「glee/グリー シーズン2」第7話のネタバレあらすじ結末まとめ

第7話 代理教師にお任せ

登場人物

・レイチェル/Rachel Berry(リー・ミッシェル/Lea Michele)
・フィン/Finn Hudson(コーリー・モンテース/Cory Monteith)
・カート/Kurt Hummel(クリス・コルファー/Chris Colfer)
・メルセデス/Mercedes Jones(アンバー・ライリー/Amber Riley)
・アーティ/Artie Abrams(ケビン・マクヘイル/Kevin McHale)
・ティナ/Tina Cohen-Chang(ジェナ・アシュコウィッツ/Jenna Ushkowitz)
・クイン/Quinn Fabray(ディアナ・アグロン/Dianna Agron)
・サンタナ/Santana Lopez(ナヤ・リヴェラ/Naya Rivera)
・ブリトニー/Brittany S Pierce(ヘザー・モリス/Heather Morris)
・パック/Noah“ Puck” Puckerman(マーク・サリング/Mark Salling)
・マイク/Mike Chang(ハリー・シャム・ジュニア/Harry Shum Jr.)
・サム/Sam Evans(コード・オーバーストリート/Chord Overstreet)
・ウィル/ Will Schuester(マシュー・モリソン/Matthew Morrison)
・スー/Sue Sylvester(ジェーン・リンチ/Jane Lynch)
・ブレイン/Blaine(ダレン・クリス/Darren Criss)
・デイヴ・カロフスキー(マックス・アドラー/Max Adler)
・ホリー・ホリディ(グウィネス・パルトロウ/Gwyneth Kate Paltrow)
・テリ・シュースター/Terri Schuester(ジェサリン・ギルシグ/Jessalyn Gilsig)
・ベッキー・ジャクソン/Becky Jackson(ローレン・ポッター/Lauren Potter)

ネタバレあらすじエピソード

校長が悪性の猿インフルエンザに感染してしまい、その間、スーが校長代理を務めることになりました。
ウィルもまた風邪によりダウンしてしまい、学校を休んでしまいます。家で休むウィルの元に元妻テリが現れ、ウィルを誘います。1度はテリを追い返したウィルでしたが、孤独から関係を持ってしまうのでした。
ウィル不在のグリー部ではレイチェルがグリー部を仕切り出します。カートはそんな彼女の態度に不満を隠せません。そこで、カートは、ウィルの代理教師であるホリーにグリー部の代理顧問を依頼します。突然のホリーの出現に、最初は戸惑っていた部員たちですが、彼女の魅力に引きつけられ、代理顧問として歓迎するのでした。
しかし、レイチェルだけはホリーを受け入れられず、このままでは顧問の立場が危ういとウィルに忠告します。忠告通り、ウィルはスーからクビだと宣告されてしまいます。
また、スーは校長の権利を使い、給食のミニポテトを禁止にします。スーの横暴さにメルセデスは反発、生徒らもメルセデスに賛同してスーに怒りをぶつけるのでした。

「glee/グリー シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP