ドラマ「24 -TWENTY FOUR – シーズン8」18話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「24 -TWENTY FOUR – シーズン8」18話

午前9時〜午前10時

ドラマ「24 -TWENTY FOUR – シーズン8」第18話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「24 -TWENTY FOUR – シーズン8」第18話のあらすじ1

ジャック(キーファー・サザーランド)は手術台の上で死んでしまったルネ(アニー・ワーシング)を見つめています。クロエ(メアリー=リン・ライスカブ)から電話がありジャックはルネが撃たれる前に話していた内容を聞きバザエフ(ユルゲン・プロホノフ)の居場所を聞きます局長代理になったクロエはジャックの精神状態を心配してなかなか居場所を言いません。迷惑はかけないと約束をして連邦裁判所にいると話しました。ジャックは連邦裁判所の審問中のバザエフの聴聞席に座ります。バザエフはジャックに気付くと休廷を頼みます。ジャックはバザエフに家族を殺すと脅しルネを殺した犯人の情報を聞き出します。黒幕がロシアの政府の関係者でデイナ(ケイティー・サッコフ)はロシア政府の工作員だとわかりましたがそれ以上はわかりません。

【承】ドラマ「24 -TWENTY FOUR – シーズン8」第18話のあらすじ2

テイラー大統領(チェリー・ジョーンズ)はローガン(グレゴリー・イッチェン)にロシアを和平交渉に戻るように説得を頼みました。ロシアは説得に応じロシア大統領が国連で和平交渉に調印するとテイラー大統領に連絡していました。ジャックはCTUのクロエに電話をしてルネを殺したロシア工作員のデイナの尋問をしたいと頼みました。ローガンは部下の情報でジャックはデイナに尋問してロシアのことを調べようとしていることを知ります。ロシア政府が核爆弾にかかわっていたことを知られては困るのと焦ります。ジャックはCTUでデイナに殴りながらルネのことを聞き出します。デイナは免責取引がないと話さないと言います。

【転】ドラマ「24 -TWENTY FOUR – シーズン8」第18話のあらすじ3

ローガンはテイラー大統領にジャックがデイナに尋問するのをやめさせるように言いました。ローガンはロシア政府にハッサン大統領(アニル・カプール)の暗殺と核爆弾にロシア政府のあるグループがかかわっていることを知っていると脅迫して平和交渉をするように言っていたのでした。ローガンはこのことが公になると困るのでジャックを拘束するように言います。そこにジャックからテイラー大統領に電話がありデイナの免責取引の件で連絡があります。テイラー大統領はCTUに行き直接ジャックと会い話をすることにします。

【結】ドラマ「24 -TWENTY FOUR – シーズン8」第18話のあらすじ4

テイラー大統領はジャックにデイナの尋問を許可できなし免責も与えられないと言います。和平協定の遂行のために捜査をしないと言います。テイラー大統領はルネの復讐のために行動するジャックを非難するとジャックを空軍基地に移送して聴取するように指示しました。ジャックは移送用のヘリコプターを奪い飛び立ちました。

この海外ドラマを無料で観る

ドラマ「24 -TWENTY FOUR – シーズン8」17話

ドラマ「24 -TWENTY FOUR – シーズン8」19話

ドラマ「24 -TWENTY FOUR – シーズン8」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「24 -TWENTY FOUR -」ネタバレあらすじ

ドラマ「24 -TWENTY FOUR – シーズン7」のネタバレあらすじ結末まとめTOP