ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」の5話ネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」5話

「運命とともに」

ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」第5話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」第5話のあらすじ1

前線で戦うマシュー(ダン・スティーヴンス)とその従卒ウィリアム(トーマス・ハウズ)。
二人が大怪我をしたという連絡が入ります。
マシューは大怪我ではありますが、命は無事でした。
一方のウィリアムは、砲弾の直撃からマシューを庇ったため、
マシューよりも状態は酷く、回復の見込みがないと診断されました。
本来将校のみの療養所なので、ウィリアムを受け入れることはできないと、
クラークソン医師(デヴィッド・ロブ)に反対されますが、
ヴァイオレット(マギー・スミス)が交渉し、
慣れ親しんだダウントンで最期を迎えられるよう、ウィリアムにも移送の手筈が整えられました。

ウィリアムは、一見元気そうに見えますが、
肺に大きな怪我を負っているようで、もう長くはありませんでした。
ウィリアムの世話には、イーディス(ローラ・カーマイケル)が付いています。
ウィリアムの父であるメイソン(ポール・コプリー)も、息子の側にいるためにダウントンに来ました。
傷ついたマシューが運ばれてくると、メアリー(ミシェル・ドッカリー)が熱心に看護につきます。

オブライエン(シボーン・フィネラン)が、ベイツ妻ヴェラ(マリア・ドイル・ケネディ)に、
ベイツ(ブレンダン・コイル)がダウントンに戻ってきて、
アンナ(ジョアン・フロガット)と一緒に働いていることを密告します。
怒ったヴェラは、メアリーのスキャンダルをバラすとベイツを脅します。
スキャンダルが発覚すれば、屋敷に迷惑がかかる=コーラ(エリザベス・マクガヴァーン)が悲しむことになるため、
オブライエンは、自分の行いを悔います。

エセル(エイミー・ナトール)の代わりに新しくメイドが雇われました。
名前は、ジェーン・ムアサム(クレア・カルブレイス)。
一人息子がいて、夫を戦争で亡くしていました。
一方のエセルですが、ブライアント少佐(ダニエル・ピリー)の子供をひっそりと出産していました。
ヒューズ(フィリス・ローガン)は、シングルマザーになった彼女を放っておけず、
少しですが、毎週屋敷の食料を届けていました。
エセルは、子供の親であるブライアント少佐へ何度も手紙を出していましたが、
全く返事がないということでした。

【承】ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」第5話のあらすじ2

クラークソン医師の診断によると、
マシューは脊髄損傷のため、一生車椅子の生活だろうということでした。
下半身不随になったということは、子供を作る能力も失ったということ。
しかし、メアリーはそのことに気づかず、マシューに頼まれて
クラークソン医師の診断を本人に話してしまいます。
マシューはすぐに、自分が子孫を残す能力を失ったことを悟り、
面会に来た婚約者のラビニア(ゾーイ・ボイル)に、母親になる幸せを奪いたくないと、一方的に別れを告げます。
ラビニアはそれでもいいと食い下がりいますが、マシューは聞く耳を持ちません。

ヴェラがスキャンダルをネタに、ベイツとアンナを脅していることを聞いたメアリーは、
婚約者である新聞王のリチャード(イアン・グレン)に自ら全てを話し、
スキャンダルの発覚を防ぐしかないと決心します。
もしこれで、リチャードが自分を捨てることになっても、
自業自得であると覚悟しました。

屋敷にブライアント少佐が友人のお見舞いにやって来ることが分かったので、
ヒューズは直接エセルの手紙を渡しますが、
ヒューズには関係のないことだと言われ、手紙は破られてしまいます。

デイジー(ソフィー・マックシェラ)はウィリアムの容体が気になるものの、
彼を愛していると嘘をついていることに罪悪感を抱きます。
ウィリアムは自分に死が近づいていることに気づき始めます。

【転】ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」第5話のあらすじ3

スキャンダルをメアリー自ら告白されたリチャードは、非常に驚きましたが、
これは、恩を売るチャンスだと考えます。
リチャードは快くヴェラ買収に同意してくれました。
後日、早速ヴェラはリチャードのオフィスに招かれ、お金をもらい、他社に話を売らないことを契約します。

ウィリアムはデイジーに、今すぐ結婚しようと言います。
結婚しておけば、自分が死んだ後、戦没者遺族年金がデイジーに入ることになります。
それがデイジーの助けになるので、安心して死ねるというのです。
パットモア(レズリー・ニコル)やヒューズ、メイソンに説得され、
ウィリアムの最期の願いを受け入れ、二人は結婚します。
そして、その数時間後に、デイジーやメイソンに看取られ、ウィリアムは天に召されます。
デイジーは、嘘に嘘を重ねたと、罪悪感に苦しみます。

【結】ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」第5話のあらすじ4

リチャードがヴェラからスキャンダルを買い取った翌日、新聞には、メアリーとリチャードの婚約が発表されました。
何も聞かされていなかったロバート(ヒュー・ボネビル)は驚き、無礼だと怒ります。
また、ヴェラも二人の関係を知り、話が違うと怒ってリチャードのオフィスに乗り込みますが、
契約を破棄すれば、刑務所送りにしてやると脅され、しぶしぶ引き下がります。
メアリーのことはいいとしても、ベイツに復讐すると言って去りました。

下半身不随になったマシューは、もう誰とも結婚はしないとメアリーに話します。
メアリーは自暴自棄になるマシューに付き添い、励まします。
そこへマシュー大怪我の報を受けて、
イザベル(ペネロープ・ウィルトン)がフランスからダウントンアビーに戻ってきました。
マシューはイザベルを見て、涙を流します。

ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」 4話はこちら

ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」 6話はこちら

ドラマ「ダウントンアビー シーズン2」のネタバレあらすじ結末まとめTOP