は父の出身校であるイエール大学に入学することが夢でした。チャック・バス(エド・ウェストウイック)はイエール大学にある秘密結社スカルプ・ボーンズに興味があり、ダン・ハンフリー(ベン・バッジリー)も諦めていたイエール大学にチャレンジしようと決意します。気晴らしが目的のネイト・アーチボルト(チェイス・クロフォード)もイエール大学を訪問することを決め、皆がイエール大学で週末を過ごすことを決めます。

【承】ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2」第6話のあらすじ2

一方で、イエール大学から手書きの招待状を貰ったセリーナ・ヴァンダーウッドセン(ブレイク・ライブリー)は、ブラウン大学への進学を考えていました。初めはブラウン大学を訪問するつもりであったセリーナでしたが、仲違いしていたブレアから、「あなたは望んでもイエール大学には入れない」と言われ、ブレアには内緒でイエール大学を訪れることを決意しました。

【転】ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2」第6話のあらすじ3

手書きの招待状を貰っていたセリーナは、選考部長と面接を行い、高い評価を受けます。そして、その晩に行われる選考部長主催のパーティーへ招待されます。一方、ブレアは面接で失敗を繰り返し、パーティーにすら呼ばれませんでした。セリーナだけパーティーへ呼ばれたことを知ったブレアは、選考部長の秘書を買収してパーティー会場の場所を聞き出します。その頃、ダンは面接で推薦状の数が足りない事を指摘されます。一方で、スカルプ・ボーンズから誘いのあったチャックは、忠誠を誓うためにネイトを差し出せと指示を受けます。スカルプ・ボーンズの幹部はネイトの父親のファンドに投資し、大損をしたからでした。

【結】ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2」第6話のあらすじ4

選考部長の主催のパーティーで、セリーナとブレアは取っ組み合いの喧嘩をします。翌日、セリーナは選考部長へ謝罪と共に、ブレアを是非入学させてほしいと依頼に出向きます。しかしながら、有名なセリーナを入学させたい選考部長はセリーナのみに推薦入学を勧めます。喧嘩をした後、お互いの大切さに気が付いたセリーナは、ブレアの気持ちを考えて返事を保留します。ネイトを差し出せと言われたチャックは、ダンをネイトだと言い、スカルプ・ボーンズに渡します。その嘘はバレますが、スカルプ・ボーンズ幹部達が醜態を晒した写真をチャックは持っており、逆に彼らを脅します。

ゴシップガール シーズン2 5話はこちら

ゴシップガール シーズン2 7話はこちら

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL」ネタバレあらすじ

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン1のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン3のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン4のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン5のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL (ファイナル)シーズン6のネタバレあらすじ結末まとめTOP