ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」8話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」8話

「ガスの過去」

ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」第8話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」第8話のあらすじ1

ある日麻薬捜査局から警察署に呼び出されたガス(ジャンカルロ・エスポジート)は、ゲイル(デイビット・コスタビル)のアパートでガスの指紋が見つかったことを知らされます。
するとガスは以前にゲイルがガスの設立した科学に関する奨学金を勝ち取ったことがあり、最近また連絡がくるようになって、先日ゲイルのアパートで一緒に夕食を取ったのだという話をしました。
その話は筋が通っているように思えましたが、ハンク(ディーン・ノリス)はさらに「グスタボ・フリンというのは本名ですか?」と質問を続け、「1986年にチリからメキシコに移住し、その数年後にアメリカに移住しているようですが、なぜチリにはあなたの記録が残っていないんですか?」と問いかけます。
それに対しガスは、もっときちんと探せば記録はいずれ出てくるはずだと答えるのでした。
ハンクの同僚たちはガスの話に納得させられているようでしたが、ハンクは我々の支援者でありながら、もっと早くに殺人事件に関係する情報を伝えてこなかったのはおかしいと疑問をぶつけるのでした。

【承】ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」第8話のあらすじ2

夕食の席でハンクはウォルター(ブライアン・クランストン)に、翌日の鉱石の展示会に車で連れて行ってもらいたいと頼みます。
そして翌日、実際にはガスのフライドチキンショップの駐車場まで運転させられたウォルターに、ハンクはガスが大掛かりなドラッグ売買に関わっていることを証明するため、ガスの車にGPS装置を仕掛けてほしいというのでした。
ハンクが装置の設置方法を説明していると、彼らの車の横にマイク(ジョナサン・バンクス)が乗った車が停まり、ウォルターたちをじっと見つめていました。
マイクの存在に気づいたウォルターは半ばパニックになり、ハンクに計画を中止するよう説得をしますがハンクは引き下がろうとしません。
仕方なくウォルターはガスの車に近寄りひざまずくのですが、結局装置を仕掛けることはせず、そのまま店内に入ると、カウンターにいたガスに装置を見せながら、「仕掛けなかったからな」と言いますが、なぜかガスは「やるんだ」と言うのでした。
ガスの反応に驚きながらも、ウォルターは車に戻る途中でガスの車に再度近寄り装置を仕掛けるのでした。

【転】ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」第8話のあらすじ3

ラボに戻るとウォルターは監視カメラの向こうにいるはずのガスに向かって、ハンクに確証はなく、彼の仲間たちも誰一人ハンクの仮説を信じていないのだと言い、ガスにハンクを傷つけないようにと懇願するのでした。
その後ウォルターはジェシー(アーロン・ポール)の家を訪ね、すぐにでもガスを殺すしかないと話します。
ガスに会う予定はまだないと言ってトイレに行ったジェシーの携帯にメールが届き、ガスとの打ち合わせがキャンセルになった旨のメッセージを盗み見たウォルターは、ジェシーが嘘をついていることを確信するのでした。
翌日ガスは取り付けられているGPS装置を取り外してから、車で元カルテルのヘクター(マーク・マーゴリス)がいる老人ホームへ向かいました。
ガスがカルテルの最後通告をはねつけたこと、そしてハンクがガスの過去を調べようとしていることを一方的にヘクターに伝え、「今日だったかな、ヘクター?」と意味ありげに尋ねるのでした。

【結】ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」第8話のあらすじ4

時は1989年にさかのぼり、ガスと彼の当時のパートナーであるマックス(ジェームス・マルティネス)は、メキシコのカルテルのボスが所有する豪邸のプールサイドに座っていました。
そこに若かりし頃のヘクターとボルサ(ハビエル・グラヘダ)に続いてボスのドン・エラーディオ(スティーヴン・バウアー)が現れ、彼の部下たちがガスたちのドラッグを買わされ、ハイになって帰ってきたと言うのでした。
あれは売ったのではなく、ドンの関心を引くために渡したサンプルだったとガスは言いますが、ドンはあんな安っぽいドラッグでは儲かるはずがないと言うのでした。
それを聞いたマックスは、自分の化学の知識でとても純度の高い素晴らしい製品を製造できるのだと説明し、ガスはドンが現在アメリカにドラッグを密輸するのに、大量のドラッグをコロンビアへ横流ししなければいけない状況であることに触れ、その点彼らの作るドラッグは国内で製造ができるため、すべての売り上げが収入になるということを説明するのでした。
しかしドンはガスが姑息な手段でこの会合を開かせたことを責め始めます。
ガスは謝罪しましたがドンの怒りは収まらず、ガスに危険が及ぼうとしたためマックスがいかにガスが必要な人材であるか、彼のスキルがどのようなものであるかについて話すのでした。
するとヘクターがマックスの背後に近寄り、いきなり彼の頭を打ちぬいたのです。
それを見て狂ったように暴れるガスをボルサが地面に抑え込み、ヘクターはガスの首元を足で踏みつけると、頭から大量の血がプールに流れ出しているマックスの目を見つめさせ、「お前のせいでこいつはこうなったんだ」とガスに言うのでした。
そして場面は現在へと戻り、老人ホームでガスはヘクターに「私を見ろ」と強く言いますが、ヘクターはそれをかたくなに拒みます。
「まあ、この次だな」と嘲るようにガスは言って、無言で怒りに震えるヘクターをその場に残し去っていくのでした。

ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」7話はこちら

ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」9話はこちら

ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」のネタバレあらすじ結末まとめTOP