ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」6話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」6話

「それぞれの不安」

ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」第6話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」第6話のあらすじ1

待ち伏せしていた麻薬カルテルの殺し屋たちが、今度はフライドチキンショップの配送トラックの荷台を排気ガスで充満させて護衛を殺害し、トラックに積まれていたコンテナの中から特殊な印のついた一つだけを持ち去りました。
ウォルター(ブライアン・クランストン)はウォルター・ジュニア(RJ・ミッテ)と朝食を食べた後、学校に送っていく途中で突然ジュニアに車を買ってやることを思いつきカーショップへ向かいます。
そこでウォルターはジュニアが夢に描いていた車であるドッジのチャレンジャーを買い与えるのでした。

【承】ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」第6話のあらすじ2

ジェシー(アーロン・ポール)がマイク(ジョナサン・バンクス)の護衛をしていたという話を信じることができないウォルターは、今回の強盗の件はすべて仕組まれた罠であり、自分たち二人を仲たがいさせるためにガス(ジャンカルロ・エスポジート)が計画したのではないかと言いだします。
すべてはジェシーをどうこうしようというのではなく、ウォルターを陥れるための策略に違いないと主張するウォルターの言葉に、ジェシーは呆れたような表情でその場を立ち去るのでした。
その日の作業が終わるとジェシーは再びマイクに電話で呼び出され、ラボの後始末を一人でやらなければならなくなったウォルターは、上階の洗濯工場で働く女性たちを金で雇って掃除をさせるのでした。

【転】ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」第6話のあらすじ3

マイクに呼び出されたジェシーは、マイクと二人でトラックから盗まれたドラッグを販売していると思われる一軒の家を監視していました。
その後ジェシーの機転で家の中に入り込むことに成功した二人は、テーブルの上にあった盗まれたコンテナの蓋に、「話す用意はできているか?」とスペイン語で書かれたガスへのメッセージを発見するのでした。
掃除の終わったラボでウォルターが女性たちに報酬を払っていると、そこにタイラス(レイ・キャンベル)が現れ、彼女らをホンジュラス行きのバスに乗せてしまいます。
彼女たちに罪はないとガスに話すようウォルターは言いますが、「ガスはそんなことは分かっている」とタイラスは答え、ウォルターは女性たちへの処罰が実際は自分に対する処罰だったのだと気付くのでした。

【結】ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」第6話のあらすじ4

マイクはガスに今回のいきさつを説明し、対抗するには15人ほど腕の立つ要因が必要だと進言しますが、ガスはそれを断ったうえでカルテルとのミーティングを設定するように言うのでした。
その後ガスがジェシーに今日の対応についてねぎらいの言葉をかけると、ジェシーが「なんで俺なんだ?」と質問しました。
するとガスは「君の中に何かが見えたのでね」と答え、その場を立ち去っていきました。
そんな中、駐車場にある新車を見たスカイラー(アンナ・ガン)は、これでは話のつじつまが合わなくなってしまうとウォルターに訴え、明日車を販売店に返してくるようにと言うのでした。
そんなことをすればジュニアは君を恨むことになるというウォルターの反論を制したスカイラーは、「自分が家族を守っているんだと言い張る人から、誰かが家族を守る必要があるの。」と言い捨てて部屋に入っていくのでした。

ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」 5話はこちら

ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」 7話はこちら

ドラマ「ブレイキングバッド シーズン4」のネタバレあらすじ結末まとめTOP