「glee/グリー シーズン2」第8話のネタバレあらすじ結末まとめ

第8話  グリー式ハッピーウェディング

登場人物

・レイチェル/Rachel Berry(リー・ミッシェル/Lea Michele)
・フィン/Finn Hudson(コーリー・モンテース/Cory Monteith)
・カート/Kurt Hummel(クリス・コルファー/Chris Colfer)
・メルセデス/Mercedes Jones(アンバー・ライリー/Amber Riley)
・アーティ/Artie Abrams(ケビン・マクヘイル/Kevin McHale)
・ティナ/Tina Cohen-Chang(ジェナ・アシュコウィッツ/Jenna Ushkowitz)
・クイン/Quinn Fabray(ディアナ・アグロン/Dianna Agron)
・サンタナ/Santana Lopez(ナヤ・リヴェラ/Naya Rivera)
・ブリトニー/Brittany S Pierce(ヘザー・モリス/Heather Morris)
・パック/Noah“ Puck” Puckerman(マーク・サリング/Mark Salling)
・マイク/Mike Chang(ハリー・シャム・ジュニア/Harry Shum Jr.)
・サム/Sam Evans(コード・オーバーストリート/Chord Overstreet)
・ウィル/ Will Schuester(マシュー・モリソン/Matthew Morrison)
・スー/Sue Sylvester(ジェーン・リンチ/Jane Lynch)
・デイヴ・カロフスキー(マックス・アドラー/Max Adler)
・ベッキー・ジャクソン/Becky Jackson(ローレン・ポッター/Lauren Potter)
・ジーン(Robin Trocki)
・バート・ハメル/Burt Hummel(マイク・オマリーMike O’Malley)
・キャロル・ハドソン /Carole Hudson(ロミー・ローズモント)
・スーの母親(キャロル・バーネット)

ネタバレあらすじ

カートの父親パートとフィンの母親キャロルが結婚することになりました。カートは大喜びでグリー式ウェディングを提案するも、フィンはまだ2人の結婚を受け入れられずにいます。
一方、スーはネットで結婚相手を探し、唯一マッチした相手である自分自身と結婚する事を決めます。
また、カールは、カロフスキーの嫌がらせに限界を感じ、ウィルやスーに相談するものの、証拠がなければカロフスキーを処分できないと言われてしまうのでした。
そんな中、レイチェルは、カールが虐められないようカロフスキーに注意して欲しいとフィンに頼みますが、今は何もできないとしてレイチェルの話に耳を傾けようとしません。他の男子部員らはカロフスキーにいじめを止めるように迫り、殴り合いのケンカに発展します。
カートの父親バートはカートが虐められていることを知って、見てみぬふりをするフィンに怒りを表します。
バートとキャロルの結婚式の日、フィンはふがいなかった自分をカートに謝罪しますが、カートはダルトン・アカデミーに転校することを決意するのでした。

「glee/グリー シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP