「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2」第15話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2」15話

遺言と共に去りぬ

ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2」第15話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2」第15話のあらすじ1

バートの遺言が開示される日が来ました。バートの弁護士が、チャック・バス(エド・ウェストウイック)と伯父ジャックの前で遺言を開封します。チャックは遺産さえ手に入れば、バス産業は要らないと考えていました。ジャックは当然、自分がバス産業を継ぐものと思っています。しかしながら、遺言はチャックにバス産業を継がせると書いてありました。チャックは、バートが自分に恥をかかせるために、自分をバス産業の後継者にしたと考え、ジャックに会社をやると言います。

【承】ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2」第15話のあらすじ2

そんなチャックの態度に、ブレア・ウオルドーフ(レイトン・ミースター)とネイト・アーチボルト(チェイス・クロフォード)は憤りを感じます。ブレアはバートの遺言書を読んで、バートが何を考えていたかを知るようにチャックに迫りますが、チャックはそれをも拒否します。しかし、最終的にチャックは遺言書を読んで、バートが自分を信頼して後継者に指名したことを知ります。バス産業を継ぐことを決心したチャックは、その旨をジャックに伝えます。ジャックは未だ早いと反対します。一方、それを聞いたブレアは喜び、サプライズパーティーを企画します。

【転】ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2」第15話のあらすじ3

サプライズパーティーにバス産業の取締役も呼んだ方が良いとジャックは、ブレアにアドバイスを行います。しかしそれはジャックの罠で、ジャックはチャックと楽しもうと女性達を手配し、チャックはそれを受けてしまいます。執務室でチャックは女性達と楽しんでいる所に、バス産業の役員達が入ってきます。バートの遺言状には、チャックがモラルに反した時には、チャックの後見人が社長になるとの但し書きが書かれていました。この瞬間、ジャックがバス産業の社長になりました。

【結】ドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2」第15話のあらすじ4

リリー・バス(ケリー・ラザフォード)とルーファス・ハンフリー(マシュー・セトル)は、2人の子供を探し、ボストンに滞在します。弁護士を通じて里親と会える段取りになり、喜ぶ2人でしたが、里親から2人の子供は昨年、事故で死んだことを聞かされます。一方で、リリーとルーファスの間に子供がいることを知ったダンでしたが、セリーナ・ヴァンダーウッドセン???(ブレイク・ライブリー)には、リリーから話すので言うなとルーファスから指示されます。しかし、ゴシップ・ガールがその事実を伝えてしまいセリーナは動揺します。

ゴシップガール シーズン2 14話はこちら

ゴシップガール シーズン2 16話はこちら

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2のネタバレあらすじ結末まとめTOP

この海外ドラマを無料で観る

他シーズンのドラマ「ゴシップガール/GOSSIPGIRL」ネタバレあらすじ

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン1のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン3のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン4のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン5のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ゴシップガール/GOSSIPGIRL (ファイナル)シーズン6のネタバレあらすじ結末まとめTOP